※施術方法や施術の流れに関しましては、患者様ごとにあわせて執り行いますので、各院・各医師により異なります。予めご了承ください。
※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。
※当院で行う治療行為は保険診療適応外の自由診療になります。

症例写真

60代女性に行ったミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)症例写真

ビフォー・アフター
Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)
Before After(1ヶ月後)

▼耳の周りの手術跡

Before After(1ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

60代女性の患者様で、エイジングケア目的で来院され、特に法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみを気にされてました。
この方は、「変わりすぎてバレてもいいので、しっかりとエイジングケアしたい」「切ることに抵抗はない」「1週間くらい腫れても大丈夫」ということだったので、ウルセラシステムやサーマクールCPTなどの照射系治療やイタリアンリフトや金の糸などの糸のリフトではなく、切るリフト手術を希望されていました。
頬のたるみに対する切るリフト手術は、ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトの3種類ありますが、一番マイルドで腫れが少ないミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
術後は、法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみが改善し、フェイスラインがすっきりしたのがわかっていただけると思います。
私はいつもミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)、ミディアムフェイスリフト、フルフェイスリフトをするときは、最大限にエイジングケア効果を出し、半永久的に効果を持続させるために、ただ単に皮膚を引っ張るだけでなく、リテイニングリガメントという靭帯を外して再固定し、合わせてSMASの引き上げ固定をします。

この施術の料金とリスク・副作用・合併症について
料金

ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)

¥600,000 【東京 、横浜 、名古屋 、大阪 】

リスク・副作用・合併症
術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:正面

手術前
手術前です。
法令線や頬のシワ、頬・顎・首のたるみが目立っています。
ミニフェイスリフト(頬のたるみ取り)をすることになりました。
手術直後
手術直後です。
顔の外側~耳の前にかけてやや腫れており、少し顔が突っ張った感じになっています。
顔の真ん中は腫れていないので、スカーフをすれば外に出ても手術したことはバレません。
この腫れや突っ張った感じは、1週間でだいぶ治ります。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
腫れや突っ張り感は、ほぼ完全に引いています。
法令線や頬のシワが目立たなくなり、頬・顎・首のたるみも引き締まったため、全体的にすっきりしました。

■術後の経過:耳の周りの手術跡

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
髪の毛の生え際から耳の前を切開してます。
溶ける糸で中縫いをし、表面をナイロンの糸で縫合します。
ナイロンの糸は1週間後に抜糸します。
1ヶ月後
1ヶ月後です。
傷痕はほとんどわかりません。
数ヶ月経つと、馴染んで更にわからなくなります。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大