顔の施術について

鼻の手術の後のテーピングやギプスはどういう場合にするのか?



鼻の手術の後に、テーピングやギプスが必要なことがあります。

私の手術に限っていえば、
鼻尖形成(ダンゴ鼻修正)術の後、テーピング3日間
ハンプ切除(鷲鼻修正)の後、テーピング3日間
骨切り幅寄せ手術の後、ギプス7日間
鼻中隔延長術の後、ギプス7日間
させていただきます。

それ以外の、ヒアルロン酸注射、鼻プロテーゼ、耳介軟骨移植、鼻翼(小鼻)縮小の後は、テーピングもギプスもしません。鼻尖形成、ハンプ切除、骨切り幅寄せ、鼻中隔延長は、手術直後は不安定な状態であるため、一定期間テーピングやギプスで鼻を固定し、理想の鼻の形をしっかりと作る必要があります。ヒアルロン酸注射、鼻プロテーゼ、耳介軟骨移植、鼻翼縮小は、比較的手術直後から安定しているため、テーピングやギプスで固定する必要はありません。

ただし、他の美容外科クリニックでは、鼻プロテーゼや耳介軟骨移植の後でもテーピングやギプスをするところがあります。

基本的に鼻プロテーゼや耳介軟骨移植は、プロテーゼや耳介軟骨を入れるのに必要な分だけ剥離をして、剥離したスペースにキッチリとプロテーゼや耳介軟骨がおさまれば、テーピングやギプスをしなくてもずれたりすることはないのです。手術経験の浅い医者は、必要以上に剥離をしてしまい、プロテーゼや耳介軟骨がぐらつき不安定なので、テーピングやギプスで固定するのです。その場合、剥離が広い分、腫れが強くでるし、本来必要のないテーピングやギプスをすることになるので、患者様にとっての負担が大きいです。

手術経験の豊富な医者や、技術のある医者であれば、術後の腫れも少なく、テーピングやギプスをする必要もありませんので、患者様の負担は少なくてすみます

症例写真
■鼻尖形成(鼻尖縮小・だんご鼻修正)


■わし鼻・段鼻修正,ハンプ切除


■骨切幅寄せ(鼻の根元を細く)


■鼻中隔延長(鼻先を大きく下方に延ばす)


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大