何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■高校生の息子が顔のせいでいじめにあっています。美容整形していただけますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

高校生の息子が顔のせいでいじめにあっています。美容整形していただけますか?
患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・06・13
出演:高須幹弥医師

高校生の息子が顔のせいでいじめにあっています。美容整形していただけますか?

A-本日は、ブログ読者さまからのご質問です。
私には15歳になる高校1年生の息子がいます。息子が学校でいじめに遭っており、今はほとんど学校に行っておらず、ずっと家に引きこもってマンガを読んでいたり、ゲームをしたりしています。息子は私に、「自分は自分の顔のせいでいじめられている。自分の顔のせいでいじめられるから整形したい」と言います。そんな息子ですが、幹弥先生に整形してもらうことはできますでしょうか。
整形して息子が満足して学校に行ってくれるなら、私は整形してもいいと思っています。大事な息子なので、私も真剣に考えています。よろしくお願いします。

幹弥先生分かりました。15歳で高校1年生の男の子ですね。学校で顔が原因でいじめられるから整形したいってことですよね。その人を一回診察しないと何とも言えないんだけれど。よく同じような悩みでいらっしゃる方はいますね。中学生とか高校生とかの男の子で、学校で顔が原因でいじめられると。だから美容整形したいってお母さんと一緒に来る男の子がよくいるんだけれど。

まあ、実際診察してみるとそこそこイケメンの男の子が多いですわ、そういう人って。中には本当に「自分は不細工だ」って言ってて、本当にそんなにかっこよくなくて、どっちかっていうと平均以下の顔をしている子も中にはいるんだけど。意外にそういう子って結構イケメンだったり、でも平均レベルぐらいの顔だったりすることが多いですね。

なので、結構イケメンとか平均レベルの顔なのに、顔が原因でいじめらるって、普通に考えてあり得ないですよね。そういう子って顔じゃなくて、他のことが原因でいじめられているんですけどね。

例えば見た目がなよなよしててすごく弱々しいとか、コミュニケーション能力があんまりなくて、ちゃんと人としゃべることができないとか、そういう別の理由でいじめられていることが多いですね。でも、本人は顔が原因でいじめられている、整形したいって来るんだけれど、それは恐らく自分の何かが足りなくていじめられるのを顔のせいにしているっていう人も多いし。

中には、たまに醜形恐怖症の男の子もいますね。中学生、高校生ぐらいで発症してて、自分の顔は醜いって思い込んでて、こんな顔では人に会わせられないって引きこもってるとか、そういう性格なんでいじめられたりとか、そういう子も中にはいます、時々。でも、大部分の子は他にいじめられる原因があるのに顔のせいにしているっていう子が多いですね。

お母さんも一緒に心配しちゃって、じゃあ一緒に美容整形カウンセリング行こうかって心配になってね。結構お母さんも整形に積極的になっちゃってる子が多いんだけれど。本当はそういう子の場合は、お母さんがちょっと厳しく言ったほうがいいよね。あなたの顔はそんなに不細工じゃないし、全然悪くないから甘えないで学校行きなさいとか言うとか、持っていかないといけないんだけど。どっちかっていうとそういう男の子の親って、ちょっとあれなんですわ、一緒に心配しちゃってね、過保護過ぎて、で、美容整形に来ちゃうっていうことが多いですよね。

もしそういう男の子がカウンセリングに来たらどうするかっていうと、僕は取りあえず、誰でも、よっぽどのイケメンじゃなければ、何か整形すればちょっとは今よりは良くなるっていうのはあるじゃないですか。

例えば細い一重だったら二重作ると目がぱっちりしてよりイケメンになるし。鼻が低かったら高くすれば鼻筋通って今よりイケメンになるしって。そういうことは、説明は取りあえずしますね。何にも説明しないで追い返すのも相手を怒らせることになっちゃうから。イケメンになるんだったら、君の悪い所はこことここなので、こことここを直すとこう良くなりますよと。料金幾ら掛かって、どれぐらい腫れてとかいって。シミュレーション見せたりとかすることはまずしますけれど。

