顔の施術について

眼瞼下垂手術後の修正手術はいつするのが良いのか?

眼瞼下垂手術は、もともとまぶたの開きが悪い人やコンタクトレンズの長期装用、目を擦る癖、老化などによってまぶたを開ける力が弱くなった人に行い、まぶたの開きを良くします。また、まぶたの開きが特別悪くない人にこの手術を行うことによって、更に大きくまぶたを開け、デカ目にすることができます。切開二重と同じようにまぶたを切開して、まぶたを開ける眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転・固定させ、短縮することによってまぶたの開きを良くし、同時に二重を作ることもできます。この手術は患者様が望んだ通りのちょうどいいまぶたの開きになれば良いのですが、やり足りないとまだ開きがもの足りない目になるし、開きすぎるとびっくりしたような目になってきつくなったり、一部だけつり上がりひきつったような目になることがあります。

高須クリニックには、他院で眼瞼下垂手術を行い結果に満足せず、修正目的で来院する方が大勢いらっしゃいます修正手術を最初の手術からどれくらい期間を空けて行うべきかは、状態によって異なります

まず、眼瞼下垂手術をしたのにまぶたの開きがまだ悪い場合は、腫れていることによってまぶたの開きが悪い場合と、挙筋腱膜を短縮する量が足りなくて開きが悪い場合があります。

眼瞼下垂手術は完全に腫れが引くのに、個人差はありますが、だいたい6ヶ月かかるので、腫れていることによってまぶたの開きが悪い場合は、待つだけでも希望通りの開きになることがあります。そのため、挙筋腱膜の短縮量が足りなくて開きが悪い場合でも、6ヶ月待ってから修正手術をするのがベストです。ただし、診察して明らかに短縮量が少ない場合は、私に関しては、6ヶ月経っていなくても修正手術をすることはあり、早い場合は術後1週間で腫れが少なく明らかに開きが悪ければ修正手術をすることがあります。修正手術を早く行うメリットは、挙筋腱膜と瞼板の癒着が少ないため、癒着を剥がす必要がなく、正確な手術ができるということと、出血が少なく、術後の腫れが少ないということです。最初の手術から6ヶ月経っていない状態で修正手術するか、6ヶ月待ってから修正手術する必要があるか考えるかは、診察して決めることになります。

まぶたの開きが良すぎてびっくりしたような目やきつい目になっている場合や一部だけつり上がっている場合は、待つだけでちょうどよい開きになる場合と、待ってもあまり変わらない場合があります。

挙筋腱膜を短縮しすぎた場合、待つだけでも眼瞼挙筋が緩んで、ちょうどよい開きになることがあり、その場合、個人差はありますが、1週間~6ヶ月待つことになります。ただし、診察した時点で、明らかに短縮量が多すぎて開きが良すぎる場合は、6ヶ月待たずに修正手術することがあります。この場合の修正手術を早く行うメリットも、挙筋腱膜と瞼板の癒着が少ないため、癒着を剥がす必要がなく、正確な手術ができるということと、出血が少なく、術後の腫れが少ないということです。逆に、6ヶ月以上経過してから修正手術をすると、挙筋腱膜と瞼板の癒着を完全に剥がすことができず、修正が不十分になることがあります。この場合も、最初の手術から6ヶ月経っていない状態で修正手術するか、6ヶ月待ってから修正手術する必要があるか考えるかは、診察して決めることになります。

症例写真
■眼瞼下垂(がんけんかすい)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大