肌(美容皮膚科)の施術について

高須クリニックのしわに注射するヒアルロン酸について

シワのカウンセリングのときによく患者様から、「高須クリニックのヒアルロン酸はよそのものとどう違うんですか?」と質問されます。
当院のヒアルロン酸は、アメリカやスウェーデンから輸入しているものであり、世界で一番高品質なもので、ハリウッドスターなどが使用しているものと同じものです。
何が高品質なのかというと、持続効果が長い(1年間は充分な効果があり、2~3年かけて吸収される)、粒子が細かく、細い針で注入できるため、うつときに痛みや腫れが少なく、内出血を起こしにくい、きれいになじむため、注射したところが凸凹にならないなどです。
逆に、安価な中国製、東南アジア製のヒアルロン酸は質が劣るものが多く、早く吸収されてなくなる(早いと2~3ヶ月)、うつときに痛くて腫れて凸凹になるというデメリットがあります

従来のヒアルロン酸:密度が低く、架橋が少ないため、早く吸収される→当院のヒアルロン酸:密度が高く、架橋が多いため、効果が長く持続する
当院では密度が高く、架橋が多いヒアルロン酸を使用しておりますので、持続性が長く自然な形に仕上がります。

また、当院ではヒアルロン酸の打ち回しや取り置きして何回も打つということはしてません
打ち回しというのは、一人の患者様にヒアルロン酸を注射して、余ったヒアルロン酸の針だけを代えて違う患者様に注射するということです。
打ち回しをすると、低い確率ですが、感染症を起こしてしまうため、当院では絶対に行っておりません

取り置きして何回も注射するというのは、患者様にヒアルロン酸を注射して、余ったヒアルロン酸をとっておいて、また別の日に残りを注射するということです。
取り置き注射をすると、保管している間に雑菌が繁殖して、注射すると感染症を起こすことがあるので当院では絶対に行いません

打ち回しや取り置き注射をすると、コストダウンすることができますが、高須クリニックでは患者様の安全を第一にしているので行いません

ヒアルロン酸には色々な種類があり、当院では注射する部位によって使用するヒアルロン酸を使いわけています
シワに使用するものでは、法令線には深いシワを持ち上げる力のあるものを、額や眉間のシワには浅いシワを持ち上げるものを、目の下などの皮膚の薄いところには粒子が細かく、きれいに馴染むものを、コメカミやホホの窪みには膨らませる力の強いものをそれぞれ使用しています。
また、シワ以外に使用するヒアルロン酸も、鼻、顎、目の上の窪み、バスト、それぞれその部位専用のものを使用しています。
仮に法令線に使用するヒアルロン酸を目の下の皮膚の薄いところに打ってしまうと、粒子の荒いヒアルロン酸が入ってしまい、凸凹になってしまうことがあります
その部位専用の最適なヒアルロン酸を使用するということはとても大切なことなのです

最近よその美容外科で多いのは、バスト専用の粒子の荒いヒアルロン酸を麻酔の液で薄めて顔のシワや鼻、顎に注射する方法です。
バスト専用のヒアルロン酸は1cc当たりの仕入れ単価が顔に使用するものに比べて安いので、安い値段で患者様に提供することができますが、ヒアルロン酸の粒子が荒いため、太い針を使わないと注射することができません。
そのため、注射するときの痛みが強く、腫れや内出血を起こすリスクも高く、凸凹になりやすい上に吸収されてなくなるのも早いのです。
バスト専用ヒアルロン酸を顔に使用すれば、顔のシワにヒアルロン酸打ち放題で5万円などのような安売りもできるのですが、結果が伴わず、患者様を悲しませてしまうことが多いので、お勧めできません

よく、他院でヒアルロン酸注射をしたら、凄く痛かった上に内出血もでて、すぐになくなってしまい、「ヒアルロン酸というものはこういうものなんだ」と、思い込んでる方がいらっしゃいますが、そういった方が当院でヒアルロン酸をすると、「こんなにいいものだったのか!」と驚かれることがあります。
もし他院でヒアルロン酸注射をしてトラウマになっている方がいらっしゃいましたら、一度当院に打ちにいらして下さい
きっと本当のヒアルロン酸注射の素晴らしさを知っていただけると思います

症例写真
■注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入 ほうれい線


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大