症例写真

二重まぶた全切開法で、最大限幅を広げた症例写真

ビフォー・アフター
Before After(6ヶ月後)
 
  After(6ヶ月後の目を閉じた状態)
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、二重まぶた切開法希望で来院されました。
診察させていただいたところ、左右とも二重まぶたなのですが、幅に左右差がありました。
上まぶたの脂肪の量に左右差があるため、二重の幅に左右差が強くある状態で、左目のほうが脂肪の量が少なく、二重の幅が広い状態でした。
患者様は、パッチリした二重まぶたをつくり、左右対称にしてほしいというご要望だったので、左目の窪みの位置に合わせて左右のまぶたを全切開し、左右対称の幅広平行型二重をつくることになりました。
手術では、皮膚切除は行わず、最大限二重の幅を広げ、眼窩内脂肪やROOFの除去は行いませんでした。
手術後は左右対称の幅広平行型二重になり、患者様には満足していただきました。
この患者様のように、目が窪んでいることにより、片方の二重幅が広く、左右差がある場合は、広いほうに合わせて二重を作成するしか選択肢がないことがあります。
患者様には選択肢を説明させていただき、納得していただけば手術をさせていただきます。

術後の経過
高須幹弥医師からのコメント
手術前
手術前です。
患者様のご希望で、二重まぶた全切開法を行い、最大限二重の幅を広げることになりました。
手術直後
目を開けた状態
手術直後です。
局所麻酔注射などの影響で腫れています。

目を閉じた状態
手術直後の目を閉じた状態です。
1週間後
目を開けた状態
1週間後です。
抜糸をしました。
多少内出血がありますが、あと1週間程度でひきます。

目を閉じた状態
1週間後の目を閉じた状態です。
抜糸直後なので、傷跡の赤みやくい込みがあります。
3週間後
目を開けた状態
3週間後です。
内出血は完全に引いています。

目を閉じた状態
3週間後の目を閉じた状態です。
だいぶ傷跡の赤みやくい込みが目立たなくなっています。
3ヶ月後
目を開けた状態
3ヶ月後です。
だいぶ腫れは引いています。

目を閉じた状態
3ヶ月後の目を閉じた状態です。
6ヶ月後
目を開けた状態
6ヶ月後です。
ほぼ完全に腫れは引いています。

目を閉じた状態
6ヶ月後の目を閉じた状態です。

他の症例写真を見る

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)

    ※効果には個人差があります。

    文字サイズ
    小 中 大