何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■高いお金かけて美容整形したのに誰にも気づかれなくてショックです 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

高いお金かけて美容整形したのに誰にも気づかれなくてショックです。美容整形ってこんなものなのでしょうか?
患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・06・06
出演:高須幹弥医師

高いお金かけて美容整形したのに誰にも気づかれなくてショックです

A-きょうのご質問です。私は先日、幹弥先生に鼻先の耳介軟骨移植、鼻尖縮小、小鼻縮小をしていただきました。すごく自然な仕上がりで、傷痕もすごくきれいで、最初はすごく満足していたのですが、職場の人たちも友達も私が手術したことに誰も気付きません。この間検診に行ったとき、私の術前術後の写真を見せてもらったら明らかに変わっているのは分かったし、手術前のカウンセリングで、私が知り合いにばれないように整形したいと言って、コンピューター・シミュレーションもしていただきました。納得した上で受けた手術なのでしょうがないのかもしれませんが、せっかく高いお金を掛けて手術したのに、あまりにも誰にも気付かれないので正直がっかりです。美容整形ってこんなものなのでしょうか。というご質問です。

幹弥先生はい、分かりました。耳介軟骨移植と鼻尖縮小と小鼻縮小をして、職場の人や友達に気付かれないのが、ちょっとご不満ということなんでしょうね。

A-そうですね。

幹弥先生最初のカウンセリングで、知り合いにばれないようにされたいっておっしゃったわけですよね。なので、カウンセリングで、僕、その患者さんの意見を尊重して、変わり過ぎないようにしましょうって言ったと思いますね。コンピューター・シミュレーションを見せて、「こんな感じでいいですか」って言って、で、納得されてやって。恐らくほとんどそれと同じ結果になったと思いますね。

で、誰も気付いてくれないわけですね。でも、最初に誰にもばれずにやりたいっておっしゃったわけだから、僕それで良かったと思いますね。誰にも気付かれないと。誰かに気付かれるということは、手術したことがばれるということだから、ばれないようにやりたいって手術前に言ってたのに、ばれたので逆にそれが不満になって僕は患者さんに怒られちゃうと思いますね。ばれないようにやりたいって言ったのにばれてしまったって。

でも、誰も気付いてくれないから不満で高いお金掛けたのにっておっしゃってるんだけど。鼻尖縮小と耳介軟骨移植と小鼻縮小をやると、全部で120万円に消費税になりますね。確かにかなりの高額ですよね。それなりの三つの手術をやっているわけだから、それだけ金額が張るわけですね。

じゃあ、逆にみんなに気付いてもらえるぐらいしっかりやってくださいって言われれば、僕そうしたと思いますね。変化を大きくすれば気付かれるわけですね。

ただ、小鼻も鼻尖も耳介軟骨もやり過ぎると不自然になるから、逆にばれるぐらいしっかりやるってことは見た目も不自然になると思いますね。あと、鼻尖縮小も耳介軟骨移植も小鼻縮小も、比較的他人に気付かれにくい手術ですね。結局、鼻のこの下3分の1だけを変化させたわけであって、それ以外の所は変わってないわけですね。意外に鼻の下3分の1の形変わっても、知り合いに気付かれないですね。結構大きな変化があっても気付かれないですね。

気付かれやすい場所って決まってて、やっぱりここを高くした場合ですね。ヒアルロン酸やプロテーゼでしっかり高くすると変化に気付きますね。あとは、一重の人を二重にすると変化が大きいから気付かれますね。

人間って人と話すとき、他人の顔見るときってまず目を見るので、目が大きく変わっていると気付かれやすいっていうのと、あと、この鼻根部の所は目と目の間の所だから変化に気付きやすい。ここが高くなるだけで目の印象も変わる、気付かれやすいというのがあって。やった手術三つとも他人に気付かれにくい手術だっていうのもありますよね。

