もっと詳しく美容整形を勉強したい方のための Dr.高須幹弥の美容整形講座

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

顔の施術について

胸(バスト)、鼻、顎、顔のシワなどにヒアルロン酸注射した後、妊娠して授乳しても問題ないのか?

よくメールのお問い合わせなどで、「顔や胸(バスト)ヒアルロン酸注射をした後、妊娠したり、赤ちゃんに授乳しても大丈夫ですか?何かリスクや副作用はありますか?」「鼻や顎や涙袋にヒアルロン酸注射をした後、いつから妊娠してもいいですか?」などとご質問いただきます。

私の答えは、「高須クリニックで、胸(バスト)、鼻、顎、涙袋、顔のシワなどにヒアルロン酸注射をした後、妊娠、授乳しても特別問題ありません。注射後、特別問題なければ妊娠しても大丈夫です。」です。

ヒアルロン酸そのものは、元々体内にあるムコ多糖類という物質の一種で、人体にとって安全な物質です。高須クリニックで使用しているヒアルロン酸は、バスト専用のヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)をはじめ、鼻専用、顎専用、涙袋専用、シワ専用、全てのヒアルロン酸がアメリカ製やスウェーデン製の高密度のものであり、安価で出回っている中国製、インド製、タイなどの東南アジア製のヒアルロン酸は使用しておりません。

高須クリニックで使用しているヒアルロン酸は、非常にヒアルロン酸の純度が高く、人体に悪影響を及ぼすような不純物は含まれておりません。そのため、高須クリニックで、胸(バスト)、鼻、顎、涙袋、顔のシワなどにヒアルロン酸注射をした後、妊娠、授乳しても特別問題ありません。

注射後、特別問題なければ妊娠しても大丈夫です。また、バストにヒアルロン酸注入豊胸(プチ豊胸術)が入っている状態で授乳しても、母乳中にヒアルロン酸が移行することはありませんが、もし移行することがあっても、赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはないのでご安心ください