顔の施術について

目の手術を片目ずつする場合について

仕事や学校が休めなくて、ダウンタイムがとれない方が、二重まぶた手術や目頭切開、目の下の脂肪取りなどの目の手術をするとき、片目ずつ手術をすることがあります。その場合、まず片目を手術して、眼帯をして出勤して仕事をし、腫れが引いたらもう片方の目を手術して眼帯をして出勤します。そうすれば、1日も仕事や学校を休まずに手術を受けることができます。皆さんは、眼帯をしているときの言い訳は、「ものもらいができた」とか、「メバチコができた」というのが定番になっているようです。

私の場合、最初に片目を手術した後は、カルテにどういう手術をしたのか詳しく書いておきます。例えば、全切開二重手術だったら、目を閉じている状態で何mmのところを切開したか、どこからどこまで何mm切開したか、どれだけ脂肪などの組織を切除したか、平行型なのか末広型なのかということです。そうすれば、後日、もう片方の目を手術するとき、カルテに記載したことを参考に手術すれば、仕上がりに大きな左右差を生じることはありません。手術をする我々としては、二度手間になるため、できれば両目同時に手術させていただいた方がありがたいのですが、患者様のニーズがあれば、このように片目ずつの手術をさせていただきます。

1回目と2回目の手術の間隔に関しては、私の場合、1週間でも1年でもどれだけ間隔が開いても支障ありません

しかし、片目ずつ手術する場合、大きな左右差はでないとはいえ、人間の目というのは、誰でも元々微妙な左右差があり、朝と夜ではむくみ方によって目のくぼみや腫れ方に差があるし、体調や1~2kgの体重の増減によっても目の形は変わってくるため、左右の目のコンディションの違う状態で、片目ずつ手術をすると、両目同時に手術すれば生じなかったはずの微妙な左右差が生じる可能性がゼロではありません。ほとんどの方(100人中99人くらいの方)は、そのような微妙な左右差は全く気にならないのですが、左右対称にこだわる方は、やはり、左右同時に手術することをお勧めします。

症例写真
■二重まぶた・全切開法 3週間空けて片目ずつ施術した症例


手術前
術前です。

右目術直後
右目手術直後です。

右目術後1週間
右目術後1週間です。

右目術後3週間
右目術後3週間です。

左目術直後
左目手術直後です。

左目術後1週間
左目術後1週間です。

▼上 メイクなし / 下 メイクあり
左目術後4週間(メイクなし)
左目術後4週間のメイクなしです。
左目術後4週間(メイクあり)
左目術後4週間のメイクありです。
※施術後(After)のメイクあり写真について
女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大