何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■美容整形の医者は、患者が希望すれは必要のない手術でもやる? カウンセリングが大事?

美容整形の医者は、患者が希望すれは必要のない手術でもやる?カウンセリングが大事?患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2015・11・05
出演:高須幹弥医師

美容整形の医者は、患者が希望すれは必要のない手術でもやる? カウンセリングが大事?

A-本日は、33歳女性の方からの質問です。
「幹弥先生はカウンセリングのときに患者さんが希望する手術に対して必要ないなと思うことはありますか。また、幹弥先生が必要ないなと思った手術でも、患者さんが希望すれば手術することがありますか。幹弥先生の意見や考え方を聞きたいです。よろしくお願いします」とのことです。

幹弥先生はい、分かりました。
そうですね必要ないなって思うことは、正直あります。

▽もっと読む(全文表示)

何回も話してるけど、美容整形って大きく分けて二つに分けられるわけであって、一つは言葉は悪いけれど、不細工な顔を美しく整える手術、それは不細工な顔をイケメンにしたりかわいくしたり、あと年取ってたるんだお顔を引き締めて若返えらせたりっていう手術です。よくする手術です。

あともう一つは、そういうのは関係なしに患者さんの自己満足のために形を変える手術です。もともとかわいい整った顔でも、思いっ切り鼻を高くしたりっていうことを要望される人もいるし、きれいな狭い二重なんだけど思いっ切り幅広平行型二重にしたいとか、そういう手術に分けられるわけです。

なので、前者の手術の場合は、美容医学的に必要があるからやる手術ですよ。顔に欠点があるから欠点を直す手術ですので、一重まぶたで目が細ければキレイな二重にして目をクリッと丸く大きくするし、鼻が極端に低ければ、ヒアルロン酸やプロテーゼ高くしてバランスをよくするとか、そういう手術なんだけど、そういう手術はもちろん必要なんだけれど、後者の患者さんの自己満足で形を変える手術っていうのは、美容医学的には本当は必要ではないんですよ。

ただ、患者さんはやりたいわけですよ。患者さんは仮にきれいな二重、狭い二重でも幅広い平行型二重になりたいからそうしてって言うわけだから、美容医学的に必要がなくても患者さんにとっては必要があるわけだから、必要があるといえば必要があるわけです。難しいですけど、線引きが。

結局、美的感覚とか好みって人によって本当にさまざまで、得に二重の幅なんかは、その人に一番合っている狭い二重に作ってあげて喜んでくれることはあるんだけど、幅広い二重がきれいだって思ってる人もいるし、末広型よりも平行型のほうがいいって思ってる人もいるわけです。

どっちがいいかって本当に一概にはいえないんだけれど、好みっていうのがあるので、あとは大好きな芸能人がいて、なるべくその芸能人と同じ顔に近づきたいっていう人なんかは、もとの顔がすごくかわいくても、浜崎あゆみに憧れていれば、しっかり二重の幅広げたりとか、しっかり目頭を広げたりとか、鼻筋を思いっ切り通して、鼻っ柱を下に下げて下向きの矢印のような鼻にしたいという人もいるし。

僕の心の中で、やる必要ないんじゃないかなと思っても、患者さんが希望すればやるってことはありますけど。そのとき、ポロっと別にやる必要ないんじゃないのって言うことはありますけれど、やっぱり患者さんはやりたいと言えばやることになりますね。

ただ患者さんの顔とか皮膚に無理がかかる手術はやらないようにしてますけれど。
例えば極端に鼻先を下げたいという場合、たくさん耳介軟骨を移植したり鼻中隔延長で極端に下げると、鼻先の皮膚に負担がかかって、将来軟骨の輪郭がボコッと浮き出て不自然になったりとか、皮膚の圧力に入れた軟骨が負けちゃって、鼻が曲がったりってことがあるから、そういう将来不都合が起きる手術は勧めないようにはしています。

