もっと詳しく美容整形を勉強したい方のための Dr.高須幹弥の美容整形講座

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

顔の施術について

二重まぶたの手術をした後、太ったり痩せたりするとどうなるのか?

よく、二重まぶたのカウンセリングのときに患者様から、「手術で二重にした後、太ったり痩せたりしたらどうなりますか?」と質問を受けます。

誰でも太ればまぶたに脂肪がつき、厚ぼったくなり、痩せれば薄くなります。元々二重の人も埋没法や切開法で二重にした人も、太ってまぶたが厚くなれば、目を開けたときの二重のラインの上にのるまぶたのボリュームが増えるので、目を開けたときの二重の幅は少し狭くなります。逆に痩せると目を開けたときの二重のラインの上にのるボリュームが減るので、目を開けたときの二重の幅は少し広くなります。しかし、まぶたが痩せすぎて窪んでしまうと、二重のラインの上にのるボリュームがなくなり、二重のラインがなくなってしまったり、窪んだところに新たに二重のラインができてしまったりします。

埋没法の場合は、太ってまぶたが厚くなると、結んだ糸が脂肪の圧力で緩み、二重が戻りやすくなることがあります。特にそれは幅の広い二重を作った場合に起こりやすいです。ミニ切開法や全切開法の場合は、術後に太ってまぶたが厚くなっても、二重が外れて戻ってしまうことはありません。

手術時にまぶたの脂肪を切除した場合は、術後に太っても、まぶたに少し脂肪がつく程度で、脂肪を取っていない人に比べてまぶたが厚くなるのはわずかですみます。逆に、手術時にまぶたの脂肪を切除した後、痩せた場合は、元々厚ぼったかったまぶたが更に薄くなるため、すっきりして、きれいな二重になることが多いです。