肌(美容皮膚科)の施術について

ヒアルロン酸注射をした後、吸収されてなくなったとき、急激にシワが増えたり老けることはあるのか?

ヒアルロン酸注射のカウンセリングをしているとよく、「ヒアルロン酸注射をして、ヒアルロン酸が吸収されてなくなったとき、急激にシワが増えて、前より老けることはありますか?」と御質問いただきます。私の答えは、「質の良いヒアルロン酸を普通に注射する場合は、そのようなことはまずありませんので、ご安心ください」です。

ここで言っている「ヒアルロン酸を普通に注射する」というのは、法令線などのシワを浅くしたり、頬やこめかみの窪みを自然にふっくらさせたり、自然な涙袋を作ったり、不自然なほどの極端な巨乳にしない範囲内でバストを大きくすることなどです。技術があってセンスもある医師に任せて、無理な要求をしない限り、ヒアルロン酸が吸収された後、シワが増えたり前より老けるということはまずありません。ただし、無理して必要以上にヒアルロン酸を注入して、皮膚を過度に膨らませて伸ばしてしまえば、ヒアルロン酸がなくなった後、萎んで皮膚が弛んだり、シワが増える可能性は0ではありません。

人間の皮膚は、過度に伸ばされてしまうと、完全に元通りにならず、皮膚が弛んだり、シワが増えることがあります。妊娠してお腹が大きくなると、出産後に伸びてしまった皮膚が完全に戻らずシワが増えたり、100キロ以上あった人がダイエットして標準体重になっても、伸びてしまった皮膚が弛んで戻らないといったことが生じます。そのため、涙袋を作るために、尋常じゃないくらいの量のヒアルロン酸を目の下に注入して、過度に皮膚を膨らませて伸ばしてしまえば、ヒアルロン酸が吸収された後にシワが増えたりする可能性はあります。

また、AcupのバストがHcupになるくらいヒアルロン酸を注入すれば、ヒアルロン酸がなくなったときにバストの皮膚が伸びて弛んでしまう可能性もあります。しかし、良識があってセンスのある医者であれば、このような無理なヒアルロン酸注射をすることはありません(もちろん、高須クリニックの医者も行いませんのでご安心ください)。

そもそもヒアルロン酸は、元々人間の体の中にある物質で、肌の張りを出したり、関節の動きをスムーズにする役割を担っています。また、ヒアルロン酸は保水成分であるため、質の良いヒアルロン酸を肌に注射すると、注射した部位の皮膚が潤いを保つようになり、ヒアルロン酸が吸収されてなくなるまでの間、みずみずしい肌であり続け、乾燥予防効果や老化予防効果があります。そのため、ヒアルロン酸を注射した肌は、ヒアルロン酸は注射していない肌に比べ、老化の進行が遅く、ヒアルロン酸が吸収されてなくなった後も、ヒアルロン酸を注射していない肌に比べ若々しい状態になっています

また、ヒアルロン酸は年月をかけて、ゆっくり吸収されていきます。吸収されてなくなったとき、急激に老けるということはありませんので、ご安心ください

症例写真
■注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入  ほうれい線に注入


(1ヶ月後)

■注射式シワ取り 長期持続型ヒアルロン酸注入 目の上のくぼみに注入

(1週間後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■なみだ袋形成 ヒアルロン酸注入

(1週間後)

※施術後(After)のメイクあり写真について 女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

■こめかみ形成(ヒアルロン酸注入)


■マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術) 左右70CCずつ


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大