診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

RF&ダイオードレーザー

毛穴、しわ、たるみ、ニキビ跡を
トータルケア

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
仕事で、長期のお休みが取れません。腫れが少ない施術を紹介してください。
A
高須敬子医師

焦点式(ハイフ)超音波システムやRF高周波エネルギーシステム、RF&ダイオードレーザーなどの照射系の施術は、術後に腫れはありません。施術直後は多少お顔が赤くなる場合もありますが、お化粧で隠せる程度。そして、約1日で治まります。吸収糸を使った頬のたるみ治療等の糸を入れる治療の場合、腫れは半日程度。フェイスリフトなどの切開手術は、1週間〜10日間位となります。

Q
施術回数と間隔はどのようにするのがよいでしょうか。また、RF高周波エネルギーシステムとRF&ダイオードレーザーを組み合わせる場合は、どのようにするのが良いでしょうか?
A
清水弘己医師

まず、RF高周波エネルギーシステム施術の1ヶ月後にRF&ダイオードレーザーを行うのが効果的です。その後は、メンテナンス的に6〜12ヶ月間隔位でRF高周波エネルギーシステムを行うと、美しい肌の状態が保たれ、より整っていく効果も期待できます。老化は1日1日進んでしまうものですが、これを食い止めて美肌あり続けるでための定期習慣として、お役立てください。

Q
20代なのですが頬のたるみが気になります。
A
高須英津子医師

お若い方ですので光や高周波治療で改善できるかと思います。
お早目の対処であれば早く改善できます。
IPLRF(光と高周波治療)で透明感のあるキメ細やかなプルプルお肌になります。たるみなど気にならなくなると思います。さらにパワーの強いRF&ダイオードレーザー、RF高周波エネルギーシステム等、状態に応じて医師が適した施術をご提案いたします。

Q
頬やアゴの下のたるみを改善したいのですが、どの様な方法がありますか?
A
日下志厳医師

現在、様々な治療法があります。
地球に重力がある限り、「たるみ」は老化現象として避けられないものですね。お顔のたるみには、皮膚を引き上げるフルフェイスリフトの手術やメスを使わず糸をお顔に挿入して引き上げる吸収糸を使った頬のたるみ治療もご検討ください。また高周波の熱によって皮膚を引き締める治療のRF高周波エネルギーシステムは、お顔にメスも注射も一切使いません。施術後に腫れも出ませんので、日常生活に全く支障がありません。たるみがひどくなる前の予防策として受けられますと、将来のたるみを強力に予防します。

Q
顔のにきびの跡を綺麗にしたいのですがどのような方法で治せますか?
A
高須英津子医師

にきび跡はいわば肌の傷跡ですので、決まった方法はなく、ご状態に合わせて、治療にはケミカルピーリングやRF&ダイオードレーザー、高周波点状照射治療器などの様々な治療法があります。
診察の上、その方にあった方法を診断し、ご提案しております。治療期間は短いものも、長いものもあります。

Q
かなり多めのにきび跡が気になります。深い跡もいくつかあります。どのような治療がありますか?
A
高須英津子医師

にきびの凹凸には、その状態に合わせて様々な治療方法があります。塗り薬で2〜3ヶ月かけて治していくトレチノイン治療、レーザーや光治療の方法があります。当院はさまざまな肌治療機器を数多く揃えておりますが、凹凸の深い場合は完治は難しい場合があります。カウンセリングでは、医師が詳しく診察し、患者様にあった治療方法をご提案させて頂きます。

Q
RF&ダイオードレーザーはどのような人に向いていますか?
A
高須敬子医師

たるみ、しわ、毛穴、にきび・にきび跡などの改善を望まれる方にご検討いただいております。たるみに関しましては、手術を受けるまでではないが、手軽に改善を図りたい方に向いている施術です。お一人おひとりの状況や改善したい程度によっては、より効果の高い施術やRF&ダイオードレーザーとの併用によって効果を高める方法もありますので、ご来院のうえご相談ください。

Q
RF&ダイオードレーザーとRF高周波エネルギーシステムの違いを教えてください。
A
服部良光医師

RF高周波エネルギーシステムとRF&ダイオードレーザーの違いは照射の深さです。RF高周波エネルギーシステムは、皮膚深部2〜3mmの深さに作用し、RF&ダイオードレーザーのエネルギーが有効なのは、皮膚の浅いところ(0.5〜1.5mm)での照射。
タイプの異なるエネルギーを照射する事で、皮膚の下部をダブルに引き締め、シワ・たるみ、皮膚表面の毛穴まで改善できます。
*真皮層まで届くRF高周波エネルギーシステムの効果が表れている期間にRF&ダイオードレーザーを併用する事で効果が高くなります。

Q
焦点式(ハイフ)超音波システムとRF&ダイオードレーザーの違いは何ですか?
A
高須英津子医師

焦点式(ハイフ)超音波システムは皮膚深部4.5mmにまで超音波熱エネルギーが到達することで、皮膚の下の筋膜が引き締まることによって引き上げ効果があるのに対して、RF&ダイオードレーザーは電気エネルギーを表皮から真皮に与えることでコラーゲン生成を活性化し、ハリと弾力をよみがえらせます。

Q
RF&ダイオードレーザーにはどのような特徴がありますか?
A
高須英津子医師

皮膚の表面にダメージを与えず、ピンポイントで真皮層を刺激することができ、照射直後から肌がぐっと引き締まった実感が得られるのが特徴です。フェイスラインや頬の高い位置で、施術前より肌のハリや弾力を実感できるでしょう。

Q
首と顔の同時施術は可能でしょうか?
A
高須英津子医師

可能です。同時に行うことで、顔や首が引き締まるだけでなく、フェイスラインもさらに引き締まり、二重あごに効果があります。

Q
人に気付かれずに治療を受けることは可能ですか?
A
高須英津子医師

傷痕がないので、全く他人に気づかれることのない治療です。

Q
ダウンタイムはどのくらい必要ですか?イベントの直前に受けても大丈夫でしょうか?
A
高須英津子医師

メスや注射を一切使わないことに加え、RF&ダイオードレーザーは独自のクーリングシステムにより施術後に腫れも出ないため、ダウンタイムはほぼありません。少しほてったりする感じがありますが、メイクも施術直後から可能です。
なお、パーティやイベントの1週間ほど前でも効果はありますが、施術後1ヶ月かけてコラーゲンが生成され、さらに肌が引き締まり、ハリが出てきますので、1ヶ月前に受けていただくのがベストなタイミングだといえます。