何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■カウンセリングのときに私の息子に美容整形手術を勧めないでください 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

カウンセリングのときに私の息子に美容整形手術を勧めないでください。
患者様からのご意見に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・02・08
出演:高須幹弥医師

カウンセリングのときに私の息子に美容整形手術を勧めないでください

A-本日は50代女性の方からのご質問です。私には17歳になる息子がいます。息子は今までにいろいろなクリニックで美容整形手術をしており、総額で400万円くらい使ってきました。今度、幹弥先生の手術を受けたいと言っており、カウンセリングの予約をさせていただきました。そこで幹弥先生にお願いがあるのですが、カウンセリングのときに息子に手術を勧めないでいただきたいです。

息子は自分の顔のせいで学校にも行っておらず、家に引きこもっています。もううちにはお金もないし、今まで生命保険を解約したり、定期預金を切り崩して、整形してきました。息子は私に対して「自分が学校に行けないのは、自分を不細工に産んだおまえのせいだ」と言います。「整形するお金はない」と言うと私に暴力を振るってきます。

▽もっと読む(全文表示)

カウンセリングの日は私も同席させていただきますが、どうか息子にこれ以上、整形は勧めないでください。あと、私がこのようなお願いをしたことは絶対に息子には言わないでください。よろしくお願いいたします、とのことです。

幹弥先生分かりました。そうですね。同じような相談をされる方はよく実際いらっしゃるんだけれど。正直かなり困ります、こちらは。まず美容整形ってやっぱり患者さんがきれいになりたいとか、かっこよくなりたい。顔の形を変えたいというご要望でいらして、カウンセリングして、できることできないこと説明して、やるって決断したら、さしていただく形を取る所ですよね、本来は。

A-そうですね。

幹弥先生でもその人は息子さんに「整形を勧めないでください」 って言ってます。なおかつ、「自分がこのように整形をやめるように言ってることは内緒にしてください」って言ってるわけです。正直、私はどうしたらいいのか分からないです。そんな状態で来られても。

A-そうですよね。

幹弥先生うん。お母さんが「勧めるな」って言ってるんだったら、勧めないということはできるけれど。でも本人はやりたがってるわけです。本人は目を二重にしたいとか、鼻高くしたいとか言って。それ実際診察してできることだったら、普通は「できますよ」って言って、コンピューターシミュレーションとかして説明するんだけど。「駄目です。私はやりません。手術しないです。帰ってください」って言わないといけないんですよね。「何でですか」って言ってきますよね。でも「お母さんがやるなって言ったから、やらないだけです」とは言っちゃいけないんですよね。

A-そうですね。

幹弥先生それもNGだったら、何かうそつかないといけないですよね。

A-はい。

幹弥先生医学的な理由で君は手術的ない体質だからできないんですとか、うそつくとか。君はやっても良くならないしやる必要もないからできないんです、ごめんなさい帰ってくださいってうそつかないといけないですよね。

A-そうですね。

幹弥先生医者ってうそついちゃいけないです、本来は。うそも方便って言うけど、これはついてはいけないうそだと思います。本人も頭混乱するし。

A-そうですよね。

幹弥先生なので、こういう事情があったらまず、言葉きついけど、ここに来ないでいただいたほうがいいです。こっちも対処のしようがないから。

かと言って、「お母さんがやるなと言ったからやらないです」なんて言ったら、また「約束破りましたね」ってお母さんのほうから私怒られちゃうことになるし。どうしようもできないから、取りあえずこの方は予約を、連絡していただいて、キャンセルしていただいて、家族の中で解決していただきたいです。

A-そうですよね。

幹弥先生話聞いてると、やっぱりお母さんも悪いと思います。やっぱり甘やかしてると思います。本人診察してないから分からないけれど。17歳の男の子で、高校生なんでしょう。顔が不細工だから学校に行けないって言ってるけれど、別に、本当にどれぐらい不細工なのか分からないけれど、不細工だから学校に行けないってことはまずないです。何か逃げてるんでしょうね。友達ができないとか、勉強について行けないとか。そういう別の理由があってそれを顔のせいにして、その顔に生んだ親のせいにしてるわけであって責任転嫁してるから、まず、それをしっかりと家庭内で再教育して更生させてあげないといけないです。

A-そうですね。

幹弥先生そもそも17歳で未成年だから、親の同意がなければ美容整形できないから、親が「絶対に駄目だ」って言って、「お金も出さない」って言えば、やらせなくて済むんだけど。暴力が振るわれるのが怖いとか言ってるし、あるいは本当は息子に嫌われるのが怖くて渋々整形をさせてるっていう可能性もあるし。だから心を鬼にして、やっぱりしっかり叱らないといけないです。17歳だったらまだ、全然更生の余地はあるから。まだ子供だからしっかりと勉強やり直させて、学校行かせれば十分まだ更正できるから。

A-そうですね。

幹弥先生なので、父親がいるかどうかちょっと分からないです。そこに書いてないから。

A-そうですね。

幹弥先生ひょっとしたらお父さんがいらっしゃるのか、あるいは離婚していないとか、あるいはいるんだけどろくに仕事もしないで、呑んだくれてるとか、そういう家庭なのかも分からないけれど。本来は父親の仕事だよね。息子しっかりしつけるっていうのは。

A-はい。

幹弥先生17歳で高校生だったら体は大人だから、お母さんではもう力で押さえ付けることはできないから。本当は父親が、殴り合ってでも、しっかりと言い聞かせて更生させてあげないといけないんだけれど。ちょっとそれはできない環境なんだろうけれど。場合によっては、児童相談所とかに相談して、本当にどうしようもできなくて、押さえ付けることもできなくて、学校行けないんだったら、最悪、施設に入れるとか。まだそっちのほうが更生できると思うんで。

ずっと家に引きこもってお母さんに暴力振るって、わがままばかり言って美容整形にお金かけるぐらいだったら、施設に入れてそこから更生させて、立派な大人になるように仕向けるっていうのも一つの手だから。それは、家庭内の問題だから、しっかり家庭内で解決していただきたいと思います。

A-そうですね。

幹弥先生なので、キャンセルしてほしいんだけど、それでもやっぱり連れて来ちゃうってことはあるんです。お母さんと一緒に。そのときは普通のカウンセリングをせざるを得ないです。私、基本的に無理に勧めたりとか、強引に進めたりとかはしないから。

普通に患者さんの話を聞いて、要望を聞いて、だったらこういう方法があるよってシミュレーションしたり、手術の説明して、リスクの説明もするから、それでやるかやらないか、じっくりご検討くださいって私が普通通りのカウンセリングをしてしまいますので、うそつけないので。なので、話聞いてると、キャンセルしていらっしゃらないほうがいいと思います。以上です。

A-分かりました。では、それぞれ家庭事情があると思いますが、何とかご家庭で解決していただければいいですね。

幹弥先生はい。応援してますんで。多分ここに来て私のカウンセリング受けるほうがお子さんにとってよくないと思います。普通に勧めちゃって、先生の手術受けたいですってなって、お金払えって親に言って、また暴力振るってって。また手術してって。悪循環繰り返しになるから、もう来ないほうがお子さんのためだと思います。

A-そうですね。では、幹弥先生本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

△記事を閉じる

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大