眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象から
ぱっちりの目元へ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

眼瞼下垂(がんけんかすい)

ビフォー・アフター

症例写真,眼瞼下垂(がんけんかすい),Before,ba_ganken27_b.jpg
Before
症例写真,眼瞼下垂(がんけんかすい),After,ba_ganken27_a01.jpg
After
高須幹弥医師からのコメント

60代女性の老人性眼瞼下垂患者様です。
老人性眼瞼下垂というのは、加齢によりまぶたを開ける筋肉が衰えて、目が開かなくなる状態のことを言います。
症状が進むとこの方のように目が細くなり、目の上が窪み、老けてやつれた表情になってしまいます。
手術はまぶたを2cmほど切開し、まぶたを開ける筋肉を前転しました。
術後は程よくまぶたが開くようになり、目の上の窪みも改善しました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る