特徴

医療植毛の特徴

カツラや人工毛による植毛などの需要が高まる一方ですが、どちらも一時しのぎに過ぎません。そこで考案されたのが「毛根の移植」。自分の毛を毛根ごと移植するというもので、抜けても繰り返し生えてくるのが特徴です。
手術には「生毛植毛法」と「単一生毛植毛法」の2種類があり、どちらも施術時間は1~3時間程度。希望デザインに基づいて植毛していき、途中で確認しながら理想の状況に仕上げることができます。
移植した毛髪が定着した後は、特別なアフターケアは不要。自分の他の毛と同様に、普通に洗髪や散髪ができます。

選べる2つの植毛方法

  • 【生毛植毛法】
    頭の両脇部分(側頭部)や後ろの部分(後頭部)の頭髪を毛根ごと採取して、髪の薄い部分に移植します。
  • 【単一生毛植毛法】
    後頭部から紡錘形に有毛部の皮膚を切りとって、1本から数本の毛根ごとに株分けし、薄毛の部分に植えていきます。移植した毛は、90%以上は定着するという結果が出ています。

生毛植毛の施術風景

ページトップへ戻る

このような方に向いています

  • 半永久的な効果を望んでいる
  • 自然に髪を増やしたい
  • カツラのわずらわしさから解放されたい
  •  

ページトップへ戻る

症例のご紹介

医療植毛 頭髪の植毛


高須幹弥医師からのコメント
50代の男性です。年齢とともに後退してきた生え際が気になり、約600本植毛しました。
単一植毛によって1本1本丁寧に植毛するので、とても自然な仕上がりに。一番気になっていた部分を増やすことにより、効率よく悩みを解消できました。生え際に髪があるだけで、ぐんと若返りビューティーましたよね。
男性ホルモンの影響で生え際は薄くなりやすいのですが、後頭部は年をとっても毛が残りやすい部分。もっと生え際をふさふさにしたいなら、後頭部から取る毛がある限り何度でも植毛することができます。

ページトップへ戻る

術後の注意事項・アフターケア

施術時間 約1~3時間
術後の通院 1回
術後の腫れ 強い腫れは1~2日(個人差あり)
カウンセリング当日の治療 不可能
入院の必要性 なし
麻酔 局所麻酔
洗髪 2~3日で可能

ページトップへ戻る

ドクターズボイス

高須幹弥医師

かつての豊かだった髪を取り戻すことができる医療植毛。当院の手作業による丁寧な株分けなら、より安心で確実。また、植毛する毛が十分にない場合も、薬の処方など色々な方法があります。入念なカウンセリングで最適な方法をご提案しますので、ぜひご相談ください。

ページトップへ戻る

この施術を見た方は、以下の施術も見ています
    • 美容整形・美容外科のメール相談をする
    • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
    • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
    文字サイズ
    小 中 大