眼瞼下垂(がんけんかすい)

重たいまぶたの印象から
ぱっちりの目元へ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真

ビフォー・アフター

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,Before,ba_ganken54_b.jpg
Before
症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,After(8ヶ月後),ba_ganken54_a01.jpg
After(8ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代男性の患者様で、左右非対称の目を治したいというご要望でした。
診察させていただいたところ、右目が眼瞼下垂で、左目よりもまぶたの開きが悪い状態になっていました。
眼瞼下垂の原因ははっきり分かりませんでしたが、患者様の話を聞くと、先天性+後天性の眼瞼下垂であると予想されました。
手術は右目の眼瞼下垂手術をすることになりました。
なるべく左右対称にするため、左目の二重のラインに合わせて切開し、上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板に前転、固定し、短縮しました。
皮膚の切除は行いませんでした。
二重のラインを作るために必要最小限の脂肪は切除し、積極的にたくさんの脂肪は切除しませんでした。
術後は二重のラインの幅、形、まぶたの開きがほぼ対称になりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

眼瞼下垂(がんけんかすい)

片目(通常の手術の場合) ¥350,000 / 両目(通常の手術の場合) ¥700,000 / 片目(筋膜移植の場合) ¥550,000 / 両目(筋膜移植の場合) ¥900,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症

術後の経過

手術前

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,手術前,mainpic_ganken14a.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術前です。
右目の眼瞼下垂手術をすることになりました。

手術直後

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,手術直後,mainpic_ganken14b.jpg
高須幹弥医師からのコメント

手術直後です。
局所麻酔の影響などにより強く腫れています。

1週間後

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,1週間後,mainpic_ganken14c.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1週間後です。
抜糸をしました。
手術直後よりだいぶ腫れは引いています。

1ヶ月後

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,1ヶ月後,mainpic_ganken14d.jpg
高須幹弥医師からのコメント

1ヶ月後です。
さらに腫れが引きました。

3ヶ月後

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,3ヶ月後,mainpic_ganken14e.jpg
高須幹弥医師からのコメント

3ヶ月後です。
かなり腫れが引きました。

8ヶ月後

症例写真,片目の眼瞼下垂を手術で治し、ほぼ左右対称にした症例写真,8ヶ月後,mainpic_ganken14f.jpg
高須幹弥医師からのコメント

8ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

この施術の症例一覧へ

この施術の他の症例写真を見る