眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象から
ぱっちりの目元へ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真

ビフォー・アフター

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,Before,ba_ganken45_b.jpg
Before
症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,After,ba_ganken45_a01.jpg
After
症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,After(目を閉じた状態)<br (6ヶ月後),ba_ganken45_a02.jpg">
After(目を閉じた状態)
(6ヶ月後)
症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,Before,ba_ganken46_b.jpg
Before
症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,After(6ヶ月後),ba_ganken46_a01.jpg
After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、全体的に目が小さいのが悩みで、目を一回り大きくしたいという御要望でした。
一重まぶたでまぶたの開きが悪い上に、蒙古襞が発達して、目と目が離れていたので、眼瞼下垂手術と目頭切開をすることになりました。
眼瞼下垂手術は、目を閉じた状態で約6mmの位置で切開し、挙筋腱膜を前転し、瞼板に固定しました。
眼窩内脂肪はわずかに切除しましたが、ROOFは切除していません。
皮膚切除もしていません。
目頭切開は完全に蒙古襞がなくならないように、Z法で内側に約2mmずつ広がるようにしました。
術後は狭い末広型の二重になって、まぶたの開きが大きくなり、広かった目と目の間隔のバランスが良くなりました。
まぶたの開きを良くして、自然に目を大きく見せたい場合は、この症例のように狭い二重にするほうが良いです。
無理して幅広い二重を作って眼瞼下垂手術をすると、まぶたの開きは良くなっても、まつ毛の生え際に皮膚が被さってしまい、あまり目が大きく見えなくなることがあります。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

目頭切開

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症

術後の経過

手術前

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,手術前,mainpic_ganken10a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。

手術直後

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,手術直後,mainpic_ganken10b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。

1週間後

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,1週間後,mainpic_ganken10c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後の抜糸直後です。

2ヶ月後

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,2ヶ月後,mainpic_ganken10d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

2ヶ月後です。

6ヶ月後

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,6ヶ月後,mainpic_ganken10e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後です。

症例写真,目頭切開+眼瞼下垂手術で小さい目を一回り大きくした症例写真,,mainpic_ganken10f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

6ヶ月後の目を閉じた状態です。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る