診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

頬をふっくら・脂肪注入

ゲッソリこけた頬は若さ美しさの大敵
自分の脂肪を注入して、ハリに満ちた頬へ

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

頬をふっくら・脂肪注入の特徴

ゲッソリとこけた頬は不健康な印象を与えるばかりか、実年齢よりも老けて見られがち。さらに頬骨が浮かび上がるので、輪郭が角張ってギスギスした雰囲気になってしまいます。そんな悩みに効果を示すのが、脂肪の注入により頬をふっくらさせる方法です。
まず、自分のお腹や太ももから余分な脂肪を吸引。吸引した脂肪から良質な脂肪細胞をより分け、頬へ丁寧に注入していきます。施術時間は約60分。
自分の脂肪を注入するので、肌に馴染みやすく、見た目、触り心地ともに、自然に仕上がります。肌に吸収される率が低いので、自然なボリューム感が半永久的に保たれます。

尚、効果は一定期間ですが、ヒアルロン酸を注射して頬をふっくらさせる方法もあります。どちらが自分に向いているか、検討してみてください。
→頬をふっくら・ヒアルロン酸

丁寧な工程で、脂肪の定着率を高める

注入した脂肪は、本来は体に吸収されやすいもの。吸引した脂肪から良質な脂肪細胞をより分け、脂肪幹細胞、血液中に含まれるは白血球とPRP(血小板成長因子)を一緒に注入することで、脂肪の定着率を高めています。そして定着した脂肪は永久に残るため、効果は半永久的に持続します。特別なメンテナンスも必要なく、自然に老化していくため、将来、年を取って、形が崩れたり、変形するなどのことはありません。

施術料金

頬をふっくら・脂肪注入
脂肪注入 ¥600,000
※脂肪吸引代を含む

【東京、横浜、名古屋、大阪】

こんな方にオススメ!
  • こけた頬をふっくらさせたい
  • 健康的で若々しい美しいを取り戻したい
  • 若返りビューティーと同時に、お腹や太ももの脂肪を取りたい
  • 半永久的な効果を望んでいる

症例のご紹介

顔面脂肪注入 頬とこめかみに脂肪注入

Before After
高須幹弥医師からのコメント

痩せているために、落ち窪んでいたこめかみと頬。頬骨が目立ち、やつれて見られるのが気になっていた方です。脂肪を注入したことで頬骨が目立たなくなり、イキイキとした表情を取り戻しました。
頬骨が目立っているから、頬を削るというのは短絡的すぎますね。大きな手術をしなくても、ご覧のように悩みは改善できるのです。また、脂肪を注入することによって肌にハリが出てたるみも目立たなくなります。顔面脂肪注入には総合的な若返り効果もあるので、おススメですよ。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 60分
術後の通院 1回
術後の腫れ 大きな腫れは約1週間(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能(予約状況等にもよります)
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔 or 全身麻酔
シャワー 当日より可能
洗髪 当日より可能
術後の痛みについて

脂肪吸引後の痛みは、言葉で表現するなら、「強い筋肉痛のような痛み」です。高須クリニックで行っている脂肪吸引は、全身麻酔で行う場合であれ、局所麻酔のみで行う場合であれ、吸引する部位にチュームセント液(薄めた局所麻酔液)を注入して吸引する「ウェットメソッド」です。

ウェットメソッドで脂肪吸引した場合、手術直後はチュームセント液の局所麻酔が効いているため、痛みはほとんどありません。術後2〜4時間くらい経過すると、局所麻酔が切れてきて、徐々に痛みが出てきます。
5〜6時間くらいで、ほぼ局所麻酔は切れ、「強い筋肉痛のような痛み」になります。痛みは手術当日の夜くらいがピークで、1週間後の抜糸の頃には「軽い筋肉痛程度の痛み」くらいになり、その後は徐々に痛みがなくなっていきます。
因みに、ピークのときの「強い筋肉痛のような痛み」というのは、普段運動をしていない人が激しい運動をしたとき、翌日から翌々日にかけて襲ってくるあの痛みのようなものです。そのため、短距離を軽く歩いたり、家で家事をしたり、オフィスで事務仕事をするといったことはほぼできます。

脂肪吸引の術後には、痛み止めの内服薬などを処方させていただきますが、これは頓服薬として処方させていただくものなので、痛みがそれほど強くなければ飲む必要はありません。実際には、「思ったより痛くなかったので、痛み止めの薬は使いませんでした」と術後におっしゃる患者様も多いです。

脂肪吸引後の運動についての注意点

脂肪吸引を受けた当日から抜糸するまでの約1週間は、短い距離を歩く、家事をする、赤ちゃんを抱っこするなどの動きや、事務仕事をする程度のことは可能です。
それ以上の激しい運動などは、吸引した部位に負担がかかったり、血行が良くなることにより、吸引した部位の腫れや痛みが強くなることがあるのでお控えください。

約1週間後の抜糸が終われば、軽い運動から始めていただいて大丈夫です。軽いウォーキングや、吸引した部位以外のエクササイズ、筋力トレーニングなどから徐々に始めていきましょう。ただし、まだ痛みや腫れが残っている頃なので、運動をして痛みや腫れが強くなるようでしたら無理はせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。

手術後2週間経過した頃には、痛みや腫れはだいぶ落ち着いているので、吸引した部位のエクササイズや筋力トレーニングも軽めの動作から始めていただいて大丈夫です。ただし、痛みや腫れが強くなるようでしたら無理をせず、自分の体と相談しながら徐々に体を慣らしていってください。

手術後4週間経過した頃には、痛みや腫れはかなり治まっているので、もう何をしていただいても結構です。ジムに行って全身エクササイズ、全身の筋力トレーニングなど普段通りの運動をしていただいて大丈夫なので、運動をお楽しみください。

