症例写真

目頭切開で蒙古襞を広げて目を大きくした30代後半女性の症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
高須幹弥医師からのコメント

30代後半の女性患者様で、目頭切開を希望されていました。
診察させていただいたところ、蒙古襞がそれなりに発達しており、目頭の形がやや丸く、尚且つ、目と目の間隔がやや広い状態でした。
患者様は、キツくなったり寄り目にならないように目を内側に大きくして、華やかな印象になりたいというご要望だったので、目頭切開Z法に準じて、2mm弱ずつ目を内側に広げることになりました。
手術後は、寄り目になったりキツい印象になることなく、自然に目が内側に大きくなって、バランスが良くなりました。
Z法のデザインで行ったため、目頭の形が不自然に丸くなったり、パンチで穴を空けたようにはならず、自然に尖った形になり、患者様には大変満足していただきました。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
目頭切開Z法で目を内側に2mm弱ずつ広げることになりました。
手術直後
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れていますが、必ず引くので心配ありません。
1週間後
1週間後です。
抜糸をしました。
抜糸直後は傷跡の赤みや盛り上がりがありますが、翌日からアイメイクすることができます。
3週間後
3週間後です。
だいぶ傷跡の赤みと盛り上がりは引いています。
3ヶ月後
3ヶ月後です。
さらに赤みと盛り上がりは引いています。
6ヶ月後
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引き、完成です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大