へそ形成

短期間の簡単な施術で
でべその悩みを改善

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

へそ形成の特徴

「おへそをきれいに見せたい」という女性がとても増えています。水着になったときだけでなく、ファッションの多様化で日常生活の中でもおへそが見える機会の多くなった日本女性。でべその方は、できたら治しておきたいと常々思っているようです。
でべその治療は、表面をカットして形よく縫合するというものです。15〜30分程度の施術で、きれいなおへそが手に入ります。
また、赤ん坊に多いへそヘルニアは、妊娠や肥満などが原因で大人にも起こることがあります。赤ん坊のものより健康面への影響が出やすいので、治しておくことをご検討ください。へそヘルニアの治療では、空いてしまったヘルニアの門を縫合によって閉じることで、再発を防ぎます。

施術料金

へそ形成
単純に出ベソを切除縫縮する場合 ¥150,000
ヘソヘルニアや複雑な手術になる場合 ¥200,000〜300,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

手術前のデザイン解説

出べそ(臍ヘルニア)修正手術の手術前解説です。

単なる出べそとへそヘルニアの違いとは?

出べそにはいわゆる「単なる出べそ」と「へそヘルニア 」があります。

単なる出べそというのは、へその奥からポコっと固い結合組織の固まりが出ているだけのもので、出べその大部分を占めます。

特徴としては、出べその中心を指で押しても形が変わらないことや、立った状態でも仰向けに寝た状態でも形が変わらないことです。

お腹の中とは交通していないので、局所麻酔をしてメスで切り取って縫合するだけの簡単な手術で済みます(だいたい、15〜30分くらいで終わります)。

一方へそヘルニアというのは見た目は単なる出べそとほとんど変わらないのですが、お腹の中と交通して繋がっているのが特徴です。

通常はへその下の腹筋は固く閉じていますが、へそヘルニアの人はへその下の腹筋に小さな穴が開いており(ヘルニア門といいます)、その穴からへその出っ張っている部分に腹水(お腹の中を流れている水)や腸が入り込んで膨らんでいます。

へそヘルニアの特徴としては、出べその中心を指で押さえると引っ込み、指を離すとまだ出てくることや、立った状態だと出べそで、仰向けに寝ると引っ込むといったことです。

治療は開いている穴(ヘルニア門)を縫合して腹水や腸が出てこないようにする必要があり、単なる出べその手術に比べて手間がかかり時間もかかります(30〜60分くらいです)。

また、1週間くらい軟膏ガーゼをへそに詰めて固定する必要があります(単なる出べその手術の後は固定しないことがほとんどです。

正常なへその解剖(断面図)

ヘルニアを伴わない通常の出べそ

へその位置の左右の腹直筋は閉まっており、へそと腹腔内(お腹の中)は交通していない。

へそヘルニア

へその位置の腹直筋が左右に開いており、穴が開いている状態になっている(ヘルニア門)。

それにより、腹腔内(お腹の中)とへそが交通している状態になっているため、腹水がへそにたまり、へそヘルニアになる。

ヘルニア門が大きいと、へそに腹水のみならず小腸が入り込み、巨大なヘルニアになることもある。

へそヘルニアの症例。
妊娠、出産後にへそヘルニアになってしまった。

立った状態のときに、指でへそを押すとヘルニアが引っ込む。
これがへそヘルニアの証明になる。
単なる出べその場合は指で押しても引っ込まない。

ヘルニアを伴わない通常の出べその手術

出べその余分な皮膚と結合組織をメスで切開する。

余分な皮膚と結合組織を含めて切除。

切除した部分の皮膚を縫合する。

単純な出べそを治療した症例写真

Before
After
単純な出べその症例。
余分な皮膚と結合組織を切除縫合するだけで綺麗な窪んだへそになった。

へそヘルニアの手術

へそヘルニアの部分の皮膚を切開し、ヘルニア門を出す。

腹直筋の部分の腹壁の筋膜を縫合し、ヘルニア門を閉鎖する。

へその部分の皮膚を縫合する。

へそヘルニアを治療した症例写真

Before
After
へそヘルニアの症例。
ヘルニア門を閉鎖する根治手術を行った。
綺麗に窪んだへそになった。

施術動画をキャプチャ(写真)で解説 ※血が苦手な方はご遠慮ください

こんな方はご検討ください。
  • でべそを治したい
  • 妊娠や肥満でおへそが飛び出してしまった

症例のご紹介

妊娠、出産してからなってしまった出べそ(臍ヘルニア)を手術で治した女性の症例写真

Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、出べそを治したいというご要望で来院されました。
患者様曰く、元々出べそではなく、普通の窪んだへそだったのですが、妊娠、出産の後、出べそになっていたとのことでした。
診察させていただいたところ、へその膨らんでいるところを指で押すと凹みました。
また、へその奥のほうを触ると、小さな穴があり、臍ヘルニアであることがわかりました。
手術は、臍ヘルニア根治手術に準じて行い、局所麻酔下に、へその膨らんでいる部分の皮膚を観音扉状に切開して、ヘルニア門を探しだし、ヘルニア門を縫合閉鎖しました。
ソフラチュール(抗生剤軟骨のついた網目状のガーゼ)を丸めてへその窪みに嵌め込み、1週間ガーゼとテープで固定しました。
手術後は出べそは治って、綺麗に窪んだへそになりました。
元々正常なへそだったのに、妊娠、出産をきっかけに臍ヘルニアになってしまうことはよくあります。
その場合、放置していても自然に治ることはありませんが、根治手術をすれば治すことができます。

この症例写真の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

へそ形成

単純に出ベソを切除縫縮する場合 ¥150,000 / ヘソヘルニアや複雑な手術になる場合 ¥200,000〜300,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 15〜30分程度
術後の通院 1〜2回
術後の腫れ ごくわずか(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 予約に空きがあれば可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
シャワー 創部がぬれなければ当日より可能
術後の運動について

手術の内容によって2つに分かれます。

それは、へそヘルニアの手術か、へそヘルニア以外の手術かです。

へそヘルニアは、生まれつき、妊娠、出産、肥満などの原因により、へその皮膚の下の腹壁に穴(ヘルニア門)が空いており、お腹の中の腹水や小腸がその穴からへその表面に出てきて膨らむタイプの出べそです。

へそヘルニアの手術は、ヘルニアにならないように、ヘルニア門をしっかりと縫合して閉じる必要があります。

ヘルニアの手術をして間もないときに、腹筋運動などの腹圧が強くかかる運動をすると、縫合したヘルニア門が裂けて、ヘルニアが再発してしまう可能性があります。

そのため、へそヘルニアの手術をした後、1ヶ月は腹圧が強くかかる運動(腹筋運動、スクワット、デッドリフト、ベンチプレス、柔道、プロレスなど)はしないようにしていただきます。

強い腹圧がかからない運動(ウォーキング、ジョギングなど)は、1週間後くらいから徐々に始めていただいて大丈夫ですが、どんな運動でも多少は腹圧はかかるので、無理をしない程度に始めてください。

へそヘルニア以外の手術(ヘルニアではない単なる出べその手術、へその形を変える手術など)の場合は、手術後に腹圧をかけないようにすることをそれほど注意する必要はありません。

手術後3日目くらいから、自分の体と相談しながら、軽いウォーキングくらいから始めていただいて大丈夫ですが、あくまで手術をしているので、1週間くらいの間は無理をしないようにしてください。

リスク・副作用・合併症について

ドクターズボイス

高須幹弥医師

美容のためにも健康のためにも、治しておきたいでべそ。短時間の手術で治せるので、ぜひこの機会に検討してみてください。