その他の施術について

生理中に美容整形手術を受けることは可能なのか?経過、腫れ、ダウンタイム、仕上がりに影響するのか?

女性患者様のカウンセリングをしているとよく、

生理中に美容整形手術を受けることはできますか?
今、生理中なのですが、今日、先生に二重まぶた全切開法をしていただくのは問題ありますか?
手術予定日と生理予定日が重なる場合、手術日をずらしたほうが良いですか?
生理中に美容整形すると、術後の経過、腫れ、ダウンタイムに影響ありますか?
生理中に二重まぶた埋没や切開法、鼻のシリコンプロテーゼなどをすると、術後の仕上がりに影響はありますか?

などとご質問いただきます。

私の答えは、

生理中に美容整形手術を受けることは可能です
生理中に二重まぶた全切開法、鼻のシリコンプロテーゼ、豊胸手術、脂肪吸引などの美容整形手術をした場合、術後の経過、腫れ、ダウンタイムに大きな影響を与えることはありません
生理日に手術しても、生理日以外に手術しても、術後の仕上がりは変わりません

です。

生理日と手術日が重なっても、特別予定をずらす必要はありません。それは、美容整形手術以外の胃や腸などの開腹手術、腹腔鏡手術、眼科や耳鼻科、形成外科の手術など、ほぼ全ての手術においても同じことがいえます。

例えば、総合病院で女性患者様が胆石の手術をする場合でも、生理日と手術日が重なるから、手術日をずらすなどのようなことはしません。それに、美容整形手術でもその他の手術でも、手術をするということは、心理的なことが身体に影響を与えることがあり、予定より早く生理がきたり、ちょうど手術日に生理がきてしまうこともあるので、手術日と生理日を意図的にずらすのは難しいです。

生理中に二重まぶた全切開法、鼻のシリコンプロテーゼ、豊胸手術、脂肪吸引などの美容整形手術をしても、術後の経過、腫れ、ダウンタイムに大きな影響を与えることはありませんし、生理日に手術しても、生理日以外に手術しても、術後の仕上がりは変わりませんので、ご安心ください

ただし、小陰唇縮小手術、クリトリス包茎手術、膣縮小手術などの女性器の手術に関しては、月経血が手術の邪魔になるなどの弊害があるため、生理日を避けるのが望ましいです。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大