症例のご紹介

ホワイトニング


ページトップへ戻る

特徴

ホワイトニングの特徴

笑ったときの印象を、大きく左右する歯の色。もともと黄ばみが強い方や、お茶やタバコなどによって黄ばむ場合もありますが、加齢によっても歯はどんどん黄ばんできてしまいます。
ホワイトニングとは、歯の漂白のことで、ブリーチングとも呼ばれています。本来歯の色は真白ではなく、少し黄色がかった色をしています。それをより白くする方法です。先天的な歯の色にお悩みの方にも有効な手段です。
アメリカでは大変ポピュラーな方法で、日本でも厚生労働省より薬剤が認可されたため、ここ数年で浸透しました。
ホワイトニングの最大の長所は歯を削ることなく安全かつ手軽に白くできることです。ホワイトニングは下記の2通りの方法があり、白くなる度合いは個人差がありますので希望の色に近づけるため一方または両方をおこなっていきます。

【ホームブリーチング】
患者様個々にあった歯型のトレイを製作し、それに薬剤を入れて口の中に2時間ほど装着します。通院回数も少なく、ご自宅で行っていただくためお手軽です。個人差もありますが、2週間ほどで効果が現れます。

[ 利点 ] 歯列全体のホワイトニング。通院回数が少ない。
【オフィスホワイトニング】
オフィスホワイトニングは、ホワイトニング剤を歯面に塗布し、光を照射する方法です。光照射によりホワイトニング剤を活性化し、ホワイトニング効果を高めます。
一般的にホワイトニングは、歯の表面に凹凸を作って光を乱反射させることによって白く見せていますが、当院のオフィスホワイトニングでは、薬剤に含まれるフッ化アパタイトがエナメル質表面で結晶化し、 美しく白い歯を構築します。歯の表面がなめらかに仕上がることから、再着色しにくく効果が持続することが特長です。
施術中の様子 オプチラックス501(光照射器・東京・大阪院)

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 歯の黄ばみが気になる
  • 若い頃の歯の色に戻したい

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

通院回数 1~3回
入院の必要性 なし

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須久弥歯科医師

ホワイトニングは、個人差もありますが時間の経過とともに少しずつ色が戻ってくることがありますので定期検診をおすすめいたします。その際、お口全体のクリーニングや色のチェック等も行えます。また、色が戻るのはイヤという方には、オールセラミック治療やラミネートベニア治療もおススメしています。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • 歯科専用フリーダイヤル 0120-4180-86 電話受付時間 9:30~19:00(歯科直通:東京 03-3583-9244/大阪 06-6372-5518)
    文字サイズ
    小 中 大