顔の施術について

眼瞼下垂手術の筋膜移植(筋膜吊り上げ)は、どのような手術で、どのような人が適応になるのか?

眼瞼下垂の手術方法は、大きく2つの方法に分けられます。

1つは、通常の、まぶたの皮膚を切開して、まぶたを開ける上眼瞼挙筋の挙筋腱膜を瞼板の上に前転、短縮、固定する方法。
もう1つは、大腿筋膜や側頭筋膜で行う、筋膜移植(筋膜吊り上げ術)による方法です

実際、高須クリニックで行っている眼瞼下垂手術は、約99%が前者の挙筋腱膜を前転、短縮する方法で、後者の筋膜移植(筋膜吊り上げ術)は約1%です

挙筋腱膜を前転、短縮する方法の適応になる人は、
・美容目的で、まぶたの開きを良くして、目を大きくしたい人
・コンタクトレンズ(特にハードコンタクト)を何年~何十年間長期使用したことに起因する、コンタクトレンズ起因性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
・老化によってまぶたの開きが悪くなる老人性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
・アトピー性皮膚炎や、アイプチ、アイテープ、メザイクなどのやり過ぎなどでまぶたが被れて、まぶたを擦り続けたことによって起こる眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
・軽度の先天性眼瞼下垂
などです。

一方、筋膜移植(筋膜吊り上げ術)の適応になる人は、
・重度の先天性眼瞼下垂(挙筋機能がほぼ0で、まぶたの力で目を開けることができず、眉を上げる力のみによって目を開けている)
・瞼裂狭小症候群(両側の先天性眼瞼下垂、逆内眼角贅皮を認める遺伝性の先天性疾患)
・挙筋機能が廃絶し、挙筋腱膜を前転、短縮しても改善しない、重度の老人性眼瞼下垂
・外傷などにより、上眼瞼挙筋や挙筋腱膜、ミューラー筋などが傷つき、挙筋腱膜を前転、短縮しても改善しない場合
などです。

挙筋腱膜を前転、短縮する方法の適応になる人
  • 美容目的で、まぶたの開きを良くして、目を大きくしたい人
  • コンタクトレンズ(特にハードコンタクト)を何年~何十年間長期使用したことに起因する、コンタクトレンズ起因性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
  • 老化によってまぶたの開きが悪くなる老人性眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
  • アトピー性皮膚炎や、アイプチ、アイテープ、メザイクなどのやり過ぎなどでまぶたが被れて、まぶたを擦り続けたことによって起こる眼瞼下垂、腱膜性眼瞼下垂
  • 軽度の先天性眼瞼下垂
など
筋膜移植(筋膜吊り上げ術)の適応になる人
  • 重度の先天性眼瞼下垂(挙筋機能がほぼ0で、まぶたの力で目を開けることができず、眉を上げる力のみによって目を開けている)
  • 瞼裂狭小症候群(両側の先天性眼瞼下垂、逆内眼角贅皮を認める遺伝性の先天性疾患)
  • 挙筋機能が廃絶し、挙筋腱膜を前転、短縮しても改善しない、重度の老人性眼瞼下垂
  • 外傷などにより、上眼瞼挙筋や挙筋腱膜、ミューラー筋などが傷つき、挙筋腱膜を前転、短縮しても改善しない場合
など

眼瞼下垂の筋膜移植(筋膜吊り上げ)手術は、挙筋機能(まぶたを開ける上眼瞼挙筋の機能)が0か、ほとんどない人が適応になります。もし、そのような挙筋機能がない上眼瞼挙筋に対して、挙筋腱膜を前転、短縮すると、確かにまぶたを開かせることはできるのですが、無理やりまぶたを開かせた状態で固定することになるため、非常に不自然な目になります
また、目を閉じようとしても、角膜が露出したままになるため、強烈なドライアイになってしまいます。そのため、挙筋機能が0か、ほとんどない眼瞼下垂に対しては、まぶたに筋膜を移植し、まぶたと、眉毛を上げるおでこの筋肉(前頭筋)を連結して、上眼瞼挙筋の機能を前頭筋に置き換える手術をします。
以下に手術方法を説明します。

①筋膜の採取
筋膜は、こめかみの側頭筋膜か、太ももの大腿筋膜を使用します。側頭筋膜は、髪の毛の生えている部分から切開して採取し、傷跡はほとんどわからなくなるため、私に関しては、側頭筋膜を使用することがほとんどです。大腿筋膜は、太ももの膝に近い部分の皮膚を切開して採取するため、太ももに傷跡が残ります(短パンやミニスカートを履くとあらわになります)。
また、術後早期に長時間立ち続けたり、歩き続けたりすると、大腿筋膜を採取した部分の筋肉がヘルニアを起こすため、術後1週間はなるべく安静にする必要があります。他の病院やクリニックでは、側頭筋膜や大腿筋膜の代わりに、人工の糸やゴアテックスを使用することがありますが、高須クリニックではそのような手術はおすすめしません。人工物を使用して、まぶたと前頭筋を連結させても、組織と癒着を起こさないため、すぐに緩んだり、外れてしまい、効果がほとんどなくなってしまうか、元に戻ってしまうからです
②筋膜の移植
まぶたと眉毛の生え際の上の部分をそれぞれ1~2cm程度切開し、その間にトンネルを開け、筋膜を通します。
まぶた側は瞼板に、眉毛側は前頭筋や真皮に筋膜を固定し、まぶたがちょうど良く開くように調節します。
③縫合
筋膜採取部位とまぶた、眉毛の生え際の傷は、細い糸で丁寧に縫合します。縫合した糸は1週間後に抜糸します。この手術をすることにより、まぶたを開ける上眼瞼挙筋の機能が0かほとんどない人でも、眉毛を少し上げるだけで、楽にまぶたを開けることができるようになります。
高須クリニックでは、様々なタイプの眼瞼下垂にも、最適な手術術式で対応させていただきますので、ご安心ください。

症例写真
■眼瞼下垂手術で幅の広い平行型二重まぶたを作った症例写真の術前術後画像の解説


ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大