何故、私は手術動画をアップするのか?

教えて、幹弥先生!

■ハーフ顔がコンプレックスです。美容整形で日本人顔にすることはできますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

ハーフ顔がコンプレックスです。両親は日本人なのですが、家系的にハーフっぽい顔なのか、よく他人からハーフだと思われて嫌な思いをしています。美容整形で、ハーフ顔から日本人顔にすることはできますか?20代女性ブログ読者様からの質問に高須幹弥がお答えします。

公開日:2016・07・07
出演:高須幹弥医師

ハーフ顔がコンプレックスです。美容整形で日本人顔にすることはできますか? 高須クリニック高須幹弥が動画で解説

A-では、幹弥先生、本日もよろしくお願いいたします。

幹弥先生はい。お願いします。

A-はい。本日は、二十代女性、ブログ読者さまからのご質問です。私はハーフ顔なのが悩みです。両親は日本人なのですが、家系的にハーフっぽい顔なのか、よく他人からハーフだと思われて嫌な思いをしています。ハーフ顔から日本人顔に整形することはできますか。よろしくお願いいたします。

幹弥先生はい、分かりました。時々同じようなお悩みの患者さんいらっしゃいます。ハーフコンプレックスとかってよく言うんだけれど、ハーフ顔なのがコンプレックスで、日本人の顔になりたいっていう人、よくいらっしゃいます。それが、本当にハーフの人もいらっしゃれば、日本人なんだけれど、なんかハーフっぽい、彫りの深い顔の人っているじゃない。それでハーフと間違えられて、日本人っぽい顔に整形したいっていう人は時々いらっしゃいます。

で、じゃあ、どんな手術があるかっていうと、例えば鼻が西洋人ぽく大きくて、わし鼻だったりすれば、ハンプ切除して骨切り幅寄せして、スッとした鼻にするってことはあります。あるいは、どっちかっていうと西洋人はシャープな顔つきで、この辺の肉がないんだけど、日本人は、もうちょっと頬骨とか、えらが張ってて、丸顔に近いんで。この辺にヒアルロン酸を入れて膨らましたりとか、そういうこともするし。

あるいは極端に蒙古襞がないことによって、目頭がわの粘膜、涙球が丸見えになってる場合なんかは、蒙古襞形成して、蒙古襞作ったりとかすることは時々あるんですけれど。それをやって、その人が美人になるんだったら、やればいいと思うんだけれど。その人もそうなんだけれど、ハーフ顔が嫌で日本人の顔になりたいっていうわけだもん。

さっき僕が言った手術をすれば、ちょっと日本人の顔には近づくんだけれど、やっぱり本当にハーフっぽい顔の人とか本当のハーフの人って、全く日本人の顔にすることって、ほぼ不可能なんです。いろんなさっき言った手術とか、あるいは、えらにプロテーゼ入れてえらを作ったりとか、頬骨にプロテーゼ作ったりとかも、あるんだけれど。どことなく違和感のある顔になりがちなので、僕のアドバイスとしては、もう、日本人の顔にしようって思わないで、ハーフの顔を受け入れることがいいと思います。

だって典型的な日本人ののっぺりした顔の女の子が、「ハーフっぽくなりたい」って来る子のほうが圧倒的に多い。そういう子は日本人の顔は嫌で、ハーフのタレントとかモデルさんに憧れて「ハーフっぽくなりたい」って言って、幅広平行型二重作ったりとか、目頭切開きつめにやったりとか、鼻を極端に高くしたりとか、額に骨セメント入れて額出したりとか、あごを出したりとか、いっぱい手術をして、何とかしてハーフに近づこうとするわけ。そういう人もいるわけであって、たまたまその人はハーフっぽい顔がコンプレックスなわけなんで。そのハーフっぽい顔を受け入れて、美容整形したいんだったら、より、かわいいハーフの顔になればいいと思うんです。

A-なるほど。

幹弥先生結局日本人って、ほぼ単一民族国家で、大和民族がほとんどを占めてるから、典型的な日本人の顔の人がほとんどであって。たまにハーフっぽい人がいると、なんか疎外された感じになっちゃうっていうのはある。

例えば、小学校とかで、本当にハーフの子がいたりすると「外人」ってずっと言われて、中にはいじめられたりとかするから。そういう幼少期の経験とかがあると、自分がハーフっぽい顔なのが嫌で、みんなと同じになりたいっていう気持ちで、日本人顔になりたいって思ってんだけど。やっぱり日本に住んでるハーフの人とか、やっぱり、みんなそういう悩みを持ってる人がいるんだけど、いつか気持ちを切り替えて。もう、悩んでてもしょうがないから、ハーフなんだからいいじゃないかって、そのまま生きてくわけ。

