何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■高須クリニックの患者さんは綺麗でお金持ちの人ばかりですか?貧乏でブサイクな私が行ってもいいんですか? 高須幹弥が動画で解説

高須クリニックの患者さんは綺麗でお金持ちの人ばかりですか?
貧乏でブサイクな私が行ってもいいんですか?
患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・01・21
出演:高須幹弥医師

高須クリニックの患者さんは綺麗でお金持ちの人ばかりですか?貧乏でブサイクな私が行ってもいいんですか? 高須幹弥が動画で解説

A-本日はブログ読者さまからのご質問です。いつも幹弥先生のブログを読ませていただいています。いつか幹弥先生に自分の顔を整形していただきたいと思っているのですが、私は今までに一度も整形とかしたことがなく、カウンセリングを受けたこともありません。

私は不細工だし、お金持ちでもありません。私みたいな人間が高須クリニックに行ってもいいのでしょうか。やっぱり高須クリニックの患者さんは、綺麗な人ばかりなのでしょうか。お金持ちの人ばかりなのでしょうか。私みたいな人間が行ったら場違いでしょうか。

▽もっと読む(全文表示)

幹弥先生に手術してもらいたくて夢みてるのですが、とても不安でなかなか勇気が出ません。とのことです。

幹弥先生分かりました。心配ご無用ですよね。高須クリニックって本当にいろんな人がいらっしゃいますから、どんな人が来ても全然OKですよね。

まず、綺麗な人ばっかりくるのかって言ってたけれど、確かに綺麗な人もいらっしゃるけれど、そうじゃない人もたくさんいらっしゃいますよね。綺麗な人っていうのはもともと美意識が高い人が多いから、もっと綺麗になろうとして美容整形を訪れるってこともあるし。もともとね、綺麗じゃない人が綺麗になりたくて整形をしに来るってこともあるから、いろんな人がいらっしゃいます。だから綺麗な人ばっかり来るっていうことはないです。むしろ綺麗じゃないほうの人のほうがよく来るじゃないかなって思います。

あとはお金持ちばっかり来るかって言ってたけど、そんなことないですね。確かに裕福な方もよくいらっしゃるけれど、そうじゃない方のほうがたくさんいらっしゃいますね、どっちかっていうと。

特に僕の患者さんなんかは、若い人なんかは結構遠くから夜行バスとか乗っていらっしゃるから、で、切開の二重とかして帰るわけであって、例えば九州から大阪とか名古屋まで夜行バスで来るんだけれど、交通費も節約したいぐらいなんだろうなと思いますね。普通だったら、新幹線とか飛行機で来るのを夜行バスで来るわけだから、それぐらい、なるべくお金を節約していらっしゃるわけだから、すごくありがたいと思ってますね。わざわざ遠いところから時間とお金掛けていらっしゃるからね。だから決してお金持ちの人ばっかりいらっしゃるわけではないです。

そもそも日本って、年収1000万以上の人って、3パーセントか4パーセントぐらいなわけであって、1000万円以上の人が富裕層っていうんだったら、そういう人たちも患者さんとしてはごく一部なわけであって、ほとんどの方が富裕層じゃない人たちですもんね。中には生活保護を受けてる人だって、ヒアルロン酸とかやりにいらっしゃるし。『ウシジマくん』に出てくるような感じの人もね、時々いらっしゃるしね。とにかくいろんなジャンルの人、いろんな層の人がいらっしゃるから、どんな人がいらしても僕たちはびっくりしないし、同じように接するし、ご心配ありません。

多分、その人はお金持ちじゃない自分が来ると見下されるんじゃないかとか、ちゃんと扱ってもらえないんじゃないかなとか思ってるかも分かんないけど、そんなことは全くございませんので、心配いりません。

まあ、どんな方がいらっしゃるかっていうと、まず、男性と女性の比率は、大体、男2割、女8割ぐらいだよね。やっぱり女性のほうが、美意識が高いから。女性のほうがたくさんいらっしゃるけど、男の方も2割ぐらいいらっしゃるわけであって、だから時々、男性の方で、男なんですけど行っていいですかとか、男だと恥ずかしくないですかって言われる方もいるけど、全く恥ずかしくないし、男性の方もたくさんいらっしゃいます。

あと、年齢層をみても、小学生の方だっていらっしゃるし、上は90代までいらっしゃるから、どんな年齢層の方がいらしても何も恥ずかしくないですね。小学生でもお母さんに連れられて、二重の埋没法やりたいとか、ほくろ取りたいとかいらっしゃるしね。芸能界デビューしたいからとか、そういう小学生の方もいらっしゃるし。90代になってももっと若返り美しくなりたいっていって、フェイスリフトの手術をしたりとか、ヒアルロン酸とかウルセラとかされにいらっしゃる方もいらっしゃるし。

まぁ、一番多いのはやっぱり20代なんだけど。20代が一番、美意識も高いし、異性を意識するから。20代が多いけど、あらゆる年代の方がいらっしゃいますね。

職業みても普通のサラリーマンの方もいらっしゃれば、中学生、高校生、大学生もいらっしゃるし。キャバクラ嬢とか風俗嬢の方だっていらっしゃるし、ホストだっていらっしゃるし、そうだね、あと外国の方もたくさん、いらっしゃいますもんね。わざわざ中国から僕を指名していらっしゃる人もいるし。あるいは日本在住の中国とか韓国の人とか、フィリピンとかブラジルの人だってよくいらっしゃるわけで、とにかくいろんな方がいらして、もうカオスのような状態です。だから臆することはありません。全く大丈夫です。

あと「おしゃれしないといけませんか」って聞かれる方もいらっしゃいますね。おしゃれする必要は全くないですね。美容整形ってあくまで、カウンセリングして診察して治療するとこなんで、社交場ではないからおしゃれはする必要ありません。

むしろ、診察して治療する僕らの側としては、できればすっぴんでジャージで来てほしいくらいですよ。やっぱり化粧が濃いとちゃんと診察できなくて、基本的に皆、化粧を落として診察するようにしてるんだけど、時々、化粧を落とせないっていう方がいらして、ちゃんと診察できないからおすすめではないんで、化粧しててもどっちみち待合室で待ってる間に落としてもらって診察したりするから、化粧なんかむしろしないほうがいいし。

あとボディの診察ですね。二の腕とバストとかお腹とか太もも、お尻とか診察する場合は、直に診察室で脱いで見せて、診察してもらうことがほとんどなんで、そういうとき、いろいろ着こんでいると脱いだりするの大変で、あらかじめ着替えてもらってから診察さしてもらったりすることもあるくらいだから、ぱっと気にしているところを出して見せれるような服装のほうが、むしろ診察する側としてはありがたいぐらいですからね。

だからもう、おしゃれもしなくていいし、何も考えないで普通に素でいらしてくれれば結構です。ご心配ありません。

A-なるほど。

幹弥先生以上です。

A-かしこまりました。では、年齢層、男女問わず、皆さま安心して受けていただけるということですね。

幹弥先生はい。どうぞ、お待ちしておりますので。

A-幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

A-はい。

△記事を閉じる

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大