脂肪吸引の基礎知識

脂肪吸引手術の詳細な手順や、部位別の特徴、手術を成功させるために、術後に必要なケア、脂肪吸入を応用して、胸や頬をふっくらさせる脂肪注入の施術など、脂肪吸引に関する様々な知識をご紹介します。

手術について

脂肪吸引のメリットや施術のしくみ、使用する器具、具体的な施術方法、施術でよく用いられる麻酔の方法、施術の流れについて解説します。施術の詳細をよく理解したうえで、自分の目的に合った脂肪吸引施術を受けましょう。

メリット

脂肪細胞というのは、脂肪を蓄積する細胞。普通のダイエットでは脂肪細胞が小さくなって体重が減ります。けれど脂肪細胞が小さくなっても、食べ過ぎたりしたらすぐに元通り、「リバウンド」してしまいます。これが普通のダイエットの難点です。

ところが脂肪吸引の施術は脂肪細胞の数そのものを減らしてしまうのですから、リバウンドの可能性が極めて少ないのです。また、脂肪吸引の施術は、おなか、顔、二の腕など、痩せたい部分に絞って脂肪細胞を取り去ってしまえるので、「部分痩せ」ができます。この点も普通のダイエットとの大きな違いですね。普通のダイエットであれば、体重が減るのといっしょにバストサイズも落ちてしまった、というようなことがよくあります。

・エステサロン、スポーツジム、食事療法などによる痩身

・脂肪吸引による痩身

仕組み

脂肪吸引の施術では、患者がサイズダウンしたい部分の脂肪細胞を吸い出して取り除きます。施術の主役となるのがカニューレという細い吸引管。カニューレの先端にはいくつかの穴があります。とても細い医療用の管なのですが、皮膚に開けたごく小さい穴(数ミリ)から広い範囲の脂肪を吸引することができます。

・脂肪吸引(スムースライポサクション)のメカニズム

人間の脂肪には内臓脂肪や皮下脂肪などがありますが、脂肪吸引で取り除くのは皮下脂肪です。目的の皮下脂肪を、カニューレに脂肪吸引機などにより陰圧(密閉された容器の内部が外部より圧力が低い状態。吸引する力が生まれる)をかけて吸入する、これが脂肪吸入の仕組みです。

この仕組みを基本として、「より痛み軽くする方法」、「より脂肪を効率よく吸引する方法」、「患者の体調に合う方法」などの選択肢の中から、一番適した施術方法を選びます。例えば、「より効率よく吸引する」ために、脂肪を柔らかくしてから吸引する方法がありますし、「より痛みを軽くする」ために適切な麻酔法を選ぶことができます。

器具


カニューレ

脂肪吸引の器具というとしてまず挙げなければならないのは、何と言っても「カニューレ」でしょう。

カニューレとは脂肪を吸引するための細い管ですが、元々この言葉は脂肪吸引用の管だけを指すわけではなく、体内に必要なものを注入したり、体液などを排出させたりするためのパイプ状をした医療器具の名前です。

このカニューレが、脂肪吸引の施術に適するものとして開発・改良されてきたことで、バラエティに富んだ脂肪吸引施術ができるようになったと言えます。現在では、部位や症状などに応じた多くの種類のカニューレが使われていますし、日本人の繊細な肌に合ったものも開発されています。

脂肪を吸引するための脂肪吸引機器も色々な種類があります。これは各クリニック・医院の方針により導入されている機器が違います。一般的には電動ポンプ式の吸引機器を使います。超音波脂肪吸引法では、超音波発生器を使用します。


脂肪吸引に使用する機器

超音波脂肪吸引法に使用する機器


スキンプロテクター

その他に、カニューレで施術をする際に、摩擦によるダメージから皮膚を保護する目的のスキンプロテクター(傷跡保護器具)も欠かせないものの一つです。

方法

開発・改良を重ねられてきた高須クリニックの脂肪吸引の方法。また、脂肪吸引は簡単な施術ではないので、医師の技術によって結果に差が出ます。当院には優れた技術をもつ医師がそろっていますので心配はありません。 下記の方法のほかに、レーザーで脂肪を柔らかくするものなど、当院ではその人に合った脂肪吸引法を用いています。

