何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■歯科矯正は美容整形ですか?黒子除去は整形ですか?脱毛は?逆さまつ毛手術は?フォトフェイシャルは? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

歯科矯正は美容整形ですか?黒子除去は整形ですか?脱毛は?逆さまつ毛手術は?フォトフェイシャルは?
どこからが整形とか、どこまでが整形とかあるんですか?
患者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・06・16
出演:高須幹弥医師

歯科矯正は美容整形ですか?黒子除去は整形ですか?脱毛は?逆さまつ毛手術は?フォトフェイシャルは?

A-では、幹弥先生、本日もよろしくお願いいたします。

幹弥先生はい、お願いします。

A-本日は20代、女性、ブログ読者さまからのご質問です。いつも幹弥先生のブログやYouTube動画を見て勉強させていただいています。先日、インターネットでいろいろ見ていたら、私の好きな女優さんが過去に歯科矯正をしていたことが書かれていました。そのことに関してネットユーザーの人たちは、その女優さんのことを整形済みとか、整形女とか、書き込みしていました。

先生に質問なんですが、歯科矯正は整形になるんですか。他にもアートメークとか、ボトックスとか、逆さまつげ手術とか、歯を白くする治療とか、どこからが整形とか、どこまでが整形とかあるんですか。詳しく教えていただきたいです。よろしくお願いいたします。

幹弥先生分かりました。歯科矯正は整形ですかっていう質問ですよね。

A-はい。

幹弥先生多分その人が聞きたいのは、あ、あの人整形だってとかって、整形だってさげすむような言い方をされるのが嫌だってことですよね。だから、何が整形で何が整形じゃないのか教えてっていうことだと思うんだけれど、非常にそれは答えるのが難しい質問ですね。

そもそも美容整形とか整形っていう言葉自体が造語であって、本当はそんな言葉ないんですよね。正式には美容整形は美容外科学ですね。美容外科っていうのが正しいですね。手術をするのは美容外科で、あとはレーザー系の治療、皮膚科的な治療は美容皮膚科っていう、そういう標榜科目であって、整形する、整形するって造語であって正式な言葉ではないんですよね。でも、造語なんだけどそれが広く一般にわたってみんなが使ってるから、もう一般的な言葉に今なってるんですけど。

なので、美容整形の定義っていうものがないからはっきりと答えられないんですけど、でも、どうしても答えてくれっていうんだったら、例えば美容外科の定義ってなると、機能的とか欠損したものを修復するのではなくて、あくまで美容目的で治療を加える外科手術を美容外科って言いますよね。それ以外のレーザー系のとか、照射系の治療は美容皮膚科っていうわけですよね。そういうのだったら答えられるけどね。結局整形か整形じゃない、その境目を教えてっていうことなんだけれど、答えられないんで、しょうがないから僕なりに答えようと思います。

歯科矯正は整形ではないです。歯科矯正ってそもそも歯並びが悪い人を治療して正常な歯並びにするっていう治療ですよね。なので、手術ではないもんね。なので、僕なりに答えると整形ではないと。

でも、健康保険ではできなくて、自費治療になるんだよね。税法では美容整形手術とかは医療費控除の適用にならないっていうのがありますよね。ちょっと歯科矯正が医療費控除になるかどうか分からないんだけど、多分ならないんじゃないかな。整形か整形じゃないかって言われれば、整形じゃないっていうのでいいと思いますけどね。

俗に言う整形ですよね。分かりやすい俗に言う整形っていうのは、シリコン入れて鼻高くしたり、ヒアルロン酸入れて高くしたり、一重の人を二重にしたりとか、明らかに正常な人を、形を変えて美しくするのは整形ですわね。でも、歯科矯正もそういったら整形か。そうだよね。だって、歯並び悪いの普通で、それをきれいに整えるんだから、でも機能的には向上しますわね。だし、世界中で広く一般的にやられているわけだし、美容外科医がやるものではないし、歯科矯正っていう確立した学問もあるわけだし、あの人整形だってっていう整形ではないから、じゃあもう僕が決めます。歯科矯正は整形じゃない。

