顔の施術について

ヒアルロン酸注射は数ヶ月~数年で吸収されるといわれてますが、半永久に残る場合もあります。

ヒアルロン酸注射は、顔のシワ、鼻、顎、涙袋、バストなど、様々な部位に用います。ヒアルロン酸の種類にもよりますが、一般的には数ヶ月~数年で吸収されてなくなるといわれています。

高須クリニックでは、患者様に少しでも長い期間満足していただくために、最も長く持続するヒアルロン酸使用しており、例えば、法令線などの顔のシワに用いるものは平均して2~3年かけて吸収されるものを使用しております。しかし、ヒアルロン酸は全ての人が同じように吸収さてなくなるわけではなく、注入する部位や注入の仕方によって吸収の仕方が異なってきます

経験的に、一部位に少量注入するよりもたくさん注入する方が長く持続する傾向があります。注入したヒアルロン酸が吸収されるのは、ヒアルロン酸と接触している自分の組織から吸収されるので、一部位にたくさん注入する方が、ヒアルロン酸の容積に対する組織の接触面積の比率が小さくなり、吸収されるのが遅くなります。例えるならば、大きな氷の塊を外に置いておくと溶けてなくなるまで時間がかかりますが、氷の塊を細かく砕いて置いておくと早く溶けてなくなってしまうのと同じ原理です。そのため、鼻や法令線などにたくさん注入した場合は、人によっては10年以上経過しても、かなりの量のヒアルロン酸が残っていることがあります。

また、皮膚の深いところに注入するより、浅いところに注入する方が長く持続する傾向があります。例えば、涙袋に注入する場合、下まぶたの非常に皮膚が薄い部位の浅いところに注入するので、他の部位に比べて長く持続する傾向があり、人によっては10年以上経過してもかなりの量が残っていることがあります。

このように、注入したヒアルロン酸が10年以上持続して残っている場合は、ヒアルロン酸の周りに薄いコラーゲンの被膜が形成されて、吸収されるのを予防している状態になっているため、場合によっては半永久的に吸収されずに残る可能性が高いです。

ヒアルロン酸は、もともと体の中にある物質なので、永久に体の中に残っても特別害はないので心配ありません。むしろ、ヒアルロン酸は保水成分なので、永久的に肌をみずみずしくする効果があります。

また、ヒアルロン酸が吸収されずに残っている人でも、もし元に戻したかったら、ヒアルロン酸分解酵素であるヒアルロニダーゼを注射すれば、簡単に元に戻すことができます。

症例写真
■なみだ袋形成 ヒアルロン酸注入



■注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入 ほほ、ほうれい線


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大