ボツリヌストキシン注射(ガミースマイル修正)

口を開く筋肉へのアプローチで
笑うと大きくのぞく歯茎を見えにくく

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
出っ歯にも効果がありますか?
A
奥田裕章医師

出っ歯への効果はありません。このガミースマイルを改善する施術の目的は、手術の場合もボツリヌストキシン注射の場合も、笑った時に出る歯肉(歯茎)の露出を減少させることです。出っ歯治療をお考えであれば、やはり歯科で出っ歯っている歯を矯正するか、または形成外科で骨切りによって骨格を後退させる手術が必要となります。

Q
施術後は、口もとの形がおかしくなることはありますか?
A
高須幹弥医師

思いっきり笑った時に歯茎が全く見えない状態では、不自然に感じます。最も自然な状態というのは、軽く笑った時に歯茎がほとんど見えない状態で、思いっきり笑った時には少し歯茎が見える状態です。
この手術では術後の仕上がりがこのような状態となることを目指し、当院では経験豊富な医師がバランスを見ながら施術を行っていきます。

Q
ボツリヌストキシン注射は、どのような効果があるのでしょうか?
A
清水弘己医師

口を開く筋肉の動き和らげることで、笑った時に上唇が過剰にひっぱられるのを止めてくれます。これによって、歯茎が出にくくなるのです。尚、ボツリヌストキシンの効果は、施術後3〜4日くらいから徐々に出始め、個人差はありますが、通常半年〜1年持続します。また繰り返し打つことで、持続期間が長くなることがあります。

Q
ボツリヌストキシン注射は、身体に安全な物ですか?
A
服部良光医師

当院のボツリヌストキシンは上質な製品を使用しております。尚、ボツリヌストキシンは、しわやエラを目立たなくするなど様々なトラブル改善に使用され、多くの臨床例があります。また、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)の方に注射することは健康保険の適用もあり、厚生労働省にも認可を受けております。