1.超音波脂肪吸引法

この方法には「体内式」と「体外式」を用います。 体内式はカニューレそのものが超音波を発するものを使い、超音波の振動で脂肪細胞を分解・吸引します。術後の痛みが少ないのが特徴です。

体外式は、鎮痛、出血抑制などの溶液を注入した後、吸引する部分に超音波を照射し、脂肪細胞を柔らかくしてから吸引します。

2.チューメセント法

吸引前のケアがチューメセント法の大きな特徴です。施術の負担を軽くし、スムーズに進めるために効果のある溶液(鎮痛・出血抑制・脂肪を柔らかくするなど)を脂肪吸引前に注入します。チューメセント法が開発されたことにより脂肪吸引の安全性がとても高くなりました。

3.スムースライポサクション法

皮下脂肪の浅い部分から深い部分にかけてまんべんなく吸引します。皮下脂肪の全層を吸引することにより、皮膚のたるみを極力少なくすることが期待できます。高度な技術を必要とするため、熟練された医師による施術が望まれます。

4.PAL法

PAL方式(カニューレの先を振動させる脂肪吸引装置)とハイパーインフレート法の技術が融合した方法です。施術時間が短かく、身体への負担も少ないとされています。

手術の流れ

脂肪吸引施術に関してのカウンセリングから手術、術後まで、基本的な流れを紹介しましょう。

1カウンセリング


カウンセリング

まず十分にカウンセリングをします。どんな美容整形の施術でもカウンセリングは重要ですので、より入念に話し合いをします。

2手術の予約


手術の予約

カウンセリングで十分納得したら、施術の予約を取ります。

3検査


検査

事前検査の内容は、血液検査・レントゲンなどです。施術の当日も体調に関する問診や、血圧、脈拍などの検査があります。

4術前

身体にかなり負担のかかる施術もあります。しっかりと体調を整えてのぞみましょう。施術開始時間などの条件によっては術前の食事を控えたり、ある種の薬を控えねばならない場合もあります。

5手術


デザイン

まず施術部位にマーキングをしていきます。そして施術の内容に応じた麻酔をします。身体の脂肪を吸引する位置の目立たない場所に数ミリの穴を作り、カニューレという吸入用の管を挿入して脂肪吸引となります。

6術後


術後ガードル

手術の直後から、ガードルやバンテージなどでしっかりとした圧迫が必要となります。その後、しばらくクリニックで休んでから帰宅となります。麻酔の効果が長時間に及ぶ施術などでは入院が必要な場合もあります。

7定期検診

施術が終わった後も定期的に術後の検診やケアを行います。

ページトップへ戻る

部位別の脂肪吸引について

脂肪吸引の施術ができるパーツは、顔、二の腕、おなか、おしり、太もも、ふくらはぎがあります。施術する体の部位により、吸引箇所や施術の難易度は様々。事前に確認して、自分に必要な脂肪吸引施術を受けましょう。

顔の脂肪吸引の目的は、顔のラインをすっきりさせる、できるだけ「小顔」に見せるというものです。そのためには、やはり頬やアゴの脂肪を取り除く施術が効果的です。

吸引後に緩んだ皮膚を定着させながら、徐々に引き締まり違和感がなくなってきます。 場所が顔なだけに、どこから吸引するかが気になりますが、最先端の極細のカニューレで、耳の後ろ、鼻の穴などから吸引をします。顎の場合は、顎の下などから吸引をします。

手術の時間は短く、傷跡もほとんど残りません。術後数日~1週間ほどは専用のフェイスマスクなどでしっかりと圧迫します。手術後に多少の腫れは出てきますが、徐々にわからなくなってきます。傷跡が目立つ恐れもなく小顔になり、満足度の高いメニューです。

・脂肪吸引
・その他の施術方法
二の腕

二の腕に無駄な肉がついていると、ノースリーブやタンクトップを着たときに、想像以上に「見た目年齢」を引き上げてしまいます。けれど二の腕だけをスリムにするのは、なかなか難しいものです。

