顔の施術について

二重まぶた埋没法の糸は将来どうなるの?

二重まぶたのカウンセリングをしているとよく、「埋没法で二重にすると、埋め込んだ糸は将来どうなるのですか?」と質問されます。埋没法は通常ナイロンの糸を使用するので、埋め込んだ糸は取らない限りそこに残り、吸収されてなくなるということはありません。逆に言えば、埋没の糸がまぶたの中に入っていて、皮膚から瞼板までを抑えつけてくれているから二重になっているわけであり、糸がなくなってしまうと二重でなくなってしまいます

しかし、埋没法は、幅の広い二重を作った場合やまぶたの厚い人に行った場合に、糸が緩んで二重が外れてしまうことがあります。その場合、二重は外れてしまっても埋め込んだ糸は残ることになりますが、残った糸によって何か大きな問題が起こることはないので、ほとんどの人は糸を取らないでそのままにすることになります。その後、また埋没法を希望する場合は再び糸を埋め込んで二重をつくることになります。

ただし、何回も埋没法が外れて、その都度糸を埋め込んでいたら、たくさんの糸がまぶたの中に入ってしまい、さすがにまぶたの負担になることがあるので、目安として3回以上埋没法をして外れてしまった方は、ミニ切開法あるいは全切開法を行って永久に取れない二重を作った方が良いです。ミニ切開法あるいは全切開法をすれば、埋め込まれている埋没法の糸はほぼ取り除くことができるので安心です。

埋没法に用いるナイロンの糸は生体親和性が高く、美容外科以外の医療の分野でも幅広く使われ、安全性も認められています。しかし、まぶたの皮膚というのは非常に薄いので、たくさんのナイロンの糸を埋め込んでしまうとさすがに負担がかかり、しこりの様なものができたり、きれいな二重のラインにならなくなったりすることがあります。埋没法は、なるべく少ない糸の本数で、取れにくく、永く持続する二重をつくることが重要なのです。

高須クリニックでは、高須式クイック法という方法で、1本の糸を用いてループ状に埋め込むため、点ではなくて線で固定される状態になり、安全性が高く、元に戻りにくいのが特徴です。他院で行われているたくさんの糸を用いてたくさんの点で留める方法(2点留め~6点留めなど)はたくさんの糸が埋め込まれ、まぶたに負担がかかりやすいし、たくさんの糸を埋め込むわりに早く元に戻りやすいのでお勧めできません。

図:高須式クイック二重術と一般的な埋没法の違い

高須式クイック二重術
一般的な埋没法が1(or2)点だけで留めるのに対し、高須式は2点(赤部分)の間を無数の点(青部分)で固定します。通常の1点・2点止め、また4点・6点止めよりも取れにくく、元に戻りにくい安定した二重ラインになります。

症例写真
■二重まぶた・埋没法

(1週間後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大