結構会社の同僚の人とか、友達とか、学校の友達とか、人の顔を全部細かく頭の中に記憶している人ってそんないないんですよ。人間の記憶って結構曖昧だから。だから、鼻の下3分の1が結構がらっと変わっても気付かない人が多いので。

A-そうですね。

幹弥先生そう。鼻尖縮小と耳介軟骨移植と小鼻縮小ってね、そんなもんですわ。

A-ちょっと印象は変わったりされても大きな変化ではないので、気付かれにくいっていうのはあるかもしれないですね。

幹弥先生そうそう。それで、他人にばれないように自然にっていうことだったから、そのとおりにやったので。僕、手術は大成功だと思いますね。それで、その傷痕がすごい目立つとか、変形しておかしくなったとかだったら手術は大失敗だと思いますけどね。そんな大きな失敗をまずしないし。そうですね。

A-気付かれずに、術前術後の変化もご本人も感じてらっしゃるので。

幹弥先生そうそう。

A-成功ではないかと思いますが。

幹弥先生そうですよね。術前術後の写真を比べると変化が分かるんだけれど、整形した後ってその顔に見慣れると、本人も何が変わったのか分からなくなるってことはよくあるよね。

A-はい、ありますね。

幹弥先生鼻のヒアルロン酸とか、実は鼻高くして、直後は「ああ、良くなった、高くなった、ありがとうございました」って帰っていってさ、1ヶ月後ぐらいに検診で戻ってきて、「もう戻っちゃいましたよ」とか言って、「これっておかしくないですか」って、文句言われた。写真見せるとさ、「ちゃんと変わってるよ、ほら」って言って、「ああ」って言って納得する人いるじゃないですか。

A-見慣れてしまうんでしょうね。

幹弥先生そう。だから、見慣れてくると変化したことを忘れちゃう、前の顔を忘れちゃうっていうのもありますよね。

A-そうですね。

幹弥先生結局人間の記憶ってそんなもんで、すごく曖昧ですわ。もしその患者さんの熱狂的なファンがいて、その人の鼻の形とか事細かく記憶している人がいれば変化に気付いてくれるかも分からないけど、まあ、そんな人めったにいないから。まあ、そんなもんだよね。

A-そうですね。

幹弥先生なので、逆にその患者さんも、誰も気付いてくれないから不満って言うんだったら、じゃあもう誰にも気付かれるぐらいガッツリ、もしやってたとしたら、そうしたら職場とか、友達とかに、整形したでしょってみんなに突っ込まれるよね。そうしたら、その言葉がまた傷付いて、不満が残るから。結局どっちに転んでも不満は残ると思います。その患者さんは。だって相反することを要望しているわけだもんね。

A-そうですね。鼻先だけでも大きく変わりたい、でもばれたくないという感じですよね。

幹弥先生そうなんですよ。ばれたくない、あんまり変わり過ぎたくない、でも誰にも気付かれないのは嫌だ、それなりに変わりたいと、相反することを言っているから。ちょうどじっくりカウンセリングしてシミュレーションもして、そのちょうど中間ぐらいのところで提案して、じゃあ、それでやろうって納得して決めたわけだから、本来は不満は残らないはずなんだけれど、やっぱりあっちも欲しい、こっちも欲しいってなるとね。

A-そうですね。

幹弥先生だから、どっちに転んでも不満が残ったんじゃないかなと思います。他の先生も、時々そういうことあるもんね。

若返り治療でも、それなりに若返りたいんだけど、でもあんまり変わり過ぎて人にばれるのは嫌だって。じゃあ、軽くヒアルロン酸入れて、ウルセラで軽く引き締めましょうっていって、それなりに良くなったけど、それでも60万円ぐらいお金掛かっちゃうじゃん。

で、術後に戻ってきて、「誰にも気付いてくれないんです」とか言って。誰にも気付いてくれないから、「私60万円掛けて高須クリニックでこれやったのよ」って言っても、「え、何が変わったの」って言われてしまう。「全然変わってないじゃん」って言われるけど、写真比べるとそれなりに変わってるのは分かるんだけど。あまりばれたくないから、ばれないようにマイルドにやったわけだよね。