そんな女性の悩みに応えるように、脂肪吸引の診療科目には二の腕も含まれています。
吸引用のカニューレは肘の後ろやわきの下に小さな穴を開けて挿入します。もちろんカニューレの穴の傷跡はほとんど残りません。

術後1週間ほどは腫れがあり、内出血の青あざが生じる場合もあります。また、同じく1週間ほどは筋肉痛に似た痛みがあります。二の腕を濡らさないようにすれば、シャワーなどは施術当日から可能です。オフィスワークであれば、翌日には仕事への復帰が可能です。激しいスポーツができるようになるのは約3週間後、お酒は約2~3日後を目安にします。術後1~2週間で、大小の内出血やあざがほとんど消失します。1~2ヶ月後には、施術の効果が定着してきます。

・脂肪吸引
・その他の施術方法
おなか

脂肪で気になるのは何と言っても「おなか」。けれどおなかの脂肪吸引は、範囲が広いだけに大きな施術となる場合が多いのです。おなかのどこを脂肪吸引するか、一箇所だけか、複数の箇所か、などの条件によって施術の規模(時間・費用・アフターケアの期間)が違ってきます。

・脂肪吸引
・その他の施術方法
おしり

美尻・小尻と言われるように、適度にヒップアップされたシルエットやは、女性から見て憧れてしまいます。特にパンツやタイトなスカートでは、おしりのスタイルがとても重要です。

おしりの脂肪吸引の場合、臀部の目立たないところなどにカニューレを入れます。おしりの状態により、吸引する場所は違います。多くの女性が気になるのが「垂れた」おしりです。脂肪吸引により「垂れた」おしりの改善も可能です。

おしりの脂肪吸引に使用するカニューレの太さは、吸引部分の深さなどにより使い分けます。施術後一定期間はガードルなどで固定します。数日間は椅子に座ると多少の痛みを感じることがありますので、クッションなどで負担を減らすようにします。腫れなどが出てきますが、一週間程度で落ち着いてきますので、焦らないようにしましょう。効果が定着してくるまでに2~3ヶ月かかります。

・脂肪吸引
・その他の施術方法
太もも

女性にとって「太い」太ももはおしゃれの大敵。引き締まった太ももで自由なおしゃれを楽しみたいもの。特に太ももの後ろにぜい肉がついていると、お尻が垂れている印象を与えます。

太ももの脂肪吸引は高度な技術を要し、また、十分な医師の美的感覚が必要です。ただ脂肪を吸引するだけではなく、様々な服装に似合うような脚の線を作るのも、太ももの脂肪吸引をする際の大きな目的となります。最終的にどんな形の太ももを目指しているのか、カウンセリングなどでよく医師と話し合っておきましょう。

カニューレを挿入する場所は、ビキニライン、股の付け根、膝の裏、おしりのしわの目立たないところです。カニューレの太さは施術の内容などにより使い分けます。

太ももの脂肪吸引で重要なのは、ダウンサイズするだけではなく、美しい形にするという点。うまく吸引できれば効果はとても現れやすい施術です。術後は一定期間ガードルなどで固定します。また、医療用のストッキングの着用も重要です。腫れは1週間ほどで収まってきますし、内出血もだんだんと薄れてきます。2~3ヶ月で効果が定着してきます。

・脂肪吸引
・その他の施術方法
ふくらはぎ

筋肉によって太いふくらはぎを「ししゃも足」と呼んだりしますが、もともと脂肪の少ない部位だけに、高い技術高須の技術を必要とします。

ふくらはぎの脂肪吸引は、ひざの裏などを切開して行います。術後は一定期間専用の厚手のストッキングを履きます。スカートの着用も数日~1週間後からとなります。腫れは1週間ほどで収まってきますし内出血もだんだん引いていきますが、ふくらはぎが細くなってきたという実感が出てくるまでには、ある程度の時間がかかります。他の部位の脂肪吸引施術と比較しても、効果がしっかり定着してくるまでに時間がかかるのがふくらはぎの脂肪吸引ですので、焦らないことが重要です。

