診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

リストカット・根性焼き

社会では不利になる傷跡を
それとは気づかれない状態に

 

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。

料金表示に対するご注意
Webページ上で掲載されている価格は税抜き表示となっております。ご来院時の消費税率にて精算させていただきます。
当サイト以外に記載されている各施術料金は、価格が古いものや誤った価格が掲載されていることがあり、その価格にてお受けすることが出来ない場合もございます。
正しい料金については、当サイトをご確認して頂くようお願いします。

リストカット・根性焼きの特徴

痛みを課すことで自分の存在を確認する「リストカット」、自分の強さを示すために行う「根性焼き」。こうした傷跡が腕などの人目につく部分にたくさんあると、社会の色々な場面で不利になります。就職活動が上手くいかなかったり、職場で陰口の対象になったり、友人や恋人ができにくかったり・・・自分自身でもいつも後ろめたい感覚を抱え、何事にも消極的になりがちです。
ナイフやタバコの火で何箇所もつけた傷跡を、完全に元通りの皮膚に戻すのは難しいもの。けれども、切除縫合やアブレーションによって、リストカットや根性焼きには見えない違う形の傷に変えることができます。

【切除縫合】1本の傷に変える

  • 皮膚を切除して縫い合わせることで、ガラスで切ったような傷跡に。
  • 手術時間は、20〜30分程度。1週間後に抜糸をして終了。

【アブレーション】広範囲の場合は面で治療

  • 切除縫合では対応できない広範囲の場合は、専用の機器で皮膚表面を細かく剥離。
  • 仕上がりは、熱湯をかぶってできた火傷のような傷跡に。
  • 手術時間は範囲にもよるが、60分未満であることが多い。
  • 術後しばらくは赤く盛り上がっているが、時間の経過とともに赤みが引いて平らになってくる。

アブレーションに使用する機器

施術料金

リストカット・根性焼き(切除縫合)
顔面の傷跡を単純に縫合する場合の目安 1cm ¥50,000
顔面以外の傷跡を単純に縫合する場合の目安 1cm ¥25,000

※また、単純に直線で縫合するのではなく、複雑な手術になる場合は料金が割増になります。
※根性焼きの切除縫縮は1個¥50,000〜100,000が目安です。

【東京、横浜、名古屋、大阪】

リストカット・根性焼き(アブレーション)
ハガキ大 ¥500,000

【東京、横浜、名古屋、大阪】

手術前のデザイン解説

分割切除1回目、術前の状況について解説します。

こんな方にオススメ!
  • 後ろめたい気持ちを抱えている
  • 就職活動が上手くいかない
  • 他人にジロジロ見られる
  • 自分に自信が持てない
  • 人生をやり直したい

症例のご紹介

リストカットの傷跡を2回に分けて完全に切除縫縮した症例写真

Before After(2回目手術後2年6ヶ月)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、左腕のリストカットの傷跡を気にされていました。
診察させていただいたところ、4cm程度の長さの傷跡が無数に横に並んでいました。
このような傷跡は完全に消すことはできないため、CO2レーザーでアブレージョンして、面で火傷の跡のようにしてしまうか、切除縫縮して線の傷跡にしてしまうかになります。
この傷跡の場合、傷跡の長さが4cm程度で、それほど長くなかったため、2回に分けて切除縫縮して、線の傷跡にすることになりました。
通常、1回目の手術と2回目の手術の間隔は6ヶ月以上空けることになりますが、この患者様に関しては、患者様の都合で1年空けました。
2回の手術で完全にリストカットの傷跡は切除され、1本の細い傷跡になりました。
1本の縦の傷跡になって、怪我によってできた傷跡のようになったため、周りの人から見て、リストカットの傷跡だとは思われないようになりました。

その他の症例写真を見る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 10〜60分程度(治療方法、範囲による)
術後の通院 0〜数回程度
術後の腫れ 1週間〜1ヶ月程度(治療方法、範囲による)
カウンセリング当日の治療 小範囲であれば可能な場合あり
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔+局所麻酔
シャワー 当日より可能

リスク・副作用・合併症について

手術後に処方する抗生剤や痛み止めなどの内服薬のアレルギーの可能性について

高須クリニックでは、手術後に、抗生剤や痛み止めなどの内服薬を処方させていただいています。

非常に稀にですが、これらの内服薬を飲むとアレルギーを起こす方がいらっしゃいます。

もし、これらの内服薬を飲んだ後に、発疹(薬疹)、顔面浮腫(顔が強く腫れて浮腫んだ状態になります)喘息様症状、呼吸困難などの症状が現れたら、それらの薬の内服は中止していただく必要があります。

