症例写真

20代前半の痩せている女性の太ももとお尻から脂肪吸引し、バストに脂肪注入した症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

20代前半の女性患者様で、バストの脂肪注入豊胸ご希望で来院されました。
診察させていただいたところ、全体的に痩せている体型で、バストの脂肪が少なく、お腹回りや二の腕の皮下脂肪も少ないため、お腹回りと二の腕の脂肪吸引の適応はない状態でした。
下半身を診察させていただいたところ、かろうじて太もも全体とお尻の下部から多少の脂肪吸引ができる状態でした。
患者様に、「脂肪注入ではしっかりとバストを大きくすることができない」「シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術のほうが確実に大きくできるし、ヒアルロン酸豊胸という選択肢もある」ということをお話ししたところ、「シリコンみたいな異物を入れるのはなんとなく嫌だし、ヒアルロン酸は吸収されてなくなってしまうので嫌」ということであり、脂肪注入豊胸をすることになりました。
全身麻酔下にお尻の下部と太もも全体から脂肪吸引し、吸引した脂肪を濾過器でフィルトレーションして、ピュアコンデンス脂肪を200cc作成した後、マルチプルインジェクション法で左右のバストに100ccずつ脂肪注入しました。
手術後6ヶ月には、お尻と太ももが一回り細くなり、バストは1カップ弱程度大きくなりました。
痩せている女性は脂肪注入豊胸ではあまりバストを大きくすることができなかったり、脂肪注入豊胸の適応自体がないことが多いです。
しかし、痩せている女性に限って脂肪注入豊胸を希望されることが多いです。
これくらい痩せている女性でも、この程度の豊胸ならできることがあるので、この程度の豊胸でよろしければ手術させていただきます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント

■術後の経過:脂肪注入正面

手術前
手術前です。
やや痩せ気味の20代前半の女性です。
太もも全体とお尻の下部から脂肪吸引して、バストに脂肪注入することになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で、バストも太ももも全体的に腫れています。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
バストも太もももまだ全体的に腫れています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ腫れは引き、完成です。
バストは1カップ弱程度大きくなり、太ももとお尻は一回り細くなりました。

■術後の経過:脂肪吸引正面

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

■術後の経過:脂肪吸引背面

手術前
手術前です。
手術直後
手術直後です。
1週間後
1週間後です。
6ヶ月後
6ヶ月後です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大