それ以外にもいろんなのがありますよね。これは整形か、整形じゃないかって。例えば歯科のホワイトニングとか、逆さまつげ修正とか、眼瞼下垂とか、ピアスとか、傷痕修正とか。一応微妙なのを列挙したので、順番に言おうと思います。

まず、歯科のホワイトニング、これは整形じゃない。僕が勝手に決めます。整形じゃない。

逆さまつげ修正手術。逆さまつげっていう、それは機能的に悪い状態ですよね。まつ毛が目に当たる状態ですよね。それはもう害がありますね。角膜に傷が付いて、視力が最悪落ちるとか、そういうこともあり得るから、逆さまつげを直すのは、これは整形じゃない。ただ、上まぶたに関しては逆さまつげの手術をすると二重になります。逆さまつげの人って大抵一重だから、二重になります。なのでかっこよくなったり、かわいくなったりします。なので、切開の二重と同じようなことをするから、一見整形したように見えるけど、でも機能を改善しているものだから、これは整形じゃない。結果的に成形したと同じことになるけど、逆さまつげ修正手術は整形じゃない。

眼瞼下垂の手術は、これはやっぱり機能的に目が開かない状態の人、非常に開きが悪い人、生活に不自由してて、肩が凝ったり頭痛がひどい人を健康保険で治す場合は、これは整形じゃないです。美容整形のクリニックで自費で治療する場合も、機能的に悪い状態を治すんだったら、これはもう整形じゃないです。でも、美容整形と同じ料金がかかります。うちだったら70万円に消費税かかりますけど、機能的なものを改善するんだったら整形じゃないんだけど。黒目が半分以上出ている状態なのに、あえて眼瞼下垂の手術をして、もっと目をパッチリ開けるって言うんだったら、これはもう健康保険の適用には本来ならないし、美容目的なので、それは整形です。

ピアス、ピアスは、これも整形じゃないでいいです。厳密に言えば整形なのかも分からないけど、あれ、整形だってっていうのには入らないかも、僕が決めます、整形じゃない。

あとはボトックスの治療。例えば眉間とか目尻に打ってしわを目立たなくするっていうの、これはもうもちろん整形です。アンチエイジングだから美容整形です。えらに打ってえらを細くするのは整形です。小顔にするわけだから、これは整形。

ただ、歯ぎしりとか顎関節症の対症療法でえらボトックスすることがあるんだけど。これは僕が決めます。これは整形じゃないです。ただ、小顔のボトックスと同じ効果があるので、小顔になります。副産物で小顔になるけれど、これは整形じゃないです。

多汗症のボトックス、これはもう整形じゃないでいいと思います。汗が多くて困っているわけだし、これは整形じゃないですね。

あとは、傷痕修正手術。これも整形じゃないです。これはもう健康保険でやることはあるし、傷が付いてしまったのを目立たなくきれいに修正手術をするわけだから、これは整形じゃないです。

あと、ガミースマイルの治療、これは整形じゃないかなって思いますね。やっぱりガミースマイルって別に普通にいっぱいいるわけだし。機能的には問題なくて、でも、歯茎が出ると何となく見た目があんまり良くないから、それを治すんで、手術にしろ、ボトックスにしろ、これは整形だと思いますね。

あと、脱毛、レーザー脱毛、針脱毛、これは微妙な線引きなんだけど、もう僕決めます。これね、整形じゃない。もう脱毛ぐらい勝手にやってください。整形呼ばわりされたくないから、整形の定義を教えてくれっていう質問だから、そういう人には僕、決めます。整形じゃない。

フォトフェイシャル、ポラリス、サーマクール、ウルセラ、これは厳密に言えば美容整形です。ただ、手術ではなくて皮膚科的な治療ですね。レーザーとか光とか当てて。実際に表面とかが変化するし、引き締まる。美しくなるわけだから、これは美容整形です。美容皮膚科でいいと思います。

あと、糸のフェイスリフト、これはもうもちろん美容整形です。もう手術だし、美しくする、若くするものだから。

あと、立ち耳とか柔道耳、これは微妙ですね、これ美容整形じゃなくていいと思いますわ。柔道耳はもちろん見た目がぼこぼこして格好悪いのを正常に近づけるものだし、あるいはイヤホンが入らないぐらい耳がふさがっている人なんかを正常に近づけるんだったら、美容整形でないし。立ち耳は、海外では立ち耳ってみんな手術するんですわ。悪魔の耳みたいで縁起が悪いから手術するし、これは美容整形ではない。