そのことは手術後に患者様にお伝えするようにしているのですが、時々、患者の自己判断で、アレルギー症状が出ても、「薬を飲まないと不安だから」という理由で内服を継続されてしまう方がいらっしゃいます。

その場合、非常に危険なので、アレルギー症状が出た場合は、必ず処方された薬を中断してください。

以下に処方する薬について詳しく説明させていただきます。

〈痛み止めについて〉

痛み止めに関しては、ロキソプロフェンNaの内服薬(ロキソプロフェン錠)やボルタレン座薬を処方することが多いですが、アスピリン喘息の方や、過去にNSAIDsでアレルギーが出たことのある方が、ロキソプロフェン錠やボルタレン座薬を使用すると、喘息症状やアレルギー症状が出る可能性があります。

そのため、そのような方には、ロキソプロフェン錠やボルタレン座薬は処方せず、代わりにカロナール錠(アセトアミノフェン)を処方させていただくことがあります。

カロナール錠は、15歳未満の患者様で手術後に痛み止めが必要な場合に、担当の医師の裁量でお出しさせていただくこともあります(インフルエンザ脳症、ライ症候群予防のため)。

カロナール錠(アセトアミノフェン)は、ロキソプロフェンやボルタレンなどのNSAIDsとは異なる種類の非ピリン系の内服薬です。

ロキソプロフェンよりも穏やかな作用であり、炎症を抑える作用が弱く、鎮痛作用、解熱作用も比較的弱いですが、NSAIDsでアレルギー症状が出る人に対しては、比較的安全性が高いです。

〈抗生剤について〉

高須クリニックでは、術後の抗生剤に、フロモックスなどのセフェム系抗生剤、アモキシシリン、アモペニキシンなどのペニシリン系抗生剤を投与することが多いです。

これらの薬でアレルギーがでたことがある人は、テトラサイクリン系のミノマイシン、ミノトーワなどに替えることがあります。

このように、過去に抗生剤で薬疹や粘膜浮腫、顔面浮腫などのアレルギー症状がでたことがある人は、抗生剤の種類を替えて処方することができますが、何の薬でアレルギーが出たかわからない人や、薬を替えても抗生剤を飲みたくない人は、無理して飲む必要はないので、その場合は抗生剤は処方致しません。

〈何故、手術後に抗生剤を飲まなくても大丈夫なのか?〉

高須クリニックでは、昔から、手術後に抗生剤(抗生物質)の内服薬(飲み薬)を処方しています。

二重まぶた埋没法、切開法、目頭切開などの目元の手術、シリコンプロテーゼ、小鼻縮小などの鼻の手術、顎のシリコンプロテーゼ、フェイスリフト、豊胸手術など、ほとんどの手術で術後に3〜5日間程度抗生剤を処方しています。

手術中、手術後に抗生剤を投与するのは、「術中感染、術後感染の予防投与」といい、術後に創部に感染症が起こらないようにするためのものとされ、日本では昔から様々な手術で投与されてきました。

外科、心臓外科、整形外科、形成外科、耳鼻科などの科でも、手術後に抗生剤の点滴を何日間もしたり、内服薬の投与もすることが多いです。

昔からこれだけ色々な科で、手術後にたくさんの抗生剤が投与されていると、

「手術後の感染症を予防するための抗生剤投与は重要なことなんだなあ」

と思う人が多いと思いますが、実際には、美容外科や形成外科の手術に関して、「手術後に抗生剤を投与すると感染症が予防できる」というエビデンスはありません。

要するに、「手術後に抗生剤を投与すると、手術後に抗生剤を投与しなかった場合に比べて、感染症の発生率に有意差があった」という明らかなデータはないということです。

では何故、日本では昔からこんなにもたくさん手術後に抗生剤が投与されていたかというと、それは健康保険の仕組みと、病院と製薬会社のしがらみによるからです。

健康保険で診察、治療する場合、一部の例外を除くと、治療をすればするだけ保険点数は加算され、病院の収益になります。

患者さんが軽い風邪で来院されても、解熱剤、咳止め、去痰剤、抗生剤などの薬をたくさん処方することによって利益をあげます。

本来、ウィルス性の風邪に抗生剤は無効なのですが、「細菌の二次感染の予防のための予防投与」という建前で処方します。

手術をした後も、「術後感染の予防」という建前で、抗生剤の点滴や内服薬の投与を長期間行い、保険点数を増やし、利益をあげます。

しかし、必要のない薬であっても、医学的知識の乏しい患者様にとっては、どの薬が必要でどの薬が必要でないなんてことはわからないし、医者が必要と言えば必要なんだと思ってしまいます

