肌(美容皮膚科)の施術について

ヒアルロン酸とコラーゲンはどう違うのか?

ヒアルロン酸注射は、皆さんご存じの通り、シワに注入したり、鼻を高くしたり、顎を出したりするためのもので、それ以外にも、涙袋、唇、バストなどにも使用します。
美容整形初心者の患者様のカウンセリングをしていると、よく、「ヒアルロン酸とコラーゲンはどう違うのですか?」と質問されます。
ヒアルロン酸もコラーゲンも基本的に用途は同じなのですが、今はほとんどのケースでヒアルロン酸を使用しており、コラーゲンは滅多に使用していないのが現状です。
世界的にみると、もともとコラーゲン注射が主流だったのですが、ヒアルロン酸注射が開発されてからは、どんどん高品質なヒアルロン酸が開発されるようになり、現在はコラーゲンよりもヒアルロン酸のほうが、持続性があり、生体親和性が高く、肌によく馴染み、アレルギーも起こらないのです。
その上、原価コストもヒアルロン酸のほうが安いので、患者様にも安い価格で提供できます
現在、世界的にみても、コラーゲンはほとんど使用されておらず、ヒアルロン酸が主流になっています。
もちろんハリウッドスター達もヒアルロン酸を使用しており、マドンナもPVの中で、自身の顔にヒアルロン酸注射を受けていました。
ただし、高須クリニックに何十年も通院されている患者様で、「自分はずっとコラーゲンでやってきたので、どうしてもコラーゲンを注射して欲しい」とおっしゃる方には、稀にコラーゲンを注射することがあります。

症例写真
■注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入 ほほ、ほうれい線



■隆鼻注射(ヒアルロン酸注射) なみだ袋形成も施行





■マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術) 左右40CCずつ





ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大