その他の施術について

包茎手術をすると性病の予防になるというのは本当か?

よく、包茎のカウンセリングのときに患者様から、「包茎だと性病にかかりやすいって本当ですか?」と質問されます。

私の答えは「YES」です。

理由は、包茎であると通常時、亀頭が常に包皮で被われている状態にあるため、亀頭の粘膜が湿潤しているからです。性病の原因であるウィルスや細菌は、乾いた環境より湿潤している環境を好むため、包茎の人が性病の女性とコンドームを付けずに性交為をすると、ウィルスや細菌が湿った亀頭に付着し、増殖するのです。逆に包茎でない人は、亀頭が常に乾燥しているため、ウィルスや細菌が増殖せず、包茎の人より性病にかかりにくいのです。

ただしこの話は、包茎でない人は包茎の人に比べて、性病にかかる確率が低いというだけであり、包茎を手術で治せば性病にかからなくなるというわけではないのでご注意下さい。逆に、包茎の人は早漏であることが多いため、挿入時間が短い分、性病にかかりにくいという説を唱える医者もいますので、一概には言えないことでもあります。

性病予防で最も大切なのは、
・性病の女性と性行為しないこと。
・不特定多数の女性と性行為しないこと。
・性交の際にコンドームを使用すること。
・オーラルセックスでも感染するので、オーラルセックスをしないか、オーラルセックスの際にもコンドームを使用すること。
・性交の時間を短くすること。
・性交の後、すぐに排尿し、性器をシャワーで洗い、清潔にして乾かすこと。
です。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大