診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

切除縫縮手術

大きなほくろ・イボ・あざをすっきりオフ
傷跡も目立たず、きれいな仕上がりに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
切除縫縮手術の場合、傷跡は残らないですか?
A
清水弘己医師

皮膚を切るので多少は残りますが、およそ1年位で髪の毛より細い1本の白い線のようになります。部位によっては手術後3ヶ月前後の間、テーピングをすることでより目立ちにくくなります。できるだけ傷跡が目立たなくなるアフターケアなどもご指導させていただきます。

Q
術後、痛みはありますか?
A
鵜飼潤医師

ほとんどありませんが、多少の内出血、腫れ、赤み、熱感などがでることもあります。個人差はありますが、いずれも数日で治まることが多いようです。尚、患部が安定するまでは、お化粧をお控えいただいています。

Q
切除縫縮手術の場合、再発はないのでしょうか。
A
服部良光医師

切除縫合でもレーザーでも、確実にほくろを切除してしまえば再発の心配はありません。再発は根っこが深いほくろを治療した場合、一部ほくろの細胞が残っていることにより起こる、ごく稀なケースです。

Q
良性と悪性のほくろの見分けはどのように行うのでしょうか?細胞診を行ってから処置を行う場合もあるのでしょうか?
A
高須幹弥医師

まずは視診を行います。明らかに悪性の皮膚腫瘍というのは、形がいびつだったり黒い色が周りの皮膚にしみ出ていたり、急激に大きくなっていたりという特徴があります。明らかに悪性であれば当院ではなく、大きな病院の皮膚科を受診していただくことになります。悪性なのか良性なのか、視診だけでは見極めがつかない場合は切除して病理の検査に出します。明らかに良性であれば炭酸ガスレーザーあるいは切除縫縮で、当院で普通に処置します。

Q
ほくろはどのようにして取るのでしょうか?
A
谷奈保紀医師

小さいほくろを取るにはレーザーを用います。ほくろにレーザーを反応させてほくろの細胞を分解します。処置した跡はカサブタになり、1週間ほどで剥がれます。カサブタの上からお化粧も可能です。カサブタが剥がれてから、2〜3ヶ月かかってから赤味が抜けて、他の皮膚と同じ色になります。ほくろが5mm以上の大きいものやほくろのある場所によっては、レーザーではなく手術で皮膚ごと切り取る方法もご提案しています。切り取って縫ったほうが、仕上がりがきれいな場合がありますので、その判断は診察で医師が詳しくご説明させていただきます。

Q
顔に大きなほくろがあり気になっています。大きなほくろはレーザーで取れますか?
A
高須敬子医師

大きなほくろは切って縫い縮めることもあります。大きいほくろの場合、レーザーでの治療では治療跡が目立ってしまうことがあります。皮膚ごと切って縫い縮める手術のほうが、レーザーよりも術後の状態がきれいで目立たなくなることもあります。手術時間は15分程度です。傷跡は3ヶ月〜半年くらいできれいに目立たなくなります。1週間後の抜糸までは傷跡は濡らさないようにしてください。その後は日常生活に支障はありません。