それでいじめが直るかっていうと、それはもう保証できませんって言いますね。いくら整形してよりイケメンになっても、それでいじめが直る保証はできませんと。そこから先は自分の問題ですよと言いますね。中には、場合によってはいじめられている原因は顔じゃないと思いますよ、いうことも多いですわ。だって、実際イケメンの男の子が多いんだから、結構君はイケメンだから、この顔でいじめられることはないよと、だって君よりもっと顔が不細工な男の子はいっぱいクラスにはいるし、そういう子たちいじめられていないでしょう、じゃあなんで君がいじめられるのっていう話をすることもありますけれど。

そう言ってもなかなか理解しないことが多いし、お母さんもすごい心配になって、息子が大事で息子だけを見ちゃってるから、先生何とかしてくださいって頼まれることもありますわね。場合によってはちょっときついことを言って、お母さんはそんなんだから駄目なんだよって言って、そういうことを言うこともありますけれど。いったんよく家帰って考えたほうがいいよっていうこともあるんだけど、それでもお母さんが怒っちゃうことがあるんだよね。私は大事な息子のことをすごく心配してて先生の所に美容整形しに来たのに、その態度はないんじゃないですかってね、やっぱり怒られちゃうことあるんだって。本当に息子さんのことを思って、美容整形しても君の人生良くならないし、今はもっと他に頑張ることがあるはずだって言って、お母さんももっとしっかりしなきゃ駄目だって言ったらね、やっぱりお母さんそれで逆に僕が怒られちゃうことがあるのね。

本当に向こうも怒ってて、僕も反論してってなると、お互いに信頼関係もなくなるから、もう怒って帰っちゃうっていうことも中にはありますよね。でも、それはしょうがないんだけどね。変に期待させて美容整形しても、多分それでいじめなくならないから。登校拒否も変わらない可能性があるから。

逆に顔が変わり過ぎて学校行って、おまえ整形しただろうって余計いじめられる可能性だったあるわけだから、保証できないよって言って、怒って帰っちゃうこともあるし。でも、それでもいいからやってくれって頼まれることもありますけれど。どうしてもって言われたら、これをやれば確実に今より良くなるし、不自然にならないし、傷痕もすごく目立つっていうことはないなっていうことはやることはありますけどね。それで、イケメンになることは保証するけれど、いじめが直るとか、性格が明るくなるとか、そういうことまでは保証できないよって、しっかり念を押した上でやることはありますね。

15歳だったらあんまりプロテーゼ入れたりとかはしないかな。まだ骨格がちょっと変化することがあるから、鼻とか顎のプロテーゼ入れるのはあんまないけど、二重の手術したりとか、目頭切ったりとかは、まぶたの成長とかはほぼ止まってることが多いから、目の手術は成長止まってそうだったらやるのは問題ないですけどね。あと、ヒアルロン酸で高くしたりとか、そういうこともやることはありますけれど。だから、最小限で体に負担がかからなくて、絶対にこれやれば今よりイケメンになって不自然にならないっていうことはやることはありますけど。あんまり無理にがんがん勧めることはないですけどね。そんな感じですね。

結局いじめられてる原因って、顔以外の何か必ず原因があるから、大体中学生、高校生の男の子だと、まず見た目が弱そうなのはいじめられやすいですよね。なよなよしてて、腕も細くて、眼鏡掛けててっていう男の子っていじめられやすいから、あと、勉強が全然できないとか、人としゃべるのがものすごい苦手だとか、そういう原因でいじめられやすいから、まず克服したほうが本当はいいよね。だから、大体中学生、高校生の男の子、いじめられるっていっても見た目が強そうだったら絶対いじめられないもんね。

A-スキルアップして。

幹弥先生そう。格闘技やるとか、筋トレするとか。柔道でも空手でもボクシングでもね、格闘技をすれば強そうになれば、まずいじめられることはないですよね。戦闘能力が強そうな男の子がいれば、絶対いじめようと思わないもんね。逆に返り討ちにされるって思うし、いじめるほうだって。筋トレしてベンチプレスで100キロぐらい上げれるようになれば、大胸筋も張って腕も太くなるからさ、筋トレするのもいいし、部活、柔道部とか空手部とかあれば、そういうの入るのもいいし。そういうのでコミュニケーション能力もまた付くかも分からないから、何かに打ち込んで頑張るっていうのが大事だよね。

今の時期逃してしまってずっと引きこもって、ゲームやマンガばっかりやっているとさ、本当に駄目な大人になっちゃって、本当にニートになってしまう可能性があるから。高校1年生だったら、まだ頑張って取り戻すことができると思うから、頑張ることが大事だと思いますけどね。

だから、美容整形もいいけど体を鍛えたり、戦闘能力を上げることも大事だと思いますね。戦闘能力を上げて相手を攻撃しろって言っているのではなくて、抑止力になるんだよね。見た目が強そうでがっちりしていればいじめられなくなる、攻撃されなくなるので。国と国が戦争したり、相手の国を侵略するときだって、ものすごく強力な軍隊がいて、強力な武器を持っていて、おまけに核兵器まで持ってたら、絶対そんな国を攻め込もうと思わないじゃないですか。

A-そうですね。

幹弥先生アメリカ、ロシア、フランス、イギリス、中国なんかは、もう国際的に核兵器を持つことが認められているからさ、そんな核兵器を持っているような恐ろしい国を攻め込もうなんて思わないから、それと同じで、体を大きくして筋肉を付けて、戦闘能力を高めて抑止力をつくるっていうことが大事だと思いますけどね。

A-なるほど。

幹弥先生そうそう。男の子の場合はね。また、女の子の場合だと、また別の、ちょっと陰湿ないじめとかもあるから、けんかが強くなればいじめられなくなるっていう問題ではないんだけど。男の子が中学生、高校生の場合は、やっぱり戦闘能力を高めるってことが大事だと思いますね。結局いじめって絶対なくならないからね。息子がいじめられているからっていってお母さんが乗り込んで先生に言って、いじめがあるからいじめをなくしてくださいって言っても、絶対にいじめってなくならないよね。結局人間の本能で自分より弱いものをつくって、自分の自尊心を高めようっていう、絶対本能を持っている人間がいっぱいいるから、絶対いじめはなくならないから、いじめられないようにするためには自分が強くなることが一番大事だと思いますよね。

A-はい。

幹弥先生昔からの歴史が物語ってるからさ、いじめっていうのはさ。昔からさ、江戸時代って、あれあるじゃないですか。士農工商、えた・ひにんって。身分をわざとつくって、自分より下の人間をつくることによって自尊心を高めようっていうのとかさ。インドだって昔からカースト制度があって身分を分けて、自分よりすごく身分の低い者をつくることによって連帯感を生んでさ、その自尊心を高めようとか。黒人を奴隷にして働かせてたとかさ、そういうことが法律で認められていたりとか、弱い国を侵略して植民地にして搾取するとかさ。もう歴史が物語ってるから。いじめは絶対なくならないから。美容整形を頑張ることよりも、自分が強くなるとか、コミュニケーション能力を磨くとか、勉強を頑張るとかしたほうがいいと思います。以上です。

A-分かりました。では、いじめの多くは見た目でなく別の理由があるということを、まずは親御さんが受け止めて強い男の子になるよう教えてあげないといけませんね。

幹弥先生そうですね。本当はそうなんだけど、なかなか難しいんですけどね。ここに来ている、来る時点でお母さんも整形すれば良くなるって思い込んじゃってる人が多いから、戦いになっちゃうこともあるんですけどね、医者とお母さんとの戦いになってしまって。じゃあ、まずこれだけやりましょうかってなっちゃうことはあるんだけどね。取りあえず。確かに一重で目が細いから二重にして華やかしい印象に、まずそれだけやりましょうかって、ちょっとだけ勧めちゃうこともあるんだけれど。まあ、基本は他に原因がある場合は、整形してもいじめ解決しないことがあるってことをしっかりと頭の中に入れたほうがいいですけどね。

A-はい。幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大