唇は修復が早くて、傷が残りにくい!

唇の粘膜は普通の皮膚より修復力が高いのが特徴。傷口の治りが早く、傷跡も残りにくいのです。つまり、術後の腫れや痛みも少なく、仕上がりも美しいということ。すっきり整った唇が、意外と簡単に手に入るのです。

実際の手術は?

こうして唇を薄くする!

【特 徴】
  • 唇の内側の目立たない部分を、口を開けたときに亀裂が生じにくいようにレンズ状に取り除き、透明な糸で縫合する。
  • 上唇だけ、下唇だけ、両方とものいずれも可能。
  • 手術時間は、約30分(上下ともの場合)。
  • 術後にガーゼや絆創膏を貼る必要はなし。
  • 当日から洗顔やシャワーもOK。
  • 強い腫れは5~7日前後(個人差あり)。
  • 10日後に抜糸をして完了。
Point1
縫合には透明な糸を使用するので、あまり目立ちません。人によっては数日強い腫れが出ますが、マスクをしてしまえばバレる心配もありませんよ。
Point2
手術はもちろん麻酔をして行います。術後にしっかりアイシングもして、腫れや痛みをできるだけ抑えます。

唇のデザインは?

4対5のバランスを基本に、キリッと整った形へ。

最も美しく整っているといわれる上唇と下唇の厚みバランスは、4対5。これを基本に、ご本人がどれだけ唇を薄くしたいか、どのような形にしたいかなどのご希望をうかがって、最終的に取り除く量や部分を調整していきます。

施術例


before

after
20代男性。上下とも厚めの唇を気にされていました。 術後10日後、抜糸直後です。ほぼ腫れも引いて、傷跡もほとんど分かりません。上下の厚みバランスも、最も整っているといわれる4対5に限りなく近い状態に。

高須幹弥のワンポイントアドバイス

カウンセリングを上手に活用して
当院では事前のカウンセリングでじっくりご希望をうかがい、必要であればシミュレーションも行います。この時、例えば芸能人やモデルの写真をお持ちいただくのもいい方法。理想の唇が具体的であれば、よりスムーズにカウンセリングが受けられます。
施術スケジュールについて
唇を薄くする手術では、術後に腫れをともないます。マスクをすればバレないとはいえ、仕事や外出などに影響がでないよう、上手にスケジューリングしてください。
より整った口もとのために
唇が厚い人は、出っ歯を伴っている人が多いもの。出っ歯の人は、審美歯科や矯正歯科での治療も検討してみましょう。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大