現在、世界では、術後に抗生剤を投与することによって感染症を予防できるというエビデンスがないことから、「抗生剤を投与する場合は手術から24時間以内が望ましい」という指針がメジャーであり、整形外科の人工関節の手術や心臓外科の手術などの感染ハイリスクの手術でのみ24時間以内までに抗生剤を投与し、それ以降は投与しないのが主流です。

〈抗生剤には様々な副作用、リスクがある〉

保険診療で、医者が患者様に抗生剤を必要以上にたくさん処方しても、患者様は医学の知識が乏しいため、何も文句は言いません。

中には、「たくさん薬を出してくれた。医者に大切にされてるのでありがたい」と喜んでしまう患者様もいらっしゃいます。

むしろ、軽い風邪で受診した患者様に対して医者が、「解熱剤も抗生剤も必要ないのでお出ししません」「水分をしっかり摂ってお家で安静にしてるだけで治りますよ」と言って、診察だけして何も薬を出さないと、「あそこの医者は何も薬を出してくれなかった!」と怒ってしまう患者様もいらっしゃいます

しかし、抗生剤には様々なリスク、副作用があります。

どんな抗生剤でも、体質によっては必ずアレルギーがでる可能性があり、全身に薬疹がでたり、口の中や気道の粘膜が腫れて、呼吸困難になったり、アナフィラキシーショックで死亡する可能性もあります。

抗生剤の内服をすることにより、胃の粘膜が荒れて、胃炎になることもあります。

抗生剤によって、腸の中の腸内細菌が死んでしまい、悪玉菌が増えることにより、お腹の調子が悪くなって、下痢をしたり、便秘になることがあります。

抗生剤によって、皮膚の常在菌が死んでしまい、代わりに他の微生物が増えることにより肌が荒れたり、ニキビができたり、真菌症になって、カンジダ症やインキンタムシになることもあります。

抗生剤を長期間投与し続けることにより、身体の中で抗生剤の効かない耐性菌が増えてしまい、将来、何らかの感染症を起こし、本当に抗生剤治療が必要になったときに、抗生剤が効かない身体になっていることもあります。

健康保険で必要のない抗生剤を投与しても、患者様にとっては百害あって一利なしであり、得をするのは病院と製薬会社だけです

とはいえ、日本には薬神話というものがあり、患者様が病院に行けば、医者が薬を出してくれるのが習慣であり、薬を出さないで正しいことをする医者が少数派になってしまうのが現状です。

医者や看護師などの医療従事者達も、常に勉強して新しい知識を頭に入れ、何が正しくて何が間違っているか理屈でものを考える頭の人は、必要でない抗生剤を処方しないことを理解しますが、理屈でものを考えないで、昔から習慣的にやっていることや周りの人達がやっていることが正しいとだけ考えている頭の人は、今だに術後の抗生剤投与は絶対に必要だと考えています。

もし、美容整形手術の術後の抗生剤を処方しないと、患者様によっては、

なんでここのクリニックでは術後に抗生剤を出してくれないのですか!?

○○クリニックで手術したときは術後に抗生剤を出してくれたのに、なんでここのクリニックでは出してくれないのですか!?

術後に抗生剤も出さないなんて、酷い扱いですね!

と、怒ってしまう患者も多くいらっしゃると思います。

そのため、高須クリニックでは術後に最低限の抗生剤を処方しておりますが、もしも抗生剤を飲むことを望まない患者様がいらっしゃれば、医師にお伝えください

ドクターズボイス

高須幹弥医師

傷跡を見るたびに、後悔する。就職活動や人間関係にも不利になる。そんな現状から、抜け出しましょう!何事もなかったような状態にまで戻すことはできなくても、リストカットや根性焼きとわからなくなれば、それだけで人の目は大きく変わりますよ。