顔の施術について

目頭切開の修正について

高須クリニックにはよく、他院で受けた目頭切開の修正希望で来院される患者様がいらっしゃいます

その内容は、大きく分けて3種類あり、
1. 目頭切開をしたが、ほとんど変わらなかった、ちょっとは変わったがもっとしっかりやって欲しかった、最初は良かったが元に戻ってしまった。
2. 目頭切開をしたが、やり過ぎたため、寄り目になった、目がきつくなった。
3. 目頭切開の傷が目立つ。
といったところです。

1.に関しては、術前のカウンセリングが不十分であったり、コンピューターシミュレーションをしていなかったり、ただ単に手術が下手であったりすることによって起こります。再手術して、しっかりとやり直せば、ほとんどの場合は修正可能です。

因みに、目頭切開をしたのに大きく後戻りを起こしてしまうのは、術式が悪いのか、あるいは、ただ単に手術が下手だからであることが多いです。最近多いのは、激安チェーン店系の美容外科でよく行われる三日月状皮膚切除という方法で、これはただ単に目頭部分の皮膚を三日月状に切除して縫い合わせるだけの簡単な方法で、手術してしばらくは皮膚が突っ張ることによって効果があるのですが、数ヶ月で皮膚が伸びてほとんど元に戻ってしまう上に、この術式は結構傷が目立ちます当院では、Z法、W法、V法などの後戻りを起こさない方法で行っております。

■当院での施術方法

Z法 蒙古ひだの強い人に向いています。傷跡が目立たず、回復が早いことが特徴です。
W法 蒙古ひだを完全に除去し、華やかな目にすることができます。
V法 内側に目を大きく広げることができることが特徴です。

2.に関しては、術前のカウンセリングが不十分であったり、コンピューターシミュレーションをしていなかったり、あるいは単に手術が下手だから起きてしまうことです。
しかし、ほとんどのケースは修正して元通りの形に戻すことができます。その場合は、目頭切開のZ法の逆のことを行い、蒙古襞を作り直すことが多いです。しかし、前の目頭切開の手術で皮膚を切除していない場合は、ほとんど元通りの形に戻せるのですが、皮膚を切除している場合は、半分くらいは戻せても、完全に戻せないことが多いです。

症例写真
■他院で受けた目頭切開の修正(蒙古ひだ形成)


(1ヶ月後)

離れていた目を寄せようと、他院で目頭切開をされたのですが、今度は目と目の間が狭くなり過ぎて寄り目になっていました。友人に「目がきつくなった」、「不自然」などと言われ、自分でも不満だったため、当院で修正してほしいというご希望でした。
目の内側にある蒙古ひだと呼ばれる皮膚を作り直して寄り目を解消しました。

3.に関しては、目頭部分の傷は、傷跡修正手術をすると、傷が長くなり、余計に目立ってしまうことが多いので、修正手術はしないことが多いです。フラクセルレーザーを繰り返し当てて、傷をぼかしていく治療法もありますが、効果が少ないことが多いです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大