マッサージピール

肌表面を傷つけず、肌の奥からピーリング

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
より効果を高めるための施術などはありますか?
A
高須英津子医師

マッサージピールは単独での治療でも効果はありますが、他の治療と組み合わせることで更なる相乗効果を期待することができます。
より高いハリの効果を求める方には、トリニティプラスの治療を一緒に行うことがおすすめです。肌表面のトリートメントを行いつつ、より高いコラーゲンの生成を促すことができます。
マッサージピール自体は施術時間もわずか15分程度と短い時間で終了するため、他の施術と組合せやすいのも魅力のひとつです。

Q
マッサージピールとケミカルピーリングの違いは何ですか?
A
藤田ゆかり医師

ケミカルピーリングは肌表面に溜まった古い角質を取り除き、肌表面をすっきりと整えるもので、ニキビやくすみに効果がある治療法です。
マッサージピールは皮膚を剥離することなく、皮膚の深いところにある真皮細胞に働きかけてコラーゲン生成を促すことで、肌のハリや弾力を出す治療法です。
このように働きかける肌の層が違うため、得られる効果が異なります。
・ケミカルピーリング→肌の表面の層(表皮)
・マッサージピール→肌の表面よりも深い層(真皮層)

Q
肌のハリをしっかり出したいのですが、何回くらいで効果がでますか?
A
高須英津子医師

1回の施術直後から効果を実感頂けますが、定期的に回数を重ねることでコラーゲンの生成作用を更に高めることができます。
当院では1クールを6回の施術とし、2〜3週間に1回の施術を受けられることをおすすめしています。

Q
施術後は赤くなったり皮がむけたりしませんか?
A
藤田ゆかり医師

施術後に軽度の赤みやほてり感を生じることはありますが、保湿や冷却をして頂ければ軽減します。
皮ムケに関しては、マッサージピールをすることによって肌のターンオーバーが促されるため、施術数日後に軽度の薄い皮ムケを生じることがあります。その場合は十分な保湿をして頂ければ改善されます。