特徴

ゼオミンの特徴

注射1本で深く刻まれた頑固な表情じわを改善できる。手軽さと効果の高さで人気のボトックス・ボツリヌストキシン注射。その最新型が、FDA(アメリカ食品医薬局)によって効果と安全性を認められた『ゼオミン』です。
既存のボトックス・ボツリヌストキシンに含まれる複合タンパク質は、抗体を作り出し、ボトックス・ボツリヌストキシン本来の効果を低減させる事が稀にあります。「ゼオミン」は、複合タンパク質をなるべく含まないようにし、継続して使用しても安全なボトックス・ボツリヌストキシンです。
*「ボトックス」は、米国Allergan Inc.の登録商標です。

  • 表情筋の過剰な働きを和らげることで、しわの原因そのものを断つ。
  • 額の横じわ、眉間の縦じわ、目尻の笑いじわなど、表情じわに効果抜群。
  • しわを目立たなくして、さらに将来のしわまで予防する。
  • 注射1本、5分で施術が完了。
  • 効果は、半年~1年程度(個人差有り)。

これらはボトックス・ボツリヌストキシンの特徴ですが、ゼオミンも同じです。
違いは、繰り返し注射した場合の効果。これまでのボトックス・ボツリヌストキシンでは、人によって抗体ができてしまう場合があり、効果が出にくくなったり、効果の持続期間が短くなることがありました。この問題を解決したのが、ゼオミンなのです。

注入可能部位

額 眉間 目尻 鼻根 上くちびるの縦皺 あごのしわ

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 特に表情じわが目立っている
  • 誰にも気づかれず若返りたいビューティー
  • 手術をするには抵抗がある
     
  • ボトックス・ボツリヌストキシンを繰り返して
    効果が出にくくなった

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約5分
術後の通院 なし
術後の腫れ ほとんどなし(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 可能
入院の必要性 なし
麻酔 クリーム麻酔
シャワー 当日より可能
メイク 直後より可能
洗顔 直後より可能
■術後のエステ・自宅で行う顔のマッサージの注意点

注射当日は、注射部位以外はマッサージしていただいて大丈夫ですが、注射部位のマッサージは念のためおやめください。
注射翌日から、注射部位のマッサージをしていただいて大丈夫です。
ただし、注射部位に内出血などがあり、腫れている場合は、強いマッサージをすると腫れが強くなることがあるので、腫れが強い期間はマッサージを避けたほうが良いです。

ページトップへ戻る

リスク・副作用・合併症について

■内出血について

ヒアルロン酸、ヒアルロニダーゼ、ボトックス・ボツリヌストキシン、頭髪メソセラピー、メソシェイプフェイスなどの注射による治療をする際に、最も高い頻度で生じるリスクは、注射後の内出血です。
注射後の内出血は全ての人に生じるわけではありません。
むしろ内出血を生じない人のほうが多く、内出血が生じてしまうのはだいたい10人に1人くらいの割合です。
内出血が生じる原因のほとんどは、注射針が偶発的に細い血管に当たってしまうことです。
私達医師は注射する際、なるべく針が血管に当たらないように注意深く丁寧にさせていただいておりますが、どれだけ慎重に注射しても、10分の1程度の確率で内出血は生じてしまいます。
程度の軽い内出血であれば、1週間くらいでほとんど消えてしますが、運悪く強い内出血が出てしまうと、消えるまで2週間程度かかることがあります。
しかし、注射による治療の後は治療当日からメイクをすることができるので、内出血が出てしまってもファンデーションやコンシーラーで隠すことができます。
また、なるべく内出血を生じないようにするためには、私達医師が丁寧に治療することはもちろん、注射した当日は熱いお風呂に長時間浸ったり、サウナに入らないこと、激しい運動はしないこと、お酒を飲みすぎないこと、注射した部位を必要以上に弄らないことなどが大切です。

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

日下志厳医師

ボトックス・ボツリヌストキシン注射は、プチ整形の代表選手として施術を希望する方がどんどん増えています。ご満足値が高いので繰り返しされる方も多いのですが、中には効果の出方が少なくなってしまう方もいます。そんなときにぜひおススメなのが、ゼオミン。定期的にしわの改善・予防を考えているなら、ぜひ検討してみてください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大