よくある質問

かなり多めのにきび跡が気になります。深い跡もいくつかあります。どのような治療がありますか?

高須 英津子 医師

にきびの凹凸には、その状態に合わせて様々な治療方法があります。塗り薬で2~3ヶ月かけて治していくトレチノイン治療、レーザーや光治療の方法があります。当院は最新の肌治療機器を数多く揃えており、最新技術を駆使しておりますが、凹凸の深い場合は完治は難しい場合があります。カウンセリングでは、医師が詳しく診察し、患者様にあった治療方法をご提案させて頂きます。

顔、頬が赤く見える(赤ら顔)のを治したい。

高須 英津子 医師

赤ら顔の改善には、Vビームというレーザー治療、もしくはフォトフェイシャルという光をあてて余分な毛細血管を除去して赤みをとる治療法をお勧めしています。赤ら顔の度合いにもよりますが、どちらの方法も、効果を実感していただくには3回以上の通院が必要になることが多いです。診察の上でその方にあった治療方法を医師がご提案しますので、一度ご来院ください。

冬、ほてったら赤ら顔になるのですが、治せるのでしょうか?

清水 弘己 医師

はい、当院では赤ら顔の治療も行っております。光によるフォトフェイシャル治療やVビームでのレーザー治療で、赤みの原因になっている余分な毛細血管を破壊して改善する方法をお勧めしております。赤ら顔の度合いにもよりますが、約1.5~2ヶ月に1回のペースで何度か繰り返しますと、徐々に赤みが出なくなっていきます。

レーザー照射後、赤みはでますか?

清水 弘己 医師

治療後の経過には個人差がありますが、多少の赤みが出ることがあります。
しかし、それほど目立つものではありません。

顔全体に赤いニキビがたくさんあるのですが、何回くらいの施術できれいになりますか?

高須 英津子 医師

Vビームは1回の施術で複数部位を治療することもできます。そして、通常3回程度の照射で赤みが目立たない状態になっていきます。但し、効果の出方やご満足いただける程度には個人差があります。その方の赤みの強さやご希望される範囲などによって施術回数は異なってきますので、カウンセリングで医師にご確認ください。

効果は永久的ですか?

清水 弘己 医師

赤みの原因にもよりますが、再びニキビができたり、毛細血管が浮上してくるなどにより、新たな赤みが出てきてしまう可能性はあります。Vビームの治療後は、再発防止のためのケアが大切です。肌の清潔さを保ちつつ、こすりすぎたり刺激を与え過ぎないスキンケアを習慣にし、食生活や睡眠にも気を配って、せっかく手に入れた美しい肌の状態をキープしていきましょう。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • フリーダイヤル 0120-5587-10 電話受付時間 9:30~22:00(日曜・祝日は21時まで)
文字サイズ
小 中 大