顔の施術について

鼻の下が長いのを治すのはどの治療が良いのか?

メールのお問い合わせなどでよく、「鼻の下が長いのが悩みなんですが、どんな治療法がありますか?」と御質問いただきます。鼻の下が長い人の原因のほとんどは骨格的に中顔面が長いことなので、根本的に治すならLefort1骨切りという手術で中顔面の骨をダルマ落としのように中抜きし、上下の骨をプレートで固定して短縮する必要があります

しかし、この手術は本来顎変形症という病気の人に対して健康保険で行う手術であり、術前術後計数年間の歯科矯正治療と約1ヶ月間の入院が必要のリスクの高い大手術で、美容目的で行うことは通常ありません

美容外科クリニックでよく行われる手術では、上口唇短縮術(上口唇リフト)と、鼻先や鼻柱を下に下げる耳介軟骨移植があり、私は耳介軟骨移植のほうをよく行います。

上口唇短縮術は局所麻酔下に鼻と唇の境目の皮膚を切除して縫い合わせることにより上口唇を持ち上げて、鼻の下を短く見せる手術です。しかし、この手術は様々なリスクを伴うため、高須クリニックで行うことはほとんどありません。

リスクの1つに、鼻と唇の境目の傷が目立ち易いということがあります。鼻と唇の境目は元々傷が赤く盛り上がったり、ケロイド状になりやすい部位なので、ケロイド体質の方にこの手術をすると傷がかなり目立つことがあります。

また、皮膚を切除して縫い合わせることにより、鼻柱の付け根と小鼻の付け根が下に引っ張られるため、正面から見たとき、鼻の穴が縦に長く見えるようになってしまいます(いわゆるブタ鼻になります)。

最近の若い患者様のほとんどが正面から見て鼻の穴が見えるのを嫌う傾向にあるため、そのような方にとってこの手術は大変危険です。また、上口唇が持ち上がる分、笑ったときに歯茎が見えるガミースマイルになりやすいです。鼻の下が長い人のほとんどは元々ガミースマイルであるため、この手術をするとガミースマイルの症状が悪化してしまいます。

一方、耳介軟骨移植は鼻先や鼻柱を下に下げることにより鼻の下を短く見せる手術であり、上口唇短縮術に比べると特別大きなリスクはありません。

傷は鼻の穴の中と耳の穴の中あるいは耳の裏なので、目立つ心配はありませんし、ガミースマイルが悪化することもなく、ブタ鼻になることもありません(むしろ鼻先が下に向くとブタ鼻は改善します)。

■上口唇短縮術と耳介軟骨移植の比較表
  上口唇短縮術 耳介軟骨移植
概要 鼻と唇の境目の皮膚を切除して縫い合わせることにより上口唇を持ち上げて、鼻の下を短く見せる手術。 鼻先や鼻柱を下に下げることにより鼻の下を短く見せる手術。
リスク 様々なリスクを伴い、その1つが鼻と唇の境目の傷が目立ち易いということがある。
また、鼻の穴が縦に長く見えるブタ鼻になり、ガミースマイルになりやすくもなる。
特別大きなリスクはない。
ガミースマイルが悪化することもなく、ブタ鼻になることもない(むしろ鼻先が下に向くとブタ鼻は改善する)。
傷跡 鼻と唇の境目の傷が目立ち易い。 目立つ心配はない。

私は、鼻の下が長い人に行う第一選択の手術は、鼻先や鼻柱を下に下げる耳介軟骨移植だと考えています

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大