脂肪注入で唇をふっくら厚く

自分の脂肪でセクシーな唇へ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
施術中の痛みやアレルギーはありますか?
A
高須幹弥医師

クリーム麻酔と局所麻酔を併用してから行いますので、施術中の痛みは感じません。また、ご自分の脂肪を注入しますので、アレルギーの心配はありません。ヒアルロン酸注入についても、もともと人の体内にある成分なので、心配しなくてもよいかと思います。

Q
脂肪注入の場合は、どのくらいの定着率ですか?
A
日下志厳医師

個人差はありますが、脂肪の定着率は約50%です。どれくらい唇を厚くしたいかのご希望にもよりますが、定着率を十分に考慮したうえで、注入量を調整して施術を行います。注入部位や量についての詳細は、カウンセリング時に現在の状況を拝見し、ご希望を丁寧にうかがった後、担当医とじっくり話し合って決めることになります。

Q
唇が薄いので、厚くしたいです。どんな治療法がありますか?
A
高須幹弥医師

唇を厚くする方法としては、ヒアルロン酸注入および脂肪注入の2つの施術を行っております。ヒアルロン酸の場合の効果持続期間には個人差がありますが、通常約1年間は十分な効果実感を得ていただけます。半永久的にふっくらとした状態を保たれたい場合は、脂肪注入をご提案しています。尚、脂肪注入の脂肪の定着率は、約50%です。

Q
整形では口を大きくすることは無理なのでしょうか?
A
日下志厳医師

唇を厚くすることは可能ですが、口そのものを大きくすると目立つ傷が残ってしまいます。唇を厚くする場合は、ヒアルロン酸注射または脂肪注入で簡単に行えます。ヒアルロン酸の場合は、通常約1年間は十分な効果実感を得ていただけます。半永久的にふっくらとした状態を保たれたい場合は、脂肪注入をご提案しています。