脂肪吸引後のシャワーや入浴についての注意点

脂肪吸引は、カニューレという3mm程度の細い管を挿入して皮下脂肪を吸引する手術です。そのため、吸引する部位の皮膚を何ヵ所か数mm程度小さく切開します。
切開した傷口は細い糸で縫合し、約1週間後に抜糸します。傷跡は手術した日を入れて3日間は濡らさないようにしてください。傷跡を濡らさないようにしていただければ、シャワーを浴びることは可能です。

例えばお腹の脂肪吸引をした場合、下半身にシャワーを浴びる、軽く下半身浴する、頭や顔を洗うことは可能です。このとき、傷を濡らすと取り返しがつかないことが起こるわけでなく、なるべく濡らさないようにしていただく程度で大丈夫です。例えば、傷に水道の水がちょっとかかったくらいでは何も問題はないので、濡れてしまった傷を綺麗なタオルやティッシュで拭いていただければ大丈夫です。
また、特に術後3日間は、体が温まると血行が良くなり、腫れが出やすくなるので、体が温まり過ぎない程度にシャワーや部分浴をしていただくのが良いです。

手術3日後(手術当日は0日後、手術翌日が手術1日後、手術翌々日が手術2日後と数えます)からは傷は塞がっているため、濡らしても大丈夫です。
頭から全身にシャワーを浴びても、石鹸やボディーソープで体を軽く洗っていただいても大丈夫ですが、傷をタオルなどでゴシゴシ擦るのはおやめください。傷に石鹸やボディーソープがつくのは問題ありません。
また、全身を湯船に浸けて入浴するのは、念のため、まだ避けてください。

約1週間後の抜糸が終われば、普通に入浴したり、全身を石鹸やボディーソープで洗うことができます。

術後のサポーター着用について

脂肪吸引の術後に着けていただくガードルやサポーターは、術後の腫れを予防する効果があります。
ガードルやサポーターを着けることにより、吸引した部位に適度な圧迫がかかり浮腫みが出にくくなります。通常、脂肪吸引をした直後から着けていただき、最低1ヶ月、可能であれば3ヶ月程度、着けていただくのが望ましいです。

できれば1日中着けていただきたいのですが、シャワーを浴びるときや、入浴の際は外していただいて構いません。それ以外の場合でも、どうしても外したいときは、外していただいても構いません。
着けないからといって何か大きな問題が起こるわけではありません。特に顔の脂肪吸引の場合は、長期間にわたり一日中フェイスバンドをすることは難しいかと思います。会社や学校に行っている間はフェイスバンドを外し、家にいる間は着けていただくのが望ましいです。
なるべく長時間着けていただいたほうが、術後の浮腫みや腫れが引きやすくなり、回復が早くなります。

ガードルやサポーターは、患者様ご自身で準備していただいても構いませんが、高須クリニックが提携しているメーカーのものを販売させていただくこともできます。また、術後1週間は、貸し出しもできます。
脂肪吸引をした部位、範囲、サイズによって、それぞれ適したガードルやサポーターがあります。詳しくはカウンセリングの際に、看護師が説明させていただきます。

顔用サポーター(フェイスバンド)

顔用サポーター(フェイスバンド)の着用イメージ

二の腕用サポーター

二の腕用サポーターの着用イメージ

二の腕〜背中用サポーター

お腹〜ウエスト〜背中用サポーター

お腹or胸用サポーター

お腹用サポーターの着用イメージ

ふくらはぎ〜太もも用サポーター

太もも用サポーター

ふくらはぎ〜太もも用サポーターの着用イメージ(表)

ふくらはぎ〜太もも用サポーターの着用イメージ(裏)

リスク・副作用・合併症について

術後の内出血について

脂肪吸引の術後は、程度の差はあれ、必ず内出血が起こります。

一般的には、
・採る脂肪が多いほど内出血が強い
・ベテランの上手な医者のほうが内出血が軽く、手術の下手な医者、新米の若い医者のほうが内出血が強い
です。

採る脂肪が多いほど、手術時間が長く、皮下脂肪の中をカニューレがたくさん往復することになるため、必然的に内出血は強くなります。また、手術の下手な医者、新米の若い医者が脂肪吸引をする場合、カニューレで細い血管を傷つける確率が高くなるため、内出血が強く出ることが多いです。
当然、元の内出血が強いほど引くのに時間がかかります。軽い内出血であれば、10日程度でほとんど引いてしまうこともあります。強い内出血の場合、完全に引くまで4週間くらいかかることもあります。平均すると2〜3週間くらいで引いていきます。

使用するカニューレ

高須クリニックでは、なるべく内出血が出ないように、エピネフリン、メイロン、リドカインなどを混ぜたチュームセント液(希釈した局所麻酔液)を用いたウェットメソッドで脂肪吸引を行います。
ウェットメソッドで脂肪吸引を行うと、チュームセント液で脂肪が柔らかくなり、綺麗にたくさんの脂肪を取ることができます。さらに、エピネフリンの作用で血管が収縮して血管を傷つけることがなくなるため、非常に内出血が起こりにくくなります。

また、ベテランの手術の上手な医者が極細のカニューレを用いて綺麗に丁寧に脂肪を吸引するため、最小限の内出血ですむので、ご安心ください。

ドクターズボイス

高須幹弥医師

しぼんでいる頬をふっくらさせると、肌のハリが出てしわが目立たなくなり、肌のキメまで整ってきます。頬をふっくらさせる方法にはヒアルロン酸注入という方法もあり、注射だけの手軽さと、デザイン度の高さからこの方法を選ばれる方も多いです。ですが脂肪注入には、効果が永久に持続するという魅力があります。あなたの気持ち、そして望んでいる効果に合わせて、選んでください。