アートメークは、これは美容整形じゃないでいいと思います。これは実際医者がやるっていうのはあんまりないですね。医者がやる場合もあるんだけど、大体普通のお店で素人がやってますよね。普通に背中とか腕に入れ墨入れるのもそうだし、皮膚に針を刺して色素を注入するっていう、ほとんど医療行為をやってて、厳密に言えば、これ違法なんだけれど、普通にみんなやってますよね。これはもう広くやられているから美容整形じゃないでいいと思います。

あとは点滴。美白点滴とか、プラセンタ注射。これももう普通にビタミンとかアミノ酸とか点滴するだけだから、これはもう美容整形じゃなくていいと思います。イオン導入も、これ美容整形じゃなくていいと思います。

あとはほくろを除去したり、あざの治療をするのは、これは例えばほくろががんの疑いがあって、それを切除して病理の検査に出すとかだったら、もちろん美容整形じゃないんだけど。ここにほくろがあって、かっこ悪いからレーザーで取りましたっていうのは、厳密に言えば美容整形だと思いますわ。

ただ、最近アイドルとかでも「ほくろがあってレーザーで取ったもん」とか、普通にカミングアウトしちゃうわけですよ、ほくろぐらいだったら。でも、ほくろ、僕が整形だって言うと、僕が整形認定をしたっていうことになってたたかれるかも分からんけれど、あるとかっこ悪いほくろを取るんだったら、僕美容整形の範疇だと思いますわ、美容目的だから。

あと、あざの治療。あざは太田母斑とか、血管腫とかの治療は、これは美容整形ではないです。健康保険でもやります。

あとは植毛手術。植毛手術は美容整形です。毛がない人を植えるわけだから、美容整形です。プロペシアの内服とか、注射の治療で毛を生やすのも、これは整形じゃなくていいと思います。手術じゃないし。

あとは鼻を骨折して、それを整復したり、骨切りして整復するのは、これは整形じゃないです。これは修復する手術だから、整形じゃないです。そんなところですかね。適当にぱーっと決めちゃいましたけれど、こんなところですわ。

ちょっと、きょうはとりとめのない話になってしまいましたが。でも、患者さんってよく白か黒かをはっきりさせたがる人いるじゃないですか。「これってたるみですか、脂肪ですか」って聞いてくるけど、「大抵の人ってたるみもあって、皮膚もたるんでて脂肪もあるわけで、両方です」って言うんだけど、やたら「これはたるみなんですか、脂肪なんですか、皮膚なんですか」とか聞いて、白か黒かはっきりさせようとするけれど、別にはっきりさせなくていいんだよね。

目のくまの治療でも、「これは脂肪ですか、くまですか」とか。脂肪があってその下が陰になっているからくまなんだよって、くまなのか脂肪なのかとか決めなくていいですよね。

A-はい、そうですね。

幹弥先生シリア人は白人ですか、黄色人種ですかっていうようなもんですから。人間を全部白人か黒人か黄色人種に区別しようとか、無理をするようなことだから、グレーゾーンっていうのがあるから、別にはっきり決めなくていいけど。やっぱりやたらそういう質問してくる人がいるんですよ、ブログのコメントでも。「歯科矯正は整形になるんですか」って、「ほくろ取りは整形なんですか」とか聞いてくるから。だから、僕なりにさらっと答えましたんで、この質問はもうこれから答えません。以上です。

A-分かりました。今回は非常に難しい質問でしたが、お答えいただきありがとうございました。

幹弥先生はい。どうでもいいことだと思いますよ、今回は。そうです。それでいいと思います。

絶対これは整形だっていうものは整形だし、例えば切開二重とか、フェイスリフトとか、どう考えても整形は整形だし。エステでマッサージするとか、ころころローラーするとかはもう絶対整形じゃないけど、どっちなのか分からないグレーゾーンのものあるけど、もうどっちでもいいと思います。適当に僕決めました。これで勘弁してください。おしまいです。

A-分かりました。幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大