顔の施術について

ハンプ切除(鷲鼻修正手術)の術後はギプス固定するのか?テーピングだけでいいのか?

ハンプ切除術(鷲鼻修正手術)は、局所麻酔下あるいは全身麻酔下に、鼻の穴の中を切開し、鷲鼻の原因になっている鼻の中央の骨と軟骨の出っぱり(ハンプ)をハサミとノミで切除する手術です。

私に関しては、術後は3日間程度テーピングで圧迫固定し、腫れが強く出るのを予防します。この手術の場合、余分な骨と軟骨を切除するだけなので、鼻の骨切り幅寄せ手術のように、術後にギプスで厳重に固定する必要はありません

ただし、切除するハンプが大き過ぎる場合は、切除した部位が、あまりにも平らで、横に広がったような鼻になり、鼻筋の通っていない鼻になってしまいます。そのため、その場合は、切除したハンプを小さく細工し、ハンプを切除した部位に戻します(これをハンプ再移植といいます)
ハンプ再移植をした場合は、移植した骨がずれないように、ギプスで1~2週間程度固定することになります(具体的に何日間ギプス固定するかは、元の鼻の状態などにもよるので、詳しくは担当医にお聞きください)。

また、重度の鷲鼻の人は、鼻骨が前に出ているだけではなく、横にも広がっていることが多いです。そのような鼻の人に、ハンプ切除やハンプ再移植だけをすると、横から見たときは鷲鼻が解消され、綺麗な鼻に見えるのですが、正面から見ると、鼻が横に広がっているのは改善されていない上に、鼻の高さは低くなっているので、鼻筋がなくなり、鼻が横に広がっているのが余計に強調されてしまうことがあります
その場合、ハンプ切除やハンプ再移植と同時に、鼻骨切り幅寄せ手術をすると、広がっている鼻が細くなって鼻筋が通り、横からみても前から見ても綺麗な鼻になります。

ハンプ切除やハンプ再移植と同時に骨切り幅寄せ手術をした場合は、骨切り幅寄せ手術に準じて、2週間程度ギプス固定が必要になります(その場合の料金は、ハンプ切除orハンプ再移植の料金+骨切り幅寄せ手術の料金になるため、40万円+60万円+消費税になります)。

症例写真
■曲がっているワシ鼻にハンプ切除と骨切りによる斜鼻修正手術を行った症例写真


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)


(3ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大