診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

吸引法

軽度のわきが臭の方に
日頃のお手入れがぐんとラクに

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

よくある質問

Q
この施術は永久的なものですか?再発の恐れはありますか?
A
奥田裕章医師

ニオイの原因となるアポクリン汗腺を吸引して取り除きますので、効果は基本的に半永久的なものです。最終的には手術前の状態よりも50%位、ニオイが少なくなっている状態に収まります。吸引法は軽度のわきが臭の方に向いている治療法です。ニオイが強い方の場合は、吸引法+剪除法や剪除法をご提案することが多くなります。

Q
匂いも強いし、汗の量も多い方だと思います。ただ、なるべく日常生活の制限のない手術を受けたいです。吸引法でも効果はありますか?
A
日下志厳医師

汗に関しては効果はごくわずかです。匂いに関しては約50%位減らす事ができます。ですから匂いが強い方は吸引法では十分に満足頂けない事が多いのでむしろ剪除法の方をご検討ください。ただ、剪除法はダウンタイムがあります。吸引法は確かにダウンタイムが少ない方法ですが、臭いが強度の人の場合は効果の点において、やはり十分なご満足が頂けない場合が多いです。

Q
わきがの手術を受ける場合、初診の日に手術を受けられますか?
A
奥田裕章医師

はい、カウンセリングの当日に手術することも可能です。ただし、わきがの手術には「吸引法」「吸引法+剪除法」「剪除法」の3種類があり、どの手術法を行うかによって、後日改めてお越しいただくこともあります。初診では診察をはじめとしたカウンセリングのみになる場合もありますので、予約の際にご確認ください。

Q
吸引法や吸引法+剪除法は、施術中や術後には痛みがあるのでしょうか?
A
清水弘己医師

麻酔クリームを塗ってから極細の針で局所麻酔をした後に施術を行いますので、術中にあまり痛みを感じることはないでしょう。また術後も、大きな腫れや痛みの心配はありません。尚、患部を濡らさなければ、当日からシャワーも可能です。ただし、術後1〜2週間は患部を圧迫固定する必要があります。また、約7日後には抜糸のためにご来院いただきます。

Q
そこまで暑くないのに服の脇のところをみるとかなり濡れてて、しかも白いYシャツがちょっと黄ばんでいます。やっぱりこれってわきがでしょうか?
A
日下志厳医師

わきがの方はご自分では臭いを感じない事があります。
これは人間の鼻は同じ臭いを長時間嗅いでいますと鼻が麻痺してしまうからです。洋服に黄色いしみが出来る方もわきがの兆候があると言われております。遺伝によるものが多いといわれています。耳垢が湿っぽい方や、腋の下が黒ずんでいる方、毛深い方などに多いようです。一番正確な診断は全くの他人(特に医師は多くの患者様と接していますので間違いありません。)が汗の臭いを確認する事になりますので一度診察にお越しください。

Q
においが気になってきたので、今まで制汗スプレー等でにおいを抑えてきたのですが、汗の量も多く少し動いたりするだけで汗をかいてしまいます。未成年なのですが手術は行ってもらえるのですか?
A
谷奈保紀医師

はい、未成年の方でも手術は可能です。ワキなどの体臭は、成長期にニオイが強くなってくることがよくあります。制汗剤で抑えられない程度になってきたのでしたら、手術もお考えになってもよろしいかと思います。早い方で12〜13歳くらいで治療をすることもあります。ただし、未成年の場合は親族の同意が必要です。ご両親などとよくご相談なさってください。

Q
以前から汗をよくかく体質でしたが、脇の下の汗の量がすごく多いのです。暑いなどの実感が無くても(真冬の寒い時期などでも・通年)脇の下からの汗は止まりません。また、臭いも気になります。手術したほうがいいのでしょうか。
A
森本剛医師

治療方法を医師とご相談されることをご検討ください。
汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。汗の元となるのはエクリン腺で臭いの元となるのはアポクリン腺です。ただ、汗もそのままにしておきますと臭いの元となります。多汗症の方には剪除法という脇の下を切開して汗腺を取り除く手術とボツリヌストキシン注射で汗を抑制させる方法とございます。生活状況、ご事情もあるかと思います。治療方法、術後の経過等確認の上、医師と御相談される事をご検討ください。

Q
わきがの様に強い匂いはしませんが、夏になると衣服が黄ばむ事が有ります。この場合はどの様な治療が可能でしょうか?
A
服部良光医師

服が黄ばんでいるということは、わきがである可能性が高いです。わきがというのは、自分自身は臭いに慣れてしまって気がつかないことも多いので、一度、診察でニオイのチェックをした方がよいと思われます。わきがの場合はニオイの強さに応じて三段階の治療法があり、お一人おひとりに合わせて適切な方法をご提案いたします。