顔の施術について

目尻切開について

目尻切開は、目尻(目の外側)を切開して拡げ、目を大きく見せる手術です。色々な術式がありますが、私はいつも目尻をWの字に切開して外側に拡げるのと同時に上下にも拡げることができるW法という方法で行っております。この方法のメリットとしては、最大限に外側・上下に拡げることができること、傷跡が目立たないこと、後戻りが起こらないことがあります。

他院で行われている目尻切開にはW法以外にも様々な術式があり、多いのは、目尻を真横に切って縦に縫う方法(横切り縦縫い法)や、Yの字に切ってVの字に縫う方法です。しかし、これらの方法は手技的には簡単で、経験の少ない美容外科医でもできる反面、外側に拡げられる距離が少ない、ほとんど上下には拡がらない、後戻りが起きやすいといったデメリットがあります。

W法は、目尻を最大限に横に切り、後戻りが起こらないように、切った部分にフラップを入れ込みますので、個人差はありますが、最大で2.5mm近く拡げることができるし、後戻りはまず起きません

よく、他院で目尻切開をしたのに、ほとんど変わらなかったとか、元に戻ってしまったという方がいらっしゃいますが、それは術式の選択の問題か、ただ単に技術的な問題であり、正しい術式で正確に手術を行えばあり得ないことです。

高須クリニックでは、技術の高いベテランの医師が丁寧な手術を行いますので、ご安心下さい。

症例写真
■目尻切開


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大