あと多いのは、例えば、えくぼを作りたいとかって言う患者さんはいらっしゃいます。

大抵えくぼを作りたいっていう患者さんは、えくぼがあるかわいい芸能人に憧れて、えくぼを作りたいって言うの。
例えば、ぱるるんみたいなえくぼになりたいとか、作りたいとか、大島優子ちゃんみたいなえくぼを作りたいっていう子いるんだけど、ぱるるんも大島優子ちゃんも、もとの顔がかわいいから、えくぼがあると余計それがチャームポイントになってかわいいって思うわけであって、あの2人とかって、別にえくぼがなくてもかわいいんですよ。
だから、えくぼを作ればかわいくなるって間違って思い込んで、手術を希望する人はいます。

もとの顔がかわいい子にえくぼを作れば、それがチャームポイントってなるってこともあり得るけれど、言葉悪いけど、もとの顔が不細工な人がえくぼを作ると、余計不細工になるってことあるんだよ。
ここがくぼむと老けた印象になったりするし、童顔で若々しい子がやればかわいくなるけど、老け顔の人とか、年いってる子がやれば、しわのように見えてしまって、それがマイナスになってしまうことがあるから。

えくぼの手術、僕たまにやるけれど、大体半分ぐらいの人はまた戻ってきて、やっぱり自分に合ってないから戻してくださいって言うから、えくぼを作るときなんか、なるべくもうちょっと考えたらって言うことはありますけど。

ということで、美的感覚と好みって人によってさまざまだから、結局手術のデザインの主導権って、本当は患者さんにあるんだよ。

でも本当はこちらに任せていただいて、その患者さんのもとの顔に応じて一番自然で似合うパーツを作ってあげたいっていうのがあるんだけれど、それをこちらが提案して、いや私はこれじゃ嫌です、もっと幅広い平行型じゃないと嫌ですとか、もっと極端に鼻を高くしたいですっていう人なんかは、シミュレーションとかして、こんな感じにしようかってお互いに妥協し合いながら、デザインしてやることはありますけど。

しょうがないですよね、いろんな好みの人がいるわけで。

例えば、女の人で背中とか肩に、チョウチョウの入れ墨入れてる人いるじゃん。あれは、あれがイケてると思ってやってるわけなんだけれど、世の中の9割ぐらいの人は、ちょっと下品とか気持ち悪いとかって思ってると思うんだよ。9割はいけてないと思うけど、1割はいいって思ってるわけです。

あと顔中にピアス開けてる人いるじゃん。鼻とか眉毛とかピアスだらけの人、あれもやっぱり世の中の人9割ぐらいの人が、おかしなことやってるなと思うけど、残りの1割の人は、あれがいけてると思ってやってるわけですよ。

美容整形も一緒で、本人はいけてると思ってデザインをこちらに要求することもあるんだけれど、本人と少数派の人はいいと思ってても、世の中の9割ぐらいの人は、おかしいと思うデザインもあるわけで。でも本人はそれがいいと信じてるわけだから、僕が自然なデザインを提案して、それを却下されて、やっぱりこれじゃないとだめって言われれば、それでやらざるを得ないっていうのはありますよ。

よほどおかしくして、その後修整手術もできないぐらいの手術はなるべくしないようにはしてるけど、だから幅広い二重とか作る場合でも、もし本人が後で狭くしたいって言ったら、ある程度皮膚を切除して狭くできるように、なるべく皮膚を切除しないようにしてるし、鼻先をしっかり下げるにしても、将来入れたものの輪郭が浮き出たり曲がったりとかしない範囲内でやることは多いですね。

シリコンのプロテーゼだって、皮膚の薄い人に極端に高いのを入れれば、年を取って薄くなって穴が開いて飛び出るってこともなくはないわけで。穴が開いて飛び出たらそこに傷が残る後遺症が残ってしまうわけなので、そうならない範囲内、安全の範囲内で勧めるようにはしてますけど。そんな感じですね。

A-はい、分かりました。先生はなるべく本人の希望に沿うようにいろいろ考えてくださってるのですね。

幹弥先生はい、そうです。

A-今日はありがとうございました。

幹弥先生はい。ありがとうございます。

△記事を閉じる

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大