・その他の施術方法

ページトップへ戻る

術後のケアについて

施術後のアフターケアと、その後の日常生活の過ごし方で脂肪吸引の効果は大きく変わります。自己流の解釈をして勝手な行動をしないことが大事です。焦らず、注意深く経過を観察しましょう。脂肪吸引施術後のアフターケアと、日常生活について解説します。

アフターケア

脂肪吸引は軽い施術ではないため、アフターケアの重要性はとても大きいと言えます。術後完治して効果を実感できるまである程度の日数がかかります。十分に理解した上で、施術を受けましょう。

脂肪吸引施術後、麻酔が切れてくると軽い筋肉痛のような痛みが出るようになります。痛みの程度は施術内容によりますが、吸引した範囲の広さに比例することが多いです。痛みが強い場合は鎮痛剤を使用します。部位にも寄りますが、一般的には1~2週間の内出血が見られます。ですから術後1週間ほどはガードルなどで固定して圧迫します。内出血は、紫色~薄褐色~消失という経過をたどります。

脂肪吸引施術の効果がしっかりと定着するまでに多少の期間が必要ですが、通常時間の経過とともに回復していきます。

術後の生活


術後ガードル

脂肪吸引の施術を受けた後は、身体を回復させ、施術の効果を十分に生むために必要な期間があります。

吸引の内容によって異なりますが、普通、施術後数日間は圧迫固定が必要で、軽い筋肉痛に似た痛みが出ます。圧迫固定服装でカバーできますし、日常生活は普通に送ることができます。

具体的な術後の生活に関しては、施術の内容、部位や症状によって異なりますので、信頼している医師の指示をきちんと守りましょう。

ページトップへ戻る

脂肪吸引と脂肪注入について

自分の脂肪を胸や頬に注入する脂肪注入法について紹介。お腹や太ももなどの脂肪がつきやすい箇所の脂肪を取り、胸やこけた頬に注入してバストアップやふっくらしたホホを手に入れることができます。自分の脂肪を使うので、バストアップや若返りビューティーに加えてサイズダウンができる一石二鳥の美容整形です。

脂肪注入「豊胸」

脂肪注入による豊胸術のメリットは、まず自分の身体にあった脂肪を注入するため違和感がより少ないこと。自分の身体に「異物」が入ることに抵抗がある人に適し、レントゲンにうつることもありません。

脂肪注入法に使う脂肪は、お腹や太ももなどから取ります。局所麻酔、あるいは全身麻酔下で行われ、施術時間は約1時間です。

ただし、注入した脂肪が吸収されていくという難しい点があります。このために、目を見張るようなバストアップは期待できないものの「自然」により近い施術法であるということとダウンタイムが短いということで、これからも注目度は上がっていくでしょう。

脂肪注入法以外の豊胸術としては、豊胸手術(プロテーゼ)、ヒアルロン酸注入法などがあります。それぞれにメリットもありますが、人工物ならではのデメリットもあります。脂肪注入法であれば、患者自身の脂肪を吸引して使うわけですから、豊胸に加え、ダウンサイズもできるということになります。

脂肪注入「顔のコケ、クボミ」

頬がこけていると、病弱で年齢より老けた印象を与えてしまいがちです。そこで、脂肪吸引の技術を応用して頬をふっくらとさせる施術「脂肪注入法」が開発されました。自分の脂肪を注入するので拒否反応もなく、とても安全な施術です。

頬に注入する脂肪は、一般的に太ももやお腹などの、余分な脂肪がつきやすい箇所から採取することが多いです。頬の注入に必要な分だけの採取なので、脂肪採取によってその部分が痩せるということはありません。

施術時間は1時間程度で、手術後すぐにメイク可能。1~2週間のダウンタイムを経れば、頬が落ち着いてきます。 自分の余分な脂肪細胞を使用するので自然なままボリュームが保たれるのが特長です。

ページトップへ戻る

高須の脂肪吸引・痩身・部分痩せ治療

これまで多くの女性のリクエストに応えてきた高須クリニックが、きめ細かなカウンセリングと確かな技術、豊富な選択肢で、イメージ通りの体型作りをサポートします。

脂肪吸引以外の痩身方法

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大