ハーフにはハーフのメリットもあるわけであって、やっぱり特に白人とのハーフなんかは、色が白くて、目鼻立ちがはっきりしてて、目が大きくてっていう、みんなが憧れるのがあるから。だからモデルさんとか、タレントとかでもハーフで人気がある人っているわけだから。それを武器にして生きていく方が本当はいいです。

どうしてもないものねだりで、自分が何となく世の中でうまくやってけないのは、このハーフっぽい顔のせいだって思ってる人なんかは、治したいって思うけど。実際にはそんなにそれは別にデメリットになってるわけじゃなくて、受け入れて生きていくのがいいと思います。だって生まれつき大きな病気を持って生きてきたわけじゃないんだから、ハーフぐらい受け入れて、かわいいハーフになればいいと僕は思います。やっぱり、貧乳の人は巨乳に憧れるし、巨乳の人は貧乳に憧れるし、ないものねだりになるから。ハーフだっていうのを武器にして生きていけばいいと思います。

日本だから、ハーフ顔だと、周りと違うから何となく疎外感があるんだけど、アメリカとかベルギーとか、いろんな民族がいる国に行けば、全然なんにも疎外感もないわけだし。多分こういう人って、いろんな初対面の人に「ハーフなの?」とか聞かれると思う。毎回。それが正直、もう、うっとうしくなってるのかも分かんない。毎回「あれ、ハーフなの、君」って聞かれて「いや、ハーフじゃないんです」ってなると、またこの質問かってうんざりしちゃうから、そういうのも嫌だから、日本人の顔になれば、そう聞かれることもないだろうって思ってんのかも分からないけど。もうそれもしょうがない。しょうがないから、もう、「ハーフなの」って聞かれたら、もう、ギャグかまして「いや、私はお父さんアメリカ人で、お母さんがフィリピン人なの」とか適当にギャグかまして、「いや、おまえ日本人だろ」って誰かにつっこんでもらうとか。それぐらいプラスに考えればいいと思いますけど。

ということで、僕は医者として、ハーフ顔の人が日本人の顔になりたいっていうのは、あんまりそれ、美容整形でやるのは勧めしません。やっぱりどことなく違う民族の顔にしようとすると、違和感が出ますんで。やっぱり白人は白人で、皮膚が薄くて、骨格の凹凸があってって、土台が違うから。違う民族の顔にしようと無理やりやると、どことなく違和感のある顔になります。逆に典型的な日本人の顔の人を西洋人の顔にしようとすると、やっぱりどことなく違和感のある顔になって。

よくあるのは、かわいい日本人の顔の女の子を、「ハーフになりたい」って言って、無理やり骨セメントを入れてあご出して、彫り深くしてってやると、ハーフじゃなくて、ニューハーフの顔になっちゃうってことがよくある。結局男っぽい顔になる。ゴツゴツすると。やっぱり土台が微妙に違うのに、無理して西洋人に近づけようとすると、無理があって、どことなく違和感の顔になるから。

やっぱりその民族の人は、その民族の中のかわいい顔になるっていう方がおすすめで、強いて言うなら、ちょっとハーフっぽい要素を入れて、かわいらしさを出してもいいかなとか、それぐらいはあるけど、あまり無理して違う種族の、違う人種の顔になろうとするのはおすすめしません。はい。じゃあ、そんなところです。

A-はい。分かりました。ハーフ顔の人は美人やイケメンが多いイメージですので、ポジティブに受け入れられるといいですね。

幹弥先生そうでしょう。絶対そうでしょう。

A-そうですね。

幹弥先生そんなコンプレックスと感じなくても、考え方によってはハーフ顔になりたいという患者さんがいっぱいいて、そういう人、もう、何百万円と使って美容整形して、あんまりかわいくなってない人だっているわけ。でも、その人はもともとがハーフ顔なんだから、何百万円得してる上に自然なハーフ顔になってるんだから、得してる。もう、それぐらいにプラスに考えればいいと思います。

A-そうですね。

幹弥先生はい。気持ちを切り替えて。もう、できないことはできないんで、気持ちを切り替えて、プラス思考で生きていく方がおすすめです。はい。以上です。

A-分かりました。幹弥先生、本日もありがとうございました。

幹弥先生ありがとうございました。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

※効果には個人差があります。

文字サイズ
小 中 大