顔の施術について

二重まぶたの手術以外で、二重の幅を広げることはできるのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「私は今二重まぶたなのですが、埋没法や切開法などの二重まぶたの手術以外で、二重の幅を広げることはできますか?」と御質問をいただきます。答えは、「色々な方法で、二重の幅を広げることができます」です。

例えば目頭切開では、しっかりめに目頭切開をすれば、目頭側の二重の幅を広げることができるし、完全に蒙古襞をなくしてしまえば、末広型二重を平行型二重にすることも可能です。上眼瞼リフト(眉毛の下で皮膚を切除する手術)でまぶたのたるみを取り除いたり、ブローリフト(眉毛の上で皮膚を切除する手術)でまぶたのたるみを眉ごと持ち上げれば、二重のラインの上に被さる皮膚が上がるため、目を開けたときの見た目の二重の幅は広くなります。

額リフトでも、額がリフトされることによって、眉やまぶたも上がり、二重の幅は広がります。ポニーテールリフトやこめかみリフトでも、コメカミが上がることによって、眉やまぶたの外側が上がり、外側の二重の幅が少し広がります。サーマクールやウルセラでも、額やコメカミが少しリフトアップするため、わずかに二重の幅が広くなります。また、これらの治療は全て、まぶたのたるみが上がり、まぶたが軽くなるので、目の開きも良くなることが多いです。

二重まぶたの手術以外で二重の幅を広げることが可能な施術
  • (1)目頭切開
  • (2)上眼瞼リフト
  • (3)ブローリフト
  • (4)額リフト
  • (5)ポニーテールリフト
  • (6)こめかみリフト
  • (7)サーマクール
  • (8)ウルセラシステム

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大