※ホームページ上で掲載されている価格は税抜表示となっております。
ご来院時の消費税率にて清算させていただきます。

よくある質問

オールセラミッククラウンとはどんなものですか?

鈴木 博也 歯科 医師

オールセラミッククラウンは、全体がセラミック(陶器)で出来ているクラウン(差し歯)です。セラミックは、天然歯にとても近い素材で、見た目が良く、汚れも付きにくく、変色しないのが特徴です。また、金属を一切使用しないので、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色、金属アレルギーなどがありません。ご自分の歯とほぼ同じと思っていただければいいでしょう。

オールセラミッククラウンとラミネートベニアの違いを教えて下さい。

高須 久弥 歯科 医師

どちらも基本的にほとんど同じものですが、歯を削る量が異なります。オールセラミッククラウン治療は歯を全周に渡って削るのに対し、ラミネートベニアでは唇側(外から見える表側)だけを削ります。ラミネートベニア治療は、色やわずかなすき間の修正時に選択するもので、並びや角度、および形を大きく変える場合にはオールセラミッククラウン治療が最適です。

オールセラミッククラウンで受け口を治せますか?

鈴木 博也 歯科 医師

受け口とは、下あごが上あごより前に出た状態で、専門的には「下顎前突」や「反対咬合」と呼ばれています。突出している骨の量が大きい場合には骨切りの手術が必要となりますが、軽度の受け口であれば、上下のオールセラミック治療で簡単に治すことができます。改善の度合いはその方の状態によって異なりますので、一度ご来院ください。

オールセラミッククラウン治療で歯を削る際に、神経を取らずにできますか?

高須 久弥 歯科 医師

歯の並びや角度、および形を大きく変える場合には、残念ながら神経を取る必要があります。ですが、それほど大きく削らずにすむ場合には、神経はそのまま残して治療できる場合もあります。個人差や症状の度合いによって、神経を取るか取らずにすむかは大きく変わってきますので、詳細はカウンセリング時にご相談ください。

オールセラミッククラウン治療に掛かる期間は?

鈴木 博也 歯科 医師

オールセラミック治療ですと、通院2~4回くらいでスピーディーにどんな歯並びでもキレイに整います。歯だけでなく、口元全体(歯ぐき)が出ている場合には、歯槽骨整形の併用がおすすめです。歯槽骨整形は入院の必要が無く、オールセラミック治療と同時に行いますので同じく通院2~4回でスピーディーに治せます。一般的に歯に装置をつけて少しずつ動かしていく矯正ですと、症状にもよりますが、通常2~3年かかってしまいます。

前歯2本が出っ歯で、オールセラミック矯正を希望していますが、料金はオールセラミックの費用2本分だけで済みますか?

高須 久弥 歯科 医師

基本的に2本のみで治療可能な場合も多く、この場合も2本分となります。ですが、歯並びの状態には個人差があるため、2本の治療だけで必ずしもご希望通りの歯並びになるとは限りません。周辺の歯から調整しなければならない場合もあるのです。当院では、口元全体のバランスまで含めて様々なパターンをご提案いたしますので、一度ご来院ください。

高須クリニックのオールセラミックと普通の歯科医院が行う被せ物はどう違うのですか?

鈴木 博也 歯科 医師

見た目の美しさから高須クリニックでは、原則として、金属を全く使用しない、オールセラミック治療のみを行っております。特殊な症例においては、金属を使ったセラミック治療も行う場合がありますが、人間の歯茎は年々痩せていきますので、金属を使用した被せ物の場合、歯と歯ぐきのラインが黒くなったり、目立ってきたりすることがあります。ですので真っ白な被せ物であるオールセラミックの人工歯を使用します。

オールセラミックの人工歯は割れたりしませんか?

高須 久弥 歯科 医師

セラミックスには天然の歯と同レベルの物理的強度が、噛み合わせの状態や歯ぎしりが強い場合をはじめ、様々な要因が重なると、絶対に壊れないとは言いきれません。そのため当院では、定期検診を強くお勧めしております。また2年間の保証期間中は、無料で再治療を行います。

もしオールセラミックの人工歯が割れたり、ヒビがはいってしまったら再治療が必要ですか?また費用はいくらかかりますか?

鈴木 博也 歯科 医師

治療終了後2年間は無料保証で再治療を行います。この間はもちろん治療費用はかかりませんが、再診料のみ必要となります。(再診料:2,000円/大阪院、1,000円/東京院)。また6ヶ月ごとの定期検診(メンテナンス)をご利用の患者様には、5年間の無料保証にて再治療を行います。定期検診はオールセラミックを長く良い状態に保っていただくのに有効なので、お勧めします。

オールセラミック治療終了後他の歯科医院で受診は可能ですか?

高須 久弥 歯科 医師

はい、可能です。ただし、当院で治療されたセラミック等の人工歯は、他の歯科医院ではさわらないようにしてもらってください。当院以外の第三者が当院施術のオールセラミッククラウン等を破損した場合、当院の無料保証が無くなり、破損した人の責任となります。無料保証を有効に使っていただくために、事前にその旨を他の歯科医院にお知らせください。

前歯2本が差し歯です。もう少し大きくして、少し前に出したいのですが、どのくらいの通院回数と期間が必要ですか?

鈴木 博也 歯科 医師

症状によって異なりますが、簡単なやり替えのケースの場合、通院は2回で終了する場合がほとんどです。ただし、差し歯のやり替えですと根管治療(根の治療)が必要になることがあります。根の治療は個人差もありますが、数回~多いと10回以上の通院が必要な場合もあり、これはレントゲンを見ないとわかりませんので、是非一度ご来院ください。

6ヶ月定期検診は必ず受けなければいけませんか?

高須 久弥 歯科 医師

もちろん、6ヶ月(3ヶ月)検診は強制的なものではありませんが、歯は毎日使うものですので、噛み合わせや歯ぎしりによる破折等のチェックや、歯周病や虫歯にならないようメンテナンスをしないとセラミック治療を施した歯であっても天然の歯と同様にダメになる可能性があります。病気と同じで早期発見が後々のためには良いので、当院では、定期的な検診を強くおすすめいたします。

ページトップへ戻る

  • 美容整形・美容外科のメール相談をする
  • 美容整形・美容外科のカウンセリング予約をする
  • 歯科専用フリーダイヤル 0120-4180-86 電話受付時間 9:30~19:00(歯科直通:東京 03-3583-9244/大阪 06-6372-5518)
文字サイズ
小 中 大