診療科目

肌 美容皮膚科
ボディ
その他

お電話での相談も承ります。 0120-5587-35 受付時間 9:30〜22:00 ※日曜日・祝日は21:00まで

もっと詳しく美容整形を勉強したい方のための Dr.高須幹弥の美容整形講座

※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

顔の施術について

二重まぶた手術後の腫れが、でやすいケース、でにくいケース

二重まぶた手術のカウンセリングのときによく、「手術後はどれくらいで腫れが引きますか?」と質問されます。私はいつも、「埋没法の場合は3日程度、ミニ切開法あるいは全切開法の場合は1〜2週間程度で大きな腫れは引きます」と答えます。

大きな腫れが引くというのはどういう状態なのかというと、手術というのはどんな手術でも組織に炎症を起こすので、完全に炎症がおさまって腫れが引くのに、3〜12カ月かかります。しかし、大きな腫れは炎症の急性期が過ぎれば引いて目立たなくなるので、私はいつも、一番腫れているときが10だとすると、8〜9くらいの腫れが引いて、それほど腫れが目立たなく、普通に外を出歩いても違和感のないくらいの状態を、大きな腫れが引くと言ってます。

しかし、腫れの出方にも個人差があり、腫れ易いタイプと腫れにくいタイプがあります。

まず、二重の幅のデザインを広く設定すると、術後の腫れは目立ち、長引く傾向があり、逆に幅を狭く設定すると、腫れは目立ちにくく、早く引く傾向があります。二重まぶた手術後の腫れというのは、設定した二重の幅が腫れによってさらに広くなり目立つので(手術直後は二重の幅が2倍くらいになることが多いです)、設定した幅が広ければ広いほど、腫れているときの二重の幅が広くなり、腫れが目立つのです。

例えば、奥二重をミニ切開で作った場合、1週間後の抜糸の時点でほとんど腫れが気にならないことが多く、逆に、目を開けた状態で4mmくらいの幅のある二重をミニ切開で作った場合は、1ヶ月経ってもまだ腫れが気になることがあります(人によっては、腫れていて幅があるときの二重の方が気に入ってしまうこともあります)。

その他の腫れがで易い要因としては、アイプチかぶれやアトピー性皮膚炎でまぶたの皮膚に炎症がある人は術後の腫れがで易い傾向があります。元々、皮膚に炎症があって腫れている状態で手術をすれば、腫れが強く出るのは当然のことです。

アイプチでかぶれている人は、しばらくアイプチの使用を控えていただいて、ある程度かぶれが治まってから手術するのが良いのですが、ほとんどの方はアイプチを使わないで一重でいる期間が耐えられないとおっしゃるため、早くアイプチから解放してあげないと、どんどんかぶれがひどくなってとんでもないことになるので、かぶれている状態で手術をする事がほとんどです(なるべく腫れないように頑張って手術させていただきます)。

症例写真

■二重まぶた・埋没法

高須幹弥医師からのコメント

20代女性の方で、もともと6mmの末広型二重があり、とても自然で似合っていたのですが(天然の二重なので自然なのは当たり前ですが)、ご本人は幅広の平行型二重を望んでいらっしゃいました。
幅広の平行型二重は埋没法でつくると、年月をかけてだんだん幅が狭くなってきたり、いつか元に戻ってしまう可能性が高いので、ミニ切開法をご提案したのですが、ダウンタイムが取れないことや、まずは埋没法でやってみたいという理由で埋没法で行うことになりました。
アイラインを引いても十分に二重の幅が見えるのがご希望だったので、12mmの位置で二重を作りました。
術後は目を開けた状態で4mm二重の幅が見えるようになったので、アイラインを引いても二重の幅のなかで肌色の部分が十分に見える状態になりました。
幸いこの方は、生まれつきまぶたの皮膚が薄く、目を開ける力が強いほうなので、このようなかなりの幅広二重をつくっても眠たそうな目になっていないのですが、まぶたが厚ぼったくて、目を開ける力の弱い方だと眠たそうな目になることがあります。

施術前

術前です。
もともと目を閉じた状態で6mmの二重があり、目を開けると1.5mmの幅の二重が見えていました。
12mmの位置で埋没法で二重を作りました。

施術直後

術直後です。
腫れによって二重の幅が広くなっています。

1週間後(メイクなし)

1週間後のメイクなしです。
ほとんど腫れは引いています。
目を開けた状態で4mmの幅があります。

1週間後(メイクあり)

1週間後のメイクありです。
アイラインを引いても、十分に二重の幅が見えます。

※施術後(After)のメイクあり写真について

女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・埋没法

片目 ¥50,000 / 両目 ¥90,000 【全院】

二重まぶた・埋没法(二針固定)

片目 ¥90,000 / 両目 ¥170,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

高須幹弥医師からのコメント

この方は20代の女性で、元々狭い平行型の二重があり、自然でそれなりによかったのですが、目を開けた状態で見た目の二重の幅が1mm程しかなく、アイラインを書くとほとんど一重のようになってしまうのが不満で、御本人様は幅の広い平行型に憧れており、手術することになりました。
埋没法でも幅の広い平行型はつくれるのですが、広い二重だと元に戻りやすいということと、切開した方がはっきりした二重になるので切開法を選択しました。
それほどまぶたの腫れぼったさはなかったので、全切開法ではなく、よりダウンタイムの少ないミニ切開法で行いました。
術後は見た目の二重の幅が3mm程になり、しっかりとアイラインを書いてもまだ二重の肌色の部分が出るくらいになり、術前と比べても目が大きく見えるようになりました。
術前の狭い平行型と、術後の広い平行型を比べて、どちらが好きかと言われると好みが分かれるところです。
最近の若い女の子の間では広い平行型の方が人気がありますね。

手術前

術前です。元々、狭い平行型二重の方です。

手術直後

手術直後です。腫れていて二重の幅が広くなっています。広い二重をつくる方が腫れが目立ちます。

1週間後

1週間後の抜糸直後です。まだ少し腫れがあり、若干二重の幅が広いです。抜糸した翌日からアイメイクができるようになります。

3ヶ月後

3ヶ月後です。ほとんど腫れは引いています。平行型のまま二重の幅が広くなり、術前より目が大きく見えるようになりました。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・ミニ切開法(部分切開)

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症

■二重まぶた・全切開法

日下志厳医師からのコメント

1ヶ月後、腫れもおさまりパッチリとした平行型の大きな目になりました。幅の広い平行型二重になったため、キュートなギャルアイメイクも似合うでしょう。

手術前

腫れぼったい一重だった20代女性。バッチリした目を希望され、平行型の二重の手術を行いました。

手術直後

ミニ切開(部分切開)ではすっきりとした二重にはなりにくいタイプのまぶたであるため、全切開法でまぶたの余分な脂肪を排除。手術直後はまだ目が腫れています。

1ヶ月後(メイクなし)

1ヶ月後(メイクあり)

1ヶ月後、腫れもおさまりパッチリとした平行型の大きな目になりました。幅の広い平行型二重になったため、キュートなギャルアイメイクも似合うでしょう。

※施術後(After)のメイクあり写真について

女性の目もとの施術はメイクをすることを前提に行うことが多くなっております。
そのため、当院ではこれから施術を受けていただく方への参考として、メイクをしていない施術前後(Before/After)の写真のほか、 施術後(After)のメイクをしている写真も掲載しております。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について

料金

二重まぶた・全切開法

片目 ¥135,000 / 両目 ¥250,000 【東京、横浜、名古屋、大阪】

※脂肪切除をする場合や埋没法の糸を抜去する場合の費用も含まれております。

リスク・副作用・合併症