A-そうですね。

幹弥先生じゃあ、最初から思いっ切り変わりたいんだったら、ばれてでもいいから思いっ切り若返りたいって言ってくれれば、僕、最初から切る手術を勧めるんですわ。ミディアムリフトとかして、ぐっと引っ張るとかさ、上まぶたのたるみ取りとかすれば、大きな変化をもたらす。それから、みんなに手術したこと気付かれるよね。でも、気付かれて、あ、整形したでしょって突っ込まれるのも嫌なわけだから、まあ、しょうがないですよね。どっちに転んでも多少の不満は残ると思いますわ。相反することを要望する方はね。

A-難しいですね。

幹弥先生でも、大体の人は納得してくれますけどね。あんまりばれないように、そんなに変わりたい、でも変わり過ぎないのは嫌だって、じゃあこれぐらいでって、ほとんど納得されるんだけど、たまに不満が残ってしまう人はいますけど、しょうがないですよね。

A-そうですね。

幹弥先生そう。そういう不満が残らないようにきっちりカウンセリングしているんだけど、それでも片方の満足は得られたけど、片方の満足は得られないから、不満は残ってしまうというのは時々ありますけど、しょうがないですね。基本的に変化の量と金額は比例しないもんね。

A-はい。

幹弥先生マイルドな治療だったらお金をどんだけ掛けても変化は少ないけど、大きな変化の手術すれば低い金額でも大きな変化をもたらすことができるから。金額と変化の大きさは比例しないですね。

A-そうですね。ちょっとそういった点がもしかしたらご不満があるのかもしれないですね。

幹弥先生そうそう。あと、鼻の下3分の1の手術はあんまり変化に気付かれにくいって言ったけど、同じような手術だと目尻切開とか、垂れ目形成とかも気付かれないことが多いよね。敏感な人は気付くんだけどね、友達とか知り合いとか。目尻切開はそもそもすごく大きな変化ないから気付かれにくいし、垂れ目形成もものすごく不自然になるぐらいやってしまえば気付かれるけど、自然な範囲内、安全な範囲内だと気付かれないってことは時々あるけど、それで後で不満が残らないようにコンピューター・シミュレーションでこれぐらいの変化だよっていうぐらいで、「もっとやると不自然になるから勧めないよ、これでいいからやりますか、やるかやらないかはどうぞご自分で決めてください」って言って、納得した人だけやるようにしているから。後で不満が残る人はめったにいないんだけれどね。そういうことです。以上です。

A-ありがとうございます。人にばれてもいいので大きな変化というのを選ばれるか、選ばれずにマイルドな治療をされるかは、先生とゆっくり相談して決めていただければいいかと思いますね。

幹弥先生そうそう。どっちかはっきり決めてくれれば絶対不満は残らないの。ばれてもいいから思いっ切りやってくださいと、がっつり二重幅広げてくださいとか、大きいほっぺ引っ張ってくださいって言われれば、そうしますね。

A-されますし。

幹弥先生そう。ほんのちょっとのわずかな変化です、絶対に気付かれたくないのでとか言って、それでもいいのでって言ってくれればいいんだけど。両方言われると困るよね。

A-そうですね。

幹弥先生そうそう。絶対ばれたくないし気付かれたくないんだけど、全然変わらないのは嫌だからそれなりに変えてくださいと。

A-どうされたいと。そうですね。どちらか決めていただいた上で先生と相談でということで。

幹弥先生そう。だって、世の中鈍い人もいれば、すごい鋭い人もいるから。絶対ばれないようにって言われたら、ほんのちょっとのわずかな変化で受けなければいけないね。だから、「ちょっとぐらいばれちゃうかも分からないけど、これぐらい行かれる」とか、そうやって提案することはありますけどね。

A-そうですね。ゆっくり診察で先生と相談ということで、お願いします。

幹弥先生そうですね、はい。

A-先生、どうもありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大