その他の施術について

エンドプロテーゼ・エンドプラストは安全なのか?危険なのか?失敗はないのか?

最近よく患者様から、 「よその美容外科クリニックにはエンドプロテーゼ・エンドプラストというものがありますが、高須クリニックではエンドプロテーゼ・エンドプラストは扱ってないのですか?」「エンドプロテーゼ・エンドプラストって、注射で簡単に鼻を永久的に高くできるそうですが、安全なんですか?」などと御質問いただきます。

エンドプロテーゼ・エンドプラストというのは、数年前に登場した新しい注入材で、主に、鼻を高くしたり、顎を出したり、バストを大きくするのに使われています。使い方は、まず、注入する部位に局所麻酔の注射を行い、やや太めの注射針でエンドプロテーゼ・エンドプラストを注入し、指で押さえて形を作ります。すると、その部位で注入したジェル状のエンドプロテーゼ・エンドプラストが寒天のように固まります。固まったエンドプロテーゼ・エンドプラストは、吸収されることはなく、永久的にその部位に残ることになります。

もし、固まったエンドプロテーゼ・エンドプラストを取りたくなったら、ほぼ100%取り除くことができます。しかし、取り除く場合は、注入したときのように簡単に済むわけではなく、あくまで切開して手術で取り除くことになります。局所麻酔注射を行い、エンドプロテーゼ・エンドプラストを注入した部位の近くを切開し、固まったエンドプロテーゼ・エンドプラストの周りに張り付いている被膜をハサミで剥がし、鉗子で摘まんで、引き出して取り除きます。鼻の場合は鼻の穴の中を、顎の場合は口の中を切開しますが、バストの場合は乳輪の辺縁や乳房下溝を切開するので、傷が残ることになります。メスを使う手術になるので、当然出血もするし、術後の腫れ、痛みもあります。

「エンドプロテーゼ・エンドプラストは、ヒアルロン酸のように気楽に注入できて、効果が永久に持続し、取りたくなったら簡単に取り除くことができる」と謳われていることがありますが、実際は、取り除くには切開する手術が必要で、気楽に注入できるものではありません

■エンドプロテーゼ・エンドプラストは、綺麗に仕上がらないリスクが高い
エンドプロテーゼ・エンドプラストは、他の治療に比べ、仕上がりがあまり綺麗にならないことが多いです。エンドプロテーゼ・エンドプラストは、元は柔らかいジェル状の液体であり、固まっても寒天のようにブヨブヨしているため、鼻筋などの綺麗な立体感を出さないといけない部位に注入すると、横に流れて太い鼻筋になってしまうことが多いです。また、ブヨブヨとした固体が皮下に入るため、触ると動きがあり、見た目も触った感触も、異物が入っているのが丸わかりになってしまうことが多いです。

この現象は、顎においても同じことが生じます。また、バストに注入すると、バストの中にたくさんのシコリを触れるようになるので、触り心地が非常に悪くなってしまうことが多いです。

■高須クリニックではエンドプロテーゼ・エンドプラストは使用しておりません
高須クリニックでは、他院で入れたエンドプロテーゼ・エンドプラストを除去する手術をすることはありますが、エンドプロテーゼ・エンドプラストを注入することはしておりません。理由は、上で述べたリスクもあるし、他の治療に比べ、仕上がりが綺麗にならないことが多いからです。

当院では、鼻を高くする場合や顎を出す場合は、専用のヒアルロン酸やシリコンプロテーゼを使用しています。鼻や顎専用のヒアルロン酸であれば、比較的固さがあるため、よほど無理してたくさんの量を注入しない限り、ブヨブヨした感触になったり、横に流れて太い鼻筋や丸い顎になることはありません。シリコンプロテーゼであれば、きちんと骨膜下に挿入して固定されるため、触って動くこともなく、綺麗に鼻筋を通したり、綺麗な顎のラインを作ることができます。

症例写真
■他院で入れた注入物を除去


(